1:

雪白した射影

趣味についてあれこれ書き連ねる備忘録

動植物

雑種アラビカムはオベスムの夢を見るか?

2ilv1c
アデニウム・オベスムワイルド(自称)こいつはそういう名称で入手したんです。ワイルド由来だとかなんとか。本当かどうか知らないけど。


PXL_20231015_032632258
で、咲いたんです。めちゃアブラムシ付いてますけど……。白花だったんですよね。ワイルド由来なのに白花なのは珍しいなと思って抜いてみました。

PXL_20231015_042149448
2リットルペットボトルサイズまで丸々太った塊根。でも丸くはない。オベスムって地中性で塊根が丸くなるはずなんですよ。多少鹿沼土混ぜたりしましたがそんな硬い用土で植え付けたわけではないのでここまで分岐するのはおかしい……。

ということで私はコイツをオベスムワイルドではないと結論づけました。残念ですが。まあ播種から3年間長く楽しめたので充分でしょう。

F8HuThmaYAA_e0Y


これは比較用に今年ホームセンターで買った比較用の雑種オベスム。こっちは明らかにアラビカムっぽい特徴出てますが。まあこれも雑種でしょうねえ。


というわけでオベスムの栽培はおしまいです。こちらも整理を兼ねてヤフオクに出品いたしました。終了日は10/20です。よろしければお買い求めください。ヤフオクはここからです。よろしくお願いします。

【終了】2023秋ヤフオク出品のお知らせ



i-img1200x901-16967354756ur0b2924149 (1)

 出品しました。今回は塊根植物の3点セットになります。個別に出品するのめんどくさかったからセット

1円スタートなのでそれなりにお買い得だと思います。今回は鉢ごとではなく抜き苗なのでご注意ください。ちゃんと夏場直射日光に当てて鍛えたので抜き苗発送でも冬越せるはずです。

オークションはここからです。よろしくお願いします。

2023/10/13追記

終了です。無事ご落札いただきました。入札していただいた方々ありがとうございました。

ギラウミニアナ2回目の分岐

前回、前々回モゾモゾしてると書いたところが分岐しました。ギラウミニアナの分岐はこれで2回目となります。動き出しは遅かったですけど枝ができ始めてからはわたしが水を多めにしたからか早かったです。今回枝ができたところが1箇所。あと将来分岐しそうでモゾモゾしてる成長点がもう2つあります。

-j72e6a
分岐点は中央左と中央右にあります。わかるかな?

やっぱ1回目の時みたいに綺麗に分岐しないんだなーと。こうやって少しずつ歪にゴツゴツと分岐していくんですね。私的には綺麗に分岐してほしいですけど、まま途中からいびつに分岐するのも植物ならではの味かなと。


最近ギラウミニアナを観察していて確信したんですがこの種はかなり水と日光が大好きですね。水やると本当によく反応します。パキポ以上に水好きなんじゃないかな。毎日じゃぶじゃぶ水や肥料やっても全然徒長しませんし。むしろトゲが伸び伸びしてます。あと葉がワックス状になっていて水を弾きます。もう本当にツルンツルンって。この葉なら他のユーフォより乾燥に強いかもしれません。

以上の観察から相当雨季と乾季の差が激しい地域に生えてるのでは?と推測してます。マダガスカルも場所によってはかなり雨降るらしいですしね。
PXL_20231001_013216527

分岐の条件ですが枝の充実というより光の強さを重視してるように見受けられます。ヤフオクとか見てるとLED育ちのヒョロヒョロ株でもものすごく分岐してる株を見るので。光照度の問題なのかなあと。それに加えて枝や根の充実具合でしょうか…?3年育ててもいかんせんよくわからず。

ちなみに私のベランダの日照時間は現在朝の7時から夕方4時まで。大体9時間近く直射日光当たってます。年間だと平均7.5~8時間ぐらいだと思います。今が一番日照が長いですね。

とにかく夏場の水と日光が大好きなことは確かです。現地球の場合は知りませんけど。ギラウミニアナは成長速度もかなり早いですのでぜひ実生から育てていただきたい植物です。おそらく実生のパキポをきれいに育てられる人ならこの種もきれいに育てることが可能なはずです。成長速度もパキポに比肩するレベルかそれ以上でしょう。上手い人がやれば実生からでも10年経たずに現地球より立派な株ができそうです。ぜひ現地球ではなく実生株を入手して育ててみてください。

