1:

雪白した射影

好きなものについての備忘録

パキポディウム

2022パキポ

PXL_20220524_095940174
Pachypodium eburneum 
seeding 3 years old

どうも引っ越してから園芸モチベが落ちてます。もしかすると1年ぐらいこのままかもしれません。

PXL_20220523_135539356

植物は元気です。ただ日照時間が以前と比べて4時間ほど減っており生育も緩慢です。夏至に近づくに連れて日がさす時間帯も減っておりおそらくピーク時は6時間ほどになるでしょう。なので徒長しないように土が完全に乾いてから一日後に水をやっています。元々ゆっくり育つ植物ですし緩慢に育つこと自体は構わないんですが徒長しそうなのが本当に嫌です。徒長するようなら塊根はやめようかと思ってます。

PXL_20220523_135715052
PXL_20220523_135717365

バンデリなんとか。未だに名前覚えてない。日照が弱いと上に徒長するイメージだったんですがうちの個体は普通に育ってます。どちらかというと風が重要っぽいですね

PXL_20220523_135508379

エニグマチカムです。こちらも徒長せず。ゆっくりですが成長しています。

PXL_20220523_135558712

マカイエンセ。やはりゆっくり。一応表皮が割れてきました。



参考までに去年の今頃のデータです。

比較すると現時点ではそこまで差がついてないようです。おそらく今年の秋頃にはこの環境でどの程度遅れるかはっきりするでしょう。


実生もぼちぼちやってます。ただ発芽しないですね~……。どうも乾燥しやすいらしく種がすぐ乾いてダメになる。覆土すると今度はカビるし…。今までと同じやり方では駄目みたいです。あとウクライナの影響か知りませんが種子が高い。またグラキリス育てようかと思ったんですが種子すら買えやしない。困りました。そんなこんなで園芸モチベだだ下がり。なので今後しばらくは付かず離れずの精神でやっていこうかと思います。

実生マカイエンセの植え替え

FO0rM_aaQAEYd26

PXL_20220327_040544063.MP


チビマカイエンセ。全部去年実生した個体。今までならもっと育ってるんですがね。環境変わってろくに世話できなかったこともありあまり育たず……。最もグラキリスを20実生した時も同じ環境で結構差が出てましたから個体差の範疇かもしれません。

FO0rV8WaIAQgv_V

将来有望な子。この子は一軍として丁寧に扱う予定。


PXL_20220327_040741311

PXL_20220327_040738865

今回から実生個体は2体残すことにしました。1体だと例のグラキリスみたいに悲劇が起こったときのリスクヘッジができないのと花粉親としてほしいからです。2体いれば毎年種子とれそうですし。種子取れればそれを収入源として新しい植物の種子を買うことができます。今年からきちんと利益を追求するということもテーマとしてやっていきたいと思っています。

FOw_dSvaAAITSA5

タイトルからは逸れますがウィンゾリーも植え替えました。グラキリスなどと比べると成長が非常に遅いですね。もしかするとブレビカウレ以上に遅いかも。もっと熱い地域なら爆発的に成長するのかもしれませんが、私の地域では遅鈍な成長速度です。ただ根の部分を見ると確実に成長してきてるのでいずれかの段階でブレイクスルーがあるかなと。もちろん作落ちしない前提で。

PXL_20220319_221553612.MP

先週の土曜日のショット。またパキポコレクション増やしたいですな。

やっぱり塊根が好き

PXL_20220212_071128371
涙が出るほど懐かしい姿と形


買っちゃいました。恵比寿笑い。あんなに苦しみながらほとんどの塊根を手放したのに。どうして……。

近所の園芸店にフラっと気分転換兼ねて入ったんです。その日は珍しく快晴でわたしは特に買うつもりはなかった。一年草でも物色して帰ろうかと。で、あったんです。ハウスの奥に。カクタス長田さんのちょっとレアな多肉植物シリーズが。ドンと鎮座してたんです。懐かしい姿と形、私の脳がこれらを認識した瞬間に理性が吹っ飛びました。1分後にはカゴに入れてレジに並んでましたよ。
PXL_20220212_071548822
一緒に買ってきたユーフォ アンボボンベンシス。自生地のこと考えるとちょっとレアどころではなくてURぐらいな気がしますが……。ちなみに雌雄さえ揃えば結実は用意で増やしやすいらしいです。

PXL_20220212_071525954

同じ一緒に買ってきた札落ち原シク。おそらくコウムでしょう。良心的なお値段してたので買ってきました。

こうやってかつて育てていた種類が帰ってきて嬉しい反面、ここで育てられるかなと一抹の不安を覚えたり。南向きですけど一階なのでね……。目の前にマンションがあって日がさす時間が少し遅いのです。おそらく育てられるだけの日光はあると思うんですが以前と比べると遅くなるかなと。特に日光を要する種類のパキポだと徒長しないか不安です。大丈夫だと思うんですけどね~。

