1:

雪白した射影

生物ネタ中心の雑記ブログ

プラケティリウム

ビカクシダはどの種が最大なのか

platycerium bifurcatum
photo by manuel m. v. 

ビカクが好きです。個性的な造形。樹上で一生を終える変わった生活環。
原種、交配種、実生選抜などなど様々なバリエーション
デカいやつも好きです。やはり大きいと迫力が違います。そしてかっこいい。

つまりデカいビカクシダが欲しいのです。
DSCF4708
ビフルカツムとウィリンキー。9月撮影

私の観測範囲ではグランデが最大という主張を時々見かけます。
アジア系大型種の中でも比較的見かけるのもグランデかなと。
(グランデ、スパーバム、ホルタミー、ワンダエ、コロナリウムの5つ)

でもビカクのWikipediaにはこう書いてある。
最大の種(オオビカクシダモドキ)では4mに達することもある

オオビカクシダモドキとはコロナリウムのことですから
コロナが最大種という含意として読み取っても構わないでしょう。
しかしこちらのサイトではワンダエが最大種と書いてある。一体どれが真実なのか…。

コロナは胞子葉の長さだけで見たらビカク最大だと思います。相当伸びるみたいですから。
(2m~3m?環境にもよるみたいです。これも文献によってまた違う…)
2番はアンディヌムでしょうかね。
ウィリンキーをさらに引き伸ばしたようなビカクですけど胞子葉がよく伸びます…( ˘ω˘ )
少しずつ大きくなってきましたよ。

でもぼくが知りたいのは縦と横にデカいものなんです。
ということで縦長のコロナとアンディヌムは除外。

つまりグランデとワンダエになるわけですがどっちが大きくなるんでしょうかね?

日本語だと情報に乏しいので翻訳駆使して
英語圏のサイト彷徨ってみたんですがやはりワンダエ優勢かなと。

両者ともに最大級みたいですがワンダエのほうが
グランデに比べてほんの少し大きくなるみたいです。

とはいえ環境の要因が大きいみたいなのでなんともですね。
やはり手元において栽培しないと…。

結論としてそれぞれ理想的な環境で育てた場合
ワンダエ>グランデ≧スパーバム>ホルタミーと言ったところじゃないかなと推測してます。

ということでおそらくワンダエが最大だろうと。
なのでゆるゆるとワンダエ探してみようかなと。できたらホルタミーも欲しいですね。
スパーバムは今うちにある子がグランデなのかスパーバムなのか
未だにハッキリしないので確定してから探すつもりです。

グランデ、ワンダエに比べたら小型ですがその分スッキリした見た目で気に入ってます。
サイズがちょうどいいよね(  ˘ω˘ )

まだまだ栽培環境もありますしね。大型種並べて検証して見たいなあ。
結果が出るのは数年後だと思いますが…。まあのんびり行きましょう。

ではでは
今回はここまで。ノシ

参考リンク 
Hobbyist's Guide to Identifying Platyceriums

英語ですが原種、交配種、実生選抜等々図説付きで解説されています。
特に巨大種4つの見分け方とてもわかりやすい。
栽培の情報はあちらとこちらで環境が全然違うのであまりあてになりませんが見分け方に関しては随一。オススメ。

着生塊根

つーことで今日は着生塊根ネタです。
ちなみに着生塊根って言葉はないと思います。ぼくが勝手にそう呼んでますw
なんか樹上にくっついてて根茎とか茎が肥大化するやつです。
そんなこんなでガバガバな分類です。

ではでは、ご紹介。
DSCF4849
まずはこれ。ミルメコディアベッカリー(myrmecodia beccarii)
着生塊根の代名詞と言っても間違いないでしょう。その手の方には有名な種ですね。
普及種(物好きな人なら大抵持ってるという意味で)ですしね。

コイツの面白いところは木に引っ付いた上で塊根がデカくなるとこですね。
しかもアリが住み着くとか言うから摩訶不思議。
DSCF4845
ちなみにコレはお馴染みエピグリーンシリーズの一品。グランデもこれでした。
ビカクとかミルメコとかブロメリアとかマイナーなモノを苔玉にする謎シリーズ。
安価なので助かっています!業者の人ありがとう!