最近追加した植物あれこれ

PXL_20230916_044149365
Agave victoriae-reginae "kodama"


なんか高い笹の雪。わたし門外漢なので知らないんですがなんか一番綺麗らしいです。やすかったので入れておいたらなんか落札できちゃった。

PXL_20230916_044152146
Euphorbia pachypodioides

あまり人気がない気がします。でもギラウミニアナみたいに大量に現地球輸入されても嫌なのでこのままでいてほしいですね。

PXL_20230916_020116320

件の方。最近はよく水をやってるのでだいぶ膨らみました。

PXL_20230916_044155381

多肉ですが鉢がバラバラなのでそろそろ統一したいなあと考えてます。とりあえず適当に使えそうな鉢に突っ込んでますので。でも案外探すと良い鉢ってないんですよねえ。あっても一部サイズしか取り扱ってなかったり。わたしの理想は安っぽくなくてしっかり厚みのあって浅鉢も深鉢もある黒のプラ鉢なんですがそういうのってないんですよ。なのでいつもポリポットとか間に合わせの鉢使ってる。中途半端に揃えるぐらいならポリポットでいいかなあって…。でもダサいんだよなあ。ポリポット。かといって中途半端に揃えたくないし。まいった。

PXL_20230916_044338683
Agave oteroi


これも安かったので追加してみました。一時期よりは落ち着いたみたいですけどやっぱ高いですね。

PXL_20230916_044246116
Dioscorea elephantipes

これもやっぱり安かったから追加してみたやつ。よく伸びます。


PXL_20230916_044213887
Rose "green land"

うちのブログ見てる人はあんまり興味なさそうなミニバラ。白のカップ咲き。微香らしい。もう少し場所があればバラ追加したいのですけどもね。

園芸店やヤフオクを見回ってこれはという植物だけ買ってます。園芸も楽しいけどやっぱり程々がいいかなと思って。また次引っ越しするときも大変ですし。それに冬に室内に入れるのもめんどうなので。なるべく一年中外置きできる植物を買ってます。手間暇考えると今後は丈夫な山野草が増えそうです。

塊根植物の現地球について

はじめに断っておきます。愚痴です。

最近X(旧Twitter)で植物好きの方にフォローされることが多いです。

ダウンロード
これね

で、プロフィール覗いて見るんですよ。そうすると大体グラキリスの現地球かパキプスの現地球が鎮座してる。本当に最悪。申し訳ないんですけど片っ端からブロックしてます。

最近特に酷いなあと思うのが初心者と思われるアカウントが片っ端から現地球買ってるところ。コロナ前は塊根ブームも落ち着いてて現地球から実生株へシフトした感じがあったんですがコロナ以後、特に現地球ブームが再熱してるなあという気がします…。特にギラウミニアナ。前はこんなゴロゴロ現地球が入ってこなかったと思うんですが最近ヤフオクでめちゃくちゃ見る。最悪。引っ越してから2年ほどゴタゴタしてたからこの間は知らないんですがまー2年前より酷いですね……。
HORIZON_0001_BURST20230910084835975_COVER
映ってる多肉はぜーんぶ実生

初心者の方々が現地球を3年以上維持できる確率は50%もないと思います。やめましょう。わたし個人としては現地球栽培を全て否定するつもりはないです。このブログを見てもらえばわかりますが私もステファニアの現地球と思われる株所持してましたし、私自身現地球好きです。(ステファニアの実生とかきいたことないからたぶん現地球)今は一切持ってないですけどね。それに大半の植物は現地球を輸入して種を採るところから始まるでしょうし。

ダウンロード (1)
Major threats are habitat degradation, fire, collection for the horticultural rade.
The continuing decline qualifies it for Critically Endangered.