PXL_20220212_071242372

ちなみに現在絶賛大規模修繕中。ベランダに布がかけられてます。おかげで貴重な日光が遮られる……。日照がどれくらい入るのか正確な測定もできず困ってます。

PXL_20220212_071247522

ベランダの植物たちは棚ごと布が隅に寄せてます。こちらは東側になってるので午前中は日光が入ります。

4月頭には終わるということで夏型の植物には影響なさそうなのが幸いでしょうか。雨天が続くと長引くらしいのでなんともですけど……。早く終わることを祈りたいと思います。

グラキリスの最後

20210909_180045

腐りました。私が種から育てて大事に大事に栽培してきたグラキリスが。

原因はどうやら蒸れのようです。今年分岐して成長点に葉が密集していたところに8月の長い大雨で念入りに蒸されてしまったらしい。

根はしっかりしていて生きてたために発見が遅れました。成長点が黒ずんだあたりからおかしいと思ってカットしてればきっと助かったでしょうね……。良型の株だったから下手にいじりたくなかったんです。

本当にショックで。園芸モチベがものすごく下がりました。

また実生して選別してもまた2年半かかります……。この個体は2年前に私が選別したパッツンパッツンの良型だったんです。同期は既に処分してしまったのでいません。

もうしばらく立ち直れそうにないです。しばらく塊根のことは考えないで過ごします…………。

夏の実生 2021

今日は晴れでした。午前までは。

IMG_20210819_075630

今回は8月頭に実生したアデニウムとパキポディウムの記事です。
なぜ8月に種を蒔いたといいますとこの時期って日差しが強いから実生苗が徒長しにくいんですね。暑いから気温の急低下で枯れることも有りませんし。なので私は大体5月頭か7、8月に蒔くんですよ。

今年も短く育てたかったから8月頭に蒔きました……例年通り肌を焼きながら育てるつもりでした。なのに今年はパキポが発芽するちょっと前から雨!雨!雨!酷すぎる!おかげで伸びてます。

IMG_20210819_075641

これはカクチペスの鉢です。パキポの中では少しマイナーな種類なので知らない方も多いと思うんですが、この種類ってパキポの中で最も日照を食う種類なんですね。日照が足りなくなるとすぐ徒長します。おまけに脇芽を出しやすい種類なので綺麗に作り込むのが難しい。だからこそ日照が強い8月頭を狙ったんですが。連日の雨でのびのびです。これ作り直せるかなあ…。

IMG_20210819_075637

謎の新種エニグマチカム。日照不足でちょっと縦に伸びてますが作り直しが効く部類だと思います。日照要求量は恵比寿笑いやブレビカウレと変わらない感じですね。

IMG_20210819_075646

これはマカイエンセ。これも日照そこまで要求しないのかあまり徒長してないですね。ただマカイエンセに関しては扁平で横に広がる樹形が魅力だと思ってるのでほんの少しでも徒長させたくない…。ブレビカウレ並みにペチャンコに育てたいと思ってます。

IMG_20210819_075644

これはバロニー。ウィンゾリーとの違いを確かめるために買ってみました。雨に当てても全然倒れないので丈夫な印象。ウィンゾリーと比べるとバロニーは発芽直後から細長いですね~。最も連日の日照不足で伸びたのもあると思いますが…。大型種だけあって成長も早い(気がする)

IMG_20210819_075706

タイ産オベスム。昨年手に入れてたワイルドオベスムとの違いを確かめるために播種した奴ら。違いは未だわからず。原種オベスムはパキポのビスピノーサムやサキュレンタムのような完全に地中性の塊根なのでもしこの子達がハイブリッドなら地下部は発達せず、地上部と地下部が均等に育つはずです。

出来ればより正確な検証をするためにアラビカムの種も欲しいんですが。どこにも売ってないですね~。どなたか所持していたらウチの実生パキポとトレードしてください。

IMG_20210819_075713

謎のライトグリーンの個体も順調に育ってます。葉緑素自体はあるみたいで日に当てたら葉の色が濃くなりました。せっかく綺麗な色してるのでこのまま維持したいところ。

似た者同士

IMG_20210729_180338
Euphorbia pachypodioides

最近某フリマアプリで買ったパキポディオイデスです。マダガスカルのアンカラナ保護区のごく一部に自生する希少種です。人気はある方だと思うけどあんまり見ないユーフォルビア。(マイナーの中のメジャー?)同じところに似たような柱状ユーフォルビアが生息しているらしいですが、でっぷり太るのはコイツだけじゃないでしょうか?