ちなみにコレは直接買ったのではなくてフォロワーさんに確保していただきました。
こんなもん好きな人が見つけたらすぐ持っていっちゃうからね助かりました。
ありがとうございます!
DSCF4847
本当はくっついていたんだけど持って帰る途中にもげたから紐で縛りました。
ヘゴ付けにしたいんですけどねー、ヘゴがないからなー…( ˘ω˘ )

DSCF4850
こんな感じ。
DSCF4851
ちなみに隣にはビフルちゃんが吊るしてあります。ビフルちゃんも取れたので糸で補強。
DSCF4853
貯水葉も動いてるし、問題はなさそう。
DSCF4854
つぎはこれ。アガペテス(Agapetes serpens
着生ツツジの仲間です。結構マイナーな感じ。アガペテスの他にもマクレアニアなんかがあります。
樹上について塊根を形成するらしいですねー。ちなみに挿し木でも塊根ができるらしい。
地上の塊根は大体ができないのにね…。
ツツジなのでもちろんお花も咲きます。綺麗です。

この株もフォロワーさんにいただきました。ありがとうございます!
DSCF4855
DSCF4856
根鉢ガチガチです。壊さないほうが良さげと聞いたので
DSCF4857
崩さずにそのままスポッと。
DSCF4858
3株ぐらいありそう('ω' )
根鉢崩すの怖いし挿し木してバックアップ作ってから崩そうかなと検討中。
芋の成長は早いみたいで楽しみなところです。

2種とまだまだ少ないですが増やしていきたいです。
特にアリ植物の仲間とか気になってます。見た目も生態も面白いもんね。
ではでは。ノシ

苔玉グランデを板付にする

DSCF4563
成長点がちょっと大きくなりました。グランデです。


本日はですね、グランデを板付にします。
あれから苔玉に載せたままにしてたんですがまあ吹っ飛ぶこと。安定しません。
水やりだってままならないし下手したら
吹っ飛んだ時に成長点を傷つける恐れがあります:;(∩´﹏`∩);:
あと単純に鉢植えだと邪魔

諸々の事情を鑑みた結果、さっさと板付にすることにしました。やっぱビカクは板付だよね。
DSCF4561
板の上に置いて適当に見積もりまして…
DSCF4564
ぽいと水苔載せます。
ちなみにこの水苔と一部の写真はheath氏から頂きました。いつもありがとう!
CcTlfj_B
適当に水苔盛ります。もりもり
ZNgGEAdO
しばります。
GNezKdkZ
本当は斜めに縛りたかったけど斜めだと成長点にぶつかるので縦に固定。
3dstlm8k
完成です。いえーい。
DSCF4567
ビーチーの隣において終了。

ちなみに横に付いてるの胞子葉は伸びてますけど貯水葉が出てこない。
根っこもプラプラしてますしいちど根ごと切り取って水苔に埋め込み直したいところ。

もう夏も終わりですからやるならはやめにやらないとですねえ。めんどくさい。
ではでは本日はこの辺で。ノシ

ビカクシダ・グランデを手に入れた

DSCF4436
グランデです。
DSCF4428
グランデです(二回目)
BlogPaint
グラry。…おふざけはここまでにしましょう。

ということでビカクシダのグランデを買いました。学名だとPlatycerium grandeです。
しかしビカクのくせにカブトムシみたいな見た目です。
なんでも大きくならないと胞子葉がでないとか。なんとか。

フーム…胞子葉でないのにどうやって光合成するんだろう。
貯水葉だけでも光合成できるのかな?
まあ。実際に育つんだから出来るんでしょうね。たぶん。
DSCF4412
実はわたくしが買ったのではなく、いつもお世話になってるheath氏が
出先のホムセンでお安いグランデを見つけたとのことで買ってきてもらいました。
ありがとYO!ちなみに980円です。安い!

そういや5chのビカクスレでも980円でグランデが売られてたとかそんな書き込みありましたね(ボソッ
いま苔玉グランデが全国に出回ってるのかもしれません。

DSCF4414
なぜか苔玉仕様。ナンデ!?苔玉ナンデ!?
DSCF4413
確かに過酷な環境に順応してるけどさ。グランデってでかくなるじゃん?
もっと小さいビフル系使えばいいと思う。おかげで安く手に入ったのでいいけどさ…。
DSCF4415
根本です。こんな状態でよく生きてるな。ほんとビカクは丈夫です。
DSCF4416
苔玉です。これにはめて育てるみたい。
DSCF4417
DSCF4418
グランデは他のビカクたちと同じ場所に置く予定。
今は台風近いので取り込んでますけど…台風過ぎたらここに置く予定です。