パキポディオイデス減少の主な原因は生息環境の悪貨、火事、園芸目的の採集
絶滅危惧2類
(絶滅の危機に瀕してます)
引用元 https://www.llifle.com/Encyclopedia/SUCCULENTS/Family/Euphorbiaceae/25960/Euphorbia_pachypodioides

ただ百歩譲って成長が遅いパキプスみたいな灌木系の現地球買うならわかりますが、栽培メソッドが確立されてるパキポの現地球がゴロゴロ輸入されてるのは意味がわからないし、それを買う初心者もわからない。買う前になぜ現地球がタブー視されてるのか下調べぐらいしたほうがいいと思います。

あと流行りのLED栽培、これも水草やサンゴ、それに類する熱帯植物でやるならともかく砂漠の植物に適用するのは正直まだわからないところが多すぎて勧められないですね。やるとしてももっと実生株で実験してデータを取ってからのほうがいいんじゃないでしょうか。

現状のパキポの栽培メソッドもなぜだかわからないが、外だと形良く育つということがわかってるだけでどの要素が作用してるのかわかっていないのです。

ダウンロード (2)
記憶に新しいサボテン盗難事件。当時はかなり炎上してました
引用元 https://www.gizmodo.jp/2021/07/cactus-overhunting-spreads-on-social-networking.html


話ズレましたが、要は最初は現地球買うな、実生株やれ。と私は言いたい。


こういうこと書くと新規が参入してこなくなるなんて言われそうですけどたぶん新規が参入してこないほうが自然だけ見たら平和です。そうなったら商業的には利益でないでしょうけど。まあそもそも現状の薄利多売のビジネスモデルでは成長が遅い植物を営利目的で栽培することに無理があると思われます。実際温室育ちの株とか外に出すとすぐ形崩れるしね。

わたしが現地球買わないのは植物は野生のままが一番美しいと思ってるから。だから実生株だけ。そもそも本当に現地球が認可を得て輸出入されてるかわからないですしね。実際明らかに盗掘じゃね?って個体がヤフオクにたまに流れてたりします。

幸いそういった個体を育ててる方はまだ見たことないんですけど、探せばいるんだろうなあと。こういったことを考えただけでイライラします。ともかく現地球というのは色々な意味でリスクが大きいのです。全く持って初心者向きじゃない。まずは実生株で腕を磨いてからでも遅くはないはず。

本当に再三になりますが、ろくに育て方わからんなら現地球は買うな。以上。



この記事読んで実生を始めようかと思った方向け

夏の終わり

HORIZON_0001_BURST20230829175651817_COVER
Pecteilis radiata 

サギソウです。カインズで300円。手前の日当たり準一等地スペースが開いてるので湿生植物もいけるかなと。来季用に見切り品買ってきました。ちなみに前育てていた個体群は私がメンタルやられてるときに消えました…。

ラン科だと一番好きです。ちなみに2番目はナゴラン。砂利植えが好きなんですけど店舗に売ってるやつって大体ミズゴケ植えなんですよね。これはミズゴケと砂利のミックスっぽいですけど。生水苔ならともかくミズゴケミックスは通水性のコントロールがやりにくいので嫌いです。サギソウは砂利植えがベスト。
DSC_0666
Euphorbia gullaumniana


ついでなのでこの前紹介しなかったギラウミニアナ。ちょっと水多めにしたらモサモサになってしまいました。たぶん水多いと思います。

ギラウミニアナは基本的にはパキポと同じ育て方で育ててほしい植物。逆に言うと実生のパキポが育たたない環境であればギラウミニアナを形よく維持するのは難しいのではないかと。

昨今はヤフオクで現地球いっぱい流れてますがアレを見るたびに得も言われぬ気持ちになります。現地の画像検索するとわかりますが遮蔽物が全くない場所でポツポツと生えてるような植物です。半日陰じゃ絶対無理。LEDは試したことないのでわかりませんけどあれもそれなりに照射しないと厳しそうですね。

ちなみに我が家は夏至でも6時間は当たるのでなんとか維持できてるって感じです。今の時期は7、8時間ぐらいでしょうか。それでもベランダじゃ光線の角度が厳しいので毎日仕事から帰ってきたら鉢をクルクル回したり水絞ったり。徒長しないようにアレコレ手をかけてます。

DSC_0667

先日見たところ節目がモゾモゾしてたので来年か再来年辺りに2度目の分岐しそうです。枝もできてきましたしね。とはいえこの環境で調子乗って水やると徒長しかねないので……もしかすると次の分岐は3年後ぐらいかも。ギラウミニアナ自身はやる気あるみたいなので私のさじ加減次第かな。今後は硬作りするつもりなのできっと3年後です。3年後とかわたしアラサー……