小さくて木質化してないのでおそらく国内実生個体。前々から気になってたので今回思い切って買ってしまいました。管理ですがパキポと同じように育ててます。ただしユーフォルビアらしく根張りが弱いのでパキポより水の回数は若干多めです。あまり乾かさないほうが無難でしょう。


ちなみにこの個体、見ての通りクソ細長いです。画像はもっと短い個体だったんですけどね。植え替えたら徒長部分思いっきり埋められてました。そういうことなら説明文に書いておいてくれよなあ………。

IMG_20210729_180400
Pachypodium baronii var. windsorii

せっかくなのでウィンゾリーです。自生地こそ違いますが似たようなところに住んでます。

IMG_20210729_180414

似てる…似てない?自生地は違うんですけどねえ。これぞ収斂進化の賜物
特に両方とも徒長して細長いところが似てる。もっと太ってくれてもいいんだよ。
IMG_20210729_181911

Pachypodium decaryi

IMG_20210729_180428
Pachypodium ambongense

IMG_20210729_180447

似た者同士というとこちら。左がデカリー、右がアンボンゲンセ。どちらも枝を伸ばしてから基部がボトル状に太るタイプです。花が白い点も共通しています。どちらもレウコポディウム節に分類されるパキポディウムで遺伝子的にはまあまあ近いと思います(諸説あるらしい。近いといえば近い)

どうやらこの二種類は自生地が近く自然下では交雑種も見受けられるそう。開花したらぜひ種を取って再現してみたいと思ってます。

光堂の新芽

IMG_20210729_163041
Pachypodium namaquanum

ようやく新芽が出てきました。7月頭に植え替えたのですがこの時点で根が動いてたので植え替えるならベストは6月辺りかなと思います。サイクルとしては4月から6月まで休眠。7月から根を伸ばして8月から3月まで新芽出して成長という形でしょうか。ナマクアナム(光堂)が秋冬型と呼ばれる所以ですね。

ちなみに管理は他のパキポと同じように強光と雨に当ててます。繊細そうな見た目ですがそんなことはないっぽいです。非常に丈夫です。まだ半年も育ててないのでなんともいえないのですけど、ブレビカウレ(恵比寿笑い)のほうがよっぽど繊細な印象受けます。他に特筆すべきところといえば成長が遅いところぐらいでしょうか。成長速度はブレビカウレと同じくらいですね。のんびりしてます。

IMG_20210729_163048
Pachypodium densiflorum

最近某オクで落としたデンシフローラム。おそらく頭が三分岐する典型的なタイプ。

ガッツリ作られてる実生株があったので落としちゃいました。徒長もしてないですし背丈もずんぐりむっくりで非常に良い個体だと思います。きっと出品者の方がしっかり管理なさってたんでしょうね。

IMG_20210729_163106

とてもちっちゃい。かわいい。順調に行けばデンシフローラムは再来年に開花しそうです。あとはいかに丈を短く作り込むかですね……。

IMG_20210729_163124
IMG_20210729_163130
Pachypodium rosulatum var.gracilius

ついでのグラキリス。夏ですがちょっとずつ太ってます。特に側面が太ったかな。秋になったらまたブーストかかって一気に太ると思います。

IMG_20210729_163139

キレイに四分岐。分岐して以来少しずつ水を減らしてます。なんでも枝が出てきたらちょっとずつ水を減らすのがキレイに作るコツなんだとか。(屋外で強光と雨に当てること前提の話です)

というわけでウチの実生軍団も実践中。ついつい甘やかしそうになりますが我慢してます……。効果の程はまたブログで後ほど記録します。

IMG_20210729_163225

さらについでの記録。

性懲りもなく、しかも盛夏のこの時期にまたパキポの種子を蒔きました。実生楽しいんだよな……。今年は我慢してほとんど蒔いてこなかったんですが……結局我慢できずに。ごらんの有様です。

パキポとアデニウム、あとはサボテンを少々。ユーフォルビアなんかも種子が手に入れば蒔いてみたいのですが何分手に入らないので出来たらと言った感じ。まだまだ欲しいパキポがあるのでもう少し余裕があれば今年蒔くかもしれません。発芽状況とかその辺は落ち着いたら載せるかもです……。

2021パキポ

今年もパキポの成長をメモする時期がやってきました。塊根植物は毎年どれくらい育ったかなーって記録見返すの楽しいんですよね。こうやってブログ続けられてるのもパキポのおかげかもしれないです(?)




