1:

雪白した射影

趣味についてあれこれ書き連ねる備忘録

雑種アラビカムはオベスムの夢を見るか?

2ilv1c
アデニウム・オベスムワイルド(自称)こいつはそういう名称で入手したんです。ワイルド由来だとかなんとか。本当かどうか知らないけど。


PXL_20231015_032632258
で、咲いたんです。めちゃアブラムシ付いてますけど……。白花だったんですよね。ワイルド由来なのに白花なのは珍しいなと思って抜いてみました。

PXL_20231015_042149448
2リットルペットボトルサイズまで丸々太った塊根。でも丸くはない。オベスムって地中性で塊根が丸くなるはずなんですよ。多少鹿沼土混ぜたりしましたがそんな硬い用土で植え付けたわけではないのでここまで分岐するのはおかしい……。

ということで私はコイツをオベスムワイルドではないと結論づけました。残念ですが。まあ播種から3年間長く楽しめたので充分でしょう。

F8HuThmaYAA_e0Y


これは比較用に今年ホームセンターで買った比較用の雑種オベスム。こっちは明らかにアラビカムっぽい特徴出てますが。まあこれも雑種でしょうねえ。


というわけでオベスムの栽培はおしまいです。こちらも整理を兼ねてヤフオクに出品いたしました。終了日は10/20です。よろしければお買い求めください。ヤフオクはここからです。よろしくお願いします。

26歳

26です。はれて20代後半となりました。クソですね。
月日が経つのもあっという間でして。引っ越してきて丸2年経ったことになります。

20代前半の印象に残ってた出来事をざっと振り返ってみました。

20歳

誕生日の2ヶ月後にガンで母親が死にまして、私はフリーターしなつつ毎日陰鬱な気分でゴロゴロ過ごしていたような気がします。20代の幕開けは最悪でしたね。今まで生きてた中で一番ひどかった時期じゃないだろうか。ちなみに亡くなった日の1ヶ月後が成人式でまたこれが最悪でした。

21歳

フラフラとモラトリアム期間を過ごす。本格的に塊根の実生を始めたのはこの頃。今育ててるデカいエブルネウムはこの頃もらったもの

22歳

就活始めましたが大学中退してるの一点でどこも取ってもらえませんでした。交通費返してくれ。
(好きでやめたわけじゃないのにね)

対応が悪かった会社はグーグルレビューで☆1付けてうっぷんを晴らしていました。

23歳

かなり精神的に追い込まれたがなんとか就職。引っ越してクソみたいな実家から出奔。色々な意味で精神的にだいぶ楽になった歳です。

24歳

なんとか就職できたんですが会社で散々パワハラされた挙げ句にクビになる。
不当解雇だったので栽培所に訴えちゃおうかな~と社長を脅して給料三ヶ月分と1ヶ月分の自宅待機を勝ち取る。

3ヶ月ほど無職に。その間はメンタルがかなり落ち込んでしまい何も考えずにずっとスプラ3してた。

気がついたら50万ほど貯まっていたのでこれを元手に投資を開始、ビットコインで損したり日本株で損したり。よくわからないインデックスファンドに投資したり(オルカンの日本抜いたやつ)たぶん1万ぐらい損したのかなあと思います。

25歳

転職した会社で体調を崩し子会社に出向という形で左遷。でもゆるい職場だし前の会社でよくも悪くも鍛えられてたのでそこまで辛くもなく。休日も増えて給料も額面4万ほどアップ。前の会社がやばすぎただけ

園芸とマリンアクアも再開できる程度にメンタルが戻る。

真面目に投資の勉強するように。日本株に見切りをつけて米国株投資にシフト。
頑張ればFIREできそうなことに気が付き経済学と政治学と英語を学ぶ。最近は投資にどっぷり使って四六時中ニュースを見ている。



こうしてみるとろくでもない人生ですね。到底順風満帆とはいえない…。振り返ってみると20の頃がどん底でした。そこから上下に動きつつ一応右肩上がり。26の目標としてはなにか高難度の資格欲しいなあ~と思ってます。手に職ついて今より給料上がるやつね。早くFIREして庭付き一戸建て買って大きな庭と大きな水槽があるところに住みたいので。

メンタル壊さない程度に頑張ります。

【終了】2023秋ヤフオク出品のお知らせ



i-img1200x901-16967354756ur0b2924149 (1)

 出品しました。今回は塊根植物の3点セットになります。個別に出品するのめんどくさかったからセット

1円スタートなのでそれなりにお買い得だと思います。今回は鉢ごとではなく抜き苗なのでご注意ください。ちゃんと夏場直射日光に当てて鍛えたので抜き苗発送でも冬越せるはずです。

オークションはここからです。よろしくお願いします。

2023/10/13追記

終了です。無事ご落札いただきました。入札していただいた方々ありがとうございました。

ギラウミニアナ2回目の分岐

前回、前々回モゾモゾしてると書いたところが分岐しました。ギラウミニアナの分岐はこれで2回目となります。動き出しは遅かったですけど枝ができ始めてからはわたしが水を多めにしたからか早かったです。今回枝ができたところが1箇所。あと将来分岐しそうでモゾモゾしてる成長点がもう2つあります。

-j72e6a
分岐点は中央左と中央右にあります。わかるかな?