DSC_0669
DSC_0671
Euphorbia ambovombensis

根本から枝生えてきました。育てて楽しくないので近いうち手放すかも……。でも手放すほど手がかかってるわけでもないし邪魔なわけでもない。なんやかんやズルズル置いておく気もします。

塊根性ユーフォの例に漏れず塊根は埋めたほうが調子いいし成長も早いです


ちなみにですが調べたところ

Habitat: Its natural habitats is the Alluaudia-Didierea forest around the small town of Ambovombe, on rich soil in deep shade under shrubs. 

rich soil(肥沃な土)とのことなので腐葉土ガバガバ入れたほうがいいのかもしれません。今年まあまあ液肥やってますが液肥やってからかなり調子良いです。もし来年までキープしてたら腐葉土多めに入れます。

参考ページ

https://www.llifle.com/Encyclopedia/SUCCULENTS/Family/Euphorbiaceae/25988/Euphorbia_ambovombensis


追記 8/31

DSC_0672

1つだけ分岐してました。3年後じゃなくて3日後の間違いでしたね。まだ節目がモゾモゾしてるから動きそうですけどもうすぐ秋なので微妙かも。先に休眠しちゃいそうです。

開花

F4bOxbkbcAAePAH
Monsonia vanderietiae

ふとベランダに出てみたら花盛りでした。かわいいですね。ミニラン鉢に入ってた実生1年生買ったと記憶してますが咲くまでに3年かかりました。長かったな~~~。どうも伸びた新枝にしか花を付けないらしいです。持続的に咲かせたいなら肥料を与えてバラみたいに剪定するのが良いのだろうかと思ったり。


最近は休日出勤も終わり定時で帰れて休日にのんびり園芸できてます。幸せってこういうことかとなんだろうなあと久々に思いました。投資もたまに損失被ってますがまあそれなりにインカム増えてきて一安心ってところです。本当に数年ぶりに穏やかな日です。毎日これぐらいならいいんですけどね。

雑記

HORIZON_0001_BURST20230812101928784_COVER
サウンデルシー6/26 ビスピノーサム8/6にそれぞれヤフオクにて入手

2年前に処分したパキポですがまた少しずつ増やし始めました。

理由としては

・南向きベランダでもゆっくりではあるが形良く塊根植物を育てられることがわかったこと
・引っ越し当初0だった資産が100万を超えるほど増え精神的な余裕ができた

といった2点が大きいです。特に後者はわたしの精神的な余裕の底上げに寄与してくれました。元々極貧生活を送っていたので生活水準が低く、普通に暮らしても10万近く貯金できるため毎月余剰資金をインデックスファンドや高配当に入れています。上下の変動があるとはいえ勝手に増えていくので気持ち的にはかなり助けられています。

DSC_0644

サウンデルシーは葉がウネるのが特徴。夏終盤でもないのにウネってない場合は日照が足りてません

DSC_0643

死にかけだったグラキリスもなんやかんや水吸って大きくなりました。順調に太ってます。若干徒長してる感は否めないもののこのペースなら来年か再来年には開花して綺麗に太りそうです。形崩れの心配はもういらないでしょう。

DSC_0645

F3FXeeKaEAAcIk1

見るたびに大根を思い出すのでパキポのことマダガスカル大根とかアフリカ大根って呼んでます

HORIZON_0002_BURST20230812101946724

左のアデニウムは今年の冬(2月頃?)にホームセンターで100円で買ったものだったと思います。試しに液肥ガバガバ与えて実験してたのですが随分大きくなりました。少なくとも横幅が2倍以上になってます。これだけ成長するなら剪定して作り込む植物に関してはもっと液肥やってもいいじゃないかなと。もちろん形崩れても嫌なので難しいところではあるのですが。