今回グランデを手に入れたことによって
眠っていたビカク熱が再熱してきました。つぎも大型の品種が欲しいなあ。
今考えているのはホルタミー、スパーバム、ワンダエ、コロナリウム辺り。
アンディナムとエレファントティスでもいいですね。
リドレイも欲しいですがアレは大型に比べると小さめなので、どうするか悩んでます
なんにせよ今年中にもう少し増やしたいところ。また安く出てたらいいなあ。

それでは。今回はここまで。ノシ

鉢植えビーチーを板付けにする

DSCF1380
つーことで本日はこの鉢植えのビーチー(P. veitchii.)を板に付けます。
ちなみに垂れてる葉っぱは上からモノを落として筋を切ったやつです。
元気が無いわけではありません!
DSC_1503
ちなみにこれは少し前に撮ったものです。

というわけで早速
DSCF1381
DSCF1382
こちら某百円均一ショップで買ってきた板です。
1枚100円。高いんだか安いんだか相場がわかりません。
DSCF1385
で板を某百円均一で買ってきたタッカーで止めます。
ガチャガチャっとね。

適当に見積もりして
DSCF1388
適当に水苔もりもりしておしまい。
DSCF1387
DSCF1386
すごい根鉢でした。貼り付けに移行して正解。
DSCF1389
DSCF1390
貼り付けて終了。お疲れ様でした~

……と行きたいところなんですが後日談がありまして。
ちょいとばかし水苔つけすぎまして水のキレが悪くてですね
このままじゃ根腐れの恐れがあったので貼り付け直しました。


これにて終了。

最近買ったビカクシダを紹介する。

本日はビカクシダネタです。
DSC_1501
青空ってのは気持ちいいね!

ビカクシダとは

ビカクシダ属 Platycerium は、ウラボシ科シダ植物の1群である。葉には2つの型があり、1つは盾状に広がり、他方は細長く垂れ下がる。観賞用に栽培されることがある

(wikipedia ビカクシダより引用)

要するにウラボシ科のなんかお洒落なやつです!
ほら、なんか小洒落たインテリアショップによく置いてあるじゃないですか
無印とかほら…置いてそうじゃない?

余談ですがウラボシ科は着生シダが多く
シールドリーフでおなじみのドリナリアとか
巨大化するアグラオモルファとか
アクアで多用されるミクロソリウムとかがあります。

更に突っ込むとブセファランドラは
アヌビアスと同じサトイモ科です。
モンステラとかクッカバラの遠い親戚と言ったとこかな

閑話休題

元々ビカクは去年の秋から札落ち品を育ててたんですが
1ヶ月半以上留守にしている間に枯れちゃったんですね:;(∩´﹏`∩);:

で新しく買うついでに欲が湧いてきたので
ちょっと増やしてみました。
DSC_1505
まずはこれ。
えーと…ビフルカツムかアルシコルネか忘れました。
長ったらしい学名だったことと
2500円だったことは覚えてますw

どっちだっけ…。
IMG_20180129_012531_970
これは購入時の写真。
葉がシャキッとしてますね。
ちょっと今のアパートは西向きでおまけに寒いので…。
春になれば暖かくなると思うんですけど。
DSC_1503
platycerium veitchii.

これは素焼きで植えてます。
1月頃買いました。
1500円。
帰ってチャーム見たら750円でちょっとショックw
まあ現物見れて大きいのが来たと思えば安いと思ってます。

春になったら焼板につける予定( ˘ω˘ )
DSC_1502
platycerium willincky.

2000円(税抜)
上のやつと同じ店からやってきた。
大きくなるとファサーっと垂れ下がってかっこいいです。

以上3種類でした。
全体的にちょっと元気ないですけど春になれば復活するはず…(たぶん)


ビカクはいつか原種コンプリートが目標したいと思ってるんですが
さすがにいきなりは無理だろうと思いまして
10種類ほど選別してみました。

ビカク10種類

・エレファンティス
・スパーバム
・グランデ
・ワンダエ
・コロナリウム
・リドレイ
・ホルタミー

あとは上記3種類です。
とりあえず10種類目標に集めていこうかと思います。

今年中に8種類ぐらい集めてみたいですねー。

以上


ノシ
プロフィール

暇魚

自分をカエルだと思いこんでいる魚

@暇魚のツイート
@暇魚のインスタグラム
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索
最新コメント
こまちゃん推し
のんのんびより