やっぱ1回目の時みたいに綺麗に分岐しないんだなーと。こうやって少しずつ歪にゴツゴツと分岐していくんですね。私的には綺麗に分岐してほしいですけど、まま途中からいびつに分岐するのも植物ならではの味かなと。


最近ギラウミニアナを観察していて確信したんですがこの種はかなり水と日光が大好きですね。水やると本当によく反応します。パキポ以上に水好きなんじゃないかな。毎日じゃぶじゃぶ水や肥料やっても全然徒長しませんし。むしろトゲが伸び伸びしてます。あと葉がワックス状になっていて水を弾きます。もう本当にツルンツルンって。この葉なら他のユーフォより乾燥に強いかもしれません。

以上の観察から相当雨季と乾季の差が激しい地域に生えてるのでは?と推測してます。マダガスカルも場所によってはかなり雨降るらしいですしね。
PXL_20231001_013216527

分岐の条件ですが枝の充実というより光の強さを重視してるように見受けられます。ヤフオクとか見てるとLED育ちのヒョロヒョロ株でもものすごく分岐してる株を見るので。光照度の問題なのかなあと。それに加えて枝や根の充実具合でしょうか…?3年育ててもいかんせんよくわからず。

ちなみに私のベランダの日照時間は現在朝の7時から夕方4時まで。大体9時間近く直射日光当たってます。年間だと平均7.5~8時間ぐらいだと思います。今が一番日照が長いですね。

とにかく夏場の水と日光が大好きなことは確かです。現地球の場合は知りませんけど。ギラウミニアナは成長速度もかなり早いですのでぜひ実生から育てていただきたい植物です。おそらく実生のパキポをきれいに育てられる人ならこの種もきれいに育てることが可能なはずです。成長速度もパキポに比肩するレベルかそれ以上でしょう。上手い人がやれば実生からでも10年経たずに現地球より立派な株ができそうです。ぜひ現地球ではなく実生株を入手して育ててみてください。

最近追加した植物あれこれ

PXL_20230916_044149365
Agave victoriae-reginae "kodama"


なんか高い笹の雪。わたし門外漢なので知らないんですがなんか一番綺麗らしいです。やすかったので入れておいたらなんか落札できちゃった。

PXL_20230916_044152146
Euphorbia pachypodioides

あまり人気がない気がします。でもギラウミニアナみたいに大量に現地球輸入されても嫌なのでこのままでいてほしいですね。

PXL_20230916_020116320

件の方。最近はよく水をやってるのでだいぶ膨らみました。

PXL_20230916_044155381

多肉ですが鉢がバラバラなのでそろそろ統一したいなあと考えてます。とりあえず適当に使えそうな鉢に突っ込んでますので。でも案外探すと良い鉢ってないんですよねえ。あっても一部サイズしか取り扱ってなかったり。わたしの理想は安っぽくなくてしっかり厚みのあって浅鉢も深鉢もある黒のプラ鉢なんですがそういうのってないんですよ。なのでいつもポリポットとか間に合わせの鉢使ってる。中途半端に揃えるぐらいならポリポットでいいかなあって…。でもダサいんだよなあ。ポリポット。かといって中途半端に揃えたくないし。まいった。

PXL_20230916_044338683
Agave oteroi


これも安かったので追加してみました。一時期よりは落ち着いたみたいですけどやっぱ高いですね。

PXL_20230916_044246116
Dioscorea elephantipes

これもやっぱり安かったから追加してみたやつ。よく伸びます。


PXL_20230916_044213887
Rose "green land"

うちのブログ見てる人はあんまり興味なさそうなミニバラ。白のカップ咲き。微香らしい。もう少し場所があればバラ追加したいのですけどもね。

園芸店やヤフオクを見回ってこれはという植物だけ買ってます。園芸も楽しいけどやっぱり程々がいいかなと思って。また次引っ越しするときも大変ですし。それに冬に室内に入れるのもめんどうなので。なるべく一年中外置きできる植物を買ってます。手間暇考えると今後は丈夫な山野草が増えそうです。
プロフィール

暇魚

アクアリスト/園芸家
ギターを嗜むサメ

ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索