DSC_0649

DSC_0648

よく見るアラビカムベースの雑種っぽいですね

DSC_0640

これはオベスムワイルド。上のアデニウムと比べるとぜんぜん違う。上は地上が太るけどこっちは地下しか太りません。やっぱり本物のオベスムっぽい。

HORIZON_0001_BURST20230812101950806_COVER

モンソニア(サルコカウロン)やエブレネウム

F3S2a9XaQAAArLY

今年初めて花が咲きました。枝もグイグイ伸びてます。

DSC_0647
気がついたら一番付き合いが長いパキポになってしまったエブレネウムです。そろそろ種から4年目でしょうか。雑な扱いにも耐えてくれてます。



ところで当ブログは来年11月で10周年となります。ダラダラ書いてるブログですが毎日人が来て栽培記事がよく読まれているみたいです。そこで今までここはから引っ越して植物の栽培やサンゴの飼育方法などをまとめたサイトに引っ越そうかと思っています。ブログだと栽培の解説とか書きにくいので。

サイトで栽培記事まとめてブログはサイトの日記コンテンツとして扱おうかなと。そうすればわたしも自由に書けますし見たい人は栽培記事だけ見れます。より興味があるならブログで日々の出来事を追ってもらえればと。

最近思いついて少しずつコーディングしてるところなのでまだまだ先だとは思いますが。一応来年を目処に移行するつもりです。移行時にはまたこちらのブログでお知らせします。

アデニウム・パキポディウムの1年間の育て方

本記事は私なりのパキポやアデニウムの管理方法をまとめたものになります。一応パキポ育てて5年経ったということで自分なりのまとめを踏まえて育成方法をまとめることにいたしました。当ブログを読んでくださっている皆様の栽培の一助になれば幸いです。

PXL_20220524_095940174


衆目を引くためにあえてアデニウムとパキポディウムと銘打ちましたが塊根ユーフォルビア(ギラウミニアナ、パキポディオイデスなど)や低地アガベ(チタノタ、笹の雪など)にも通ずる栽培方法です。あくまで参考とし個々の状況に合わせて水やりや土の配合などの工夫をお願いします。

またこれはあくまで「日本国内で実生されたアデニウム、パキポディウム」へ向けての最大公約数的な育成方法を記載したものであり、いわゆる現地球や冬型のナマクアナム、高山性が強いブレビカウレに当てはめるには少々難しいと思います。ご自身の環境や栽培する植物に合わせてのアレンジをお願いします。

置き場所】

年数を問わず屋外の遮蔽物がない南向きが理想。光線は最低でも半日以上当てること。屋外で光線を当てられないなら栽培は避けたほうが無難。できることなら季節を問わず雨に当てるのが望ましい。塊茎(幹の部分)にも日照が当たるとなお良い。

【水やり】

実生1年未満の場合

皮膚が木化してない場合は水切れに弱いため春夏秋を通して基本的には腰水で管理する。おおよそ皮膚が木質化してきた頃を目安に少しずつ水を切り始め、秋の終わり頃に水を切る。冬場は8度以上を保ち断水。皮膚にシワが寄ってきたら水をやる


実生3年未満

芽出し時は表土が乾いて1日置いてから与える。気温が上がってくるにつれて灌水回数を増やす。夏場、特に真夏は表土が乾いた時点で与えて良い。この間に水を与えすぎると分頭の原因や棘の隙間がだらしくなく開く原因になるため締まった株が好みの場合は灌水回数を減らすのが無難


実生3年以後

開花してから分頭するタイプ(デンシフローラム、グラキリス、ブレビカウレなど)は順調に育っていれば3年目~4年目で開花することが多い。開花以後はある程度株も成長しているため株の大きさを見ながら少しずつ灌水回数を減らしていく。パキポの草体を触りほんの少し柔らかくなってる、あるいはしぼんでいる状態で水を与える。特に3年以後はある程度株が成長しているため多水多肥では徒長の要因となる。真夏においては蒸散が非常に早いため水やりに特に留意する。


【実生年数によらない普遍的な注意点】



・真冬は完全に断水すると細根が枯死し春からの立ち上がりが悪くなる傾向がある。シワが寄ってきたら表土をほんの少しだけ濡らして膨らむか様子を見る。水をドバドバ与えると根腐れの要因となるため少量が無難

・真夏は蒸散が非常に早い。3年目以内は水を切らさないのが無難。

・剪定する場合は真冬1月~2月辺りの休眠期に。成長期に切るとその分成長が遅れるし気温が高いので腐りやすい。


【土の配合】


これはパキポディウム、アデニウムに限らず、すべての植物に言えることだが適切な環境かつ水やりが適切であればどんな用度でも育つ。なぜその土を使うのか特性を考えて使うこと。

私がよく使う配合

実生初年度 赤玉土7:腐葉土2:鹿沼土1
実生3年まで 赤玉土5:腐葉土2:鹿沼土3
実生3年以後 赤玉土4:腐葉土1:鹿沼土5


【土の特性】


赤玉土 

保水性、保肥性バランスが良い。全ての植物の基本となる用土。これ単用でも構わない。


腐葉土

保水性、保肥性に優れた用土。他の用土に比べて微量元素がある程度含まれている。このため腐葉土を少量混ぜると赤玉土単用に比べて根張りが格段に良くなる。そのため私はどの大きさでも常にある程度腐葉土を混ぜている。他の用土に比べて保水性、保肥性に優れるため大量に混ぜると水が滞留し形が崩れる要因となる。割合に注意すること。


鹿沼土

赤玉土と比べ保水性、保肥性に乏しい。性質としては軽石に近い。ふるいにかけ大粒のものを軽いし代わりにしている。また細かいものは赤玉土と混ぜ保水性を調整するために使用している。水の管理ができるならば使わなくても可。


まず赤玉土を基本とし、自分の環境を踏まえて腐葉土と鹿沼土を足すこと。例えば雨が多い地域であれば赤玉土が多いと水分過多となり形が崩れる要因となりえる。この場合は鹿沼土の割合を増やすことで解決できる。


植え替え

基本的には毎年桜が芽吹く2週間~1ヶ月ほど前に植え替える。国内実生株の場合は根が張るため多少大きめの鉢入れても問題はない。締めて作りたい場合は少し小さめの鉢に入れると根の関係上ある程度成長を抑制でできる。


オベスムやビスピノーサムなどの地中に塊根を作るタイプのアデニウムやパキポは長鉢に入れるときれいな直根を作れる。中に大きめの軽石や鹿沼土等を混ぜると根が曲がって育つ要因となるため留意すること。


【肥料】

NPK比率が同一の液体肥料を使用。主に春の芽出し後、真夏の成長期、秋の成長期終盤に規定量より薄めて使用。時期は決めているが回数は決めておらず植物の様子を見ながらブーストとして使用している。なお置肥について腐葉土を混ぜているため使用しない。仮に置肥するならマグァンプKをごく少量混ぜることを推奨する。


ギラウミニアナの定点観測

HORIZON_0001_BURST20230619181558722_COVER
ギラウミニアナです。記録を見たところ19年実生なので今年で4歳のようです。
わたしがまっっっったくやる気ないので当ブログほとんど更新しないんですが未だにギラウミニアナの育て方がちょくちょく見られてるようなので。なにかの参考になればと最近のギラウミニアナ記録です。

詳しい育て方が気になる方はフォローした後にTwitterで直接お尋ねください。FF外の通知は切ってるのでフォローしないとリプやDM届きませんのであしからず。

DSC_0601
DSC_0602

完全に分岐して枝ができてきたかなといった感じです。幹も少しずつ太ってきてガッシリしてきました。ちなみに去年はみずいっっっっっさいやってません。精神的にキツかったので。夏場も雨水だけで、冬場は余裕ある時にほんの少しだけ水やりました。でも枯れない。丈夫。横殴りじゃないと雨かからないんですが塊根はそれでも育つようですね。

雨ざらしにしてたときと比べて棘が密集しておりギッチリ育ってます。ちなみにこれはギラウミニアナだけではなくパキポやアデニウムも同じような特徴が見られます。丈を詰めたいなら軒下で水やらずに放置というのも1つの手ではないかと思います。

FWK9LHdaAAAyWqh
写真一切撮ってなかったのでこれだけ。真ん中後ろ

さすがに雨ざらしと比べたら成長速度は遅いですがそれでも写真で見比べると大きくなってますね。1cmぐらいかな。


去年に比べたらまだ余裕はあるんですが忙しいので今年もこんな感じで基本は水やらない方針でいくつもりです。徒長が怖いので引っ越すまではこんな感じで硬作りしていきます。
プロフィール

暇魚

アクアリスト/園芸家
ギターを嗜むサメ

ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索