1年前の記録はこちらから。

IMG_20210531_162728
Pachypodium eburneum

先頭バッターはエブルネウム。うちにきてから2年半ぐらい…?かな。
フォロワーさんからの頂きものです。お宅にお邪魔してありがたく頂いてきた一品。私の感覚としてがつい半年ぐらいの前のような気がしますけど。随分時間経ったんだなって。

IMG_20210531_162742

なんと!今年!ついに花が咲きました。正確には蕾の状態で切り取ってしまったので咲いてませんが、植物の方では完全に開花してなくても花が咲いたと認識してるらしく成長点にヘソができました。今後は成長点が増えゆっくり分岐していくと思われます。

IMG_20210531_162803
Pachypodium brevicaule

ブログ初登場(たぶん)ちょっと前に来たブレビカウレです。来たときには花が咲いてました。他人が育てた植物だから花が咲いても特にありがたみはないw用土が保水性高そうなものだったのでゴールデン粒状培養土で4号鉢に植え替えちゃいました。

IMG_20210531_162820
Pachypodium baronii var. windsorii


ウィンゾリーです。4月半ばぐらいに起床。2月の植え替えが響いたっぽい。来年からは3月の終わりぐらいに植え替えようと固く決心しました……。
IMG_20210531_162838
Pachypodium ambongense

アンボンゲンセ。起きたのは4月半ばぐらいだったかな。起きてからは成長早いです。元々起きるのが遅い種類らしい。まだ生まれてから1,2年目の株っぽいので水は多めにやってます。
IMG_20210531_162850
Pachypodium rosulatum var. gracilius

グラキリスくんです。実生2年目にして蕾出した異端児。




結論から言うと咲きませんでした。咲かせようと思ったんですけど体力が足りなかったのか花がしけちゃったので。最終的に蕾は切り取って捨ててしまいました。
IMG_20210531_162914
やっぱりブレビカウレと同じようにヘソができました。成長点らしきものは4つ確認できます。このサイズで咲いたグラキリスの記録がネット上にないので今後どうなるか不明です。もしこのサイズで蕾出したよーって方がいたら教えて下さい。

IMG_20210531_162930
Pachypodium decaryi

パキポファミリーの中では影の薄いデカリー。コイツ一応ウィンゾリーやアンボンゲンセと同じサイテス1なんですよ。全然話題にならないですけど……。

塊根は紡錘形かグラキリスのように丸くなる個体が多いっぽい。うちの個体は紡錘形っぽい。肌の質感はパキポよりアデニウムに近い感じでサラサラしています。人と違ったパキポが育ててみたい!なんて人にオススメしたいパキポ。丈夫なので手もかかりませんしね。たまにヤフオクに種売ってるので気になった方はぜひ実生してみてください。

IMG_20210531_162957
Pachypodium horombense

ホロンベンセです。去年のこの時期に花が咲きました。



IMG_20210531_163003
咲いたのでヘソがあります。1年も経つときれいにヘソができますね。今の所成長点は5つ確認できます。今後は枝がメデューサのように枝分かれして育つことでしょう。……場所とりそう。
IMG_20210531_163031
Pachypodium bispinosum

ビスピノーサム。サキュレンタムではありません。



前回。

IMG_20210531_163049

グラキリスと同時期に撒いたのですけど。コイツだけデカイ鉢(5号長鉢)に入れてます。’(他の鉢は4号や5号スリット鉢で統一しています)根が伸長するタイプなので大きい鉢じゃないと大きくならないんですよね……。横じゃなくて縦長鉢なのがまだ救いです。ブレビカウレみたいな横に大きくなるタイプはこれと逆で浅鉢に植えなきゃだめなんでしょうね。まだまだ先の話ですが。いずれ置き場所問題に直面するんだろうなと思うと今から胃が痛いです。

IMG_20210531_163120
Pachypodium saundersii

白馬城ことサウンデルシー。デカい。
IMG_20210531_163123

去年と引き続き8号鉢植え。9号鉢に植えたかったけど近場じゃ売ってなかった。
去年は水をつらめにしたのであんまり成長しませんでした。枝が少し伸びて塊根部もちょい伸びたかな?ぐらい。正直なところ、これ以上大きくなると移動も大変だし置き場所に困るのでこれぐらいがちょうど良いんですよね。できることならこのまま塊根部だけ大きくしてほしいです。絶対無理ですが。

IMG_20210531_163354
Pachypodium namaquanum


ナマクアナムです。ブレビカウレと同時期に同じ出品者の方から来ました。
育て方がよくわかりません。とりあえず葉が出てるうちは他のパキポと同じように扱ってます。具体的には日晒し雨ざらし。どんなに風が強くても動かさず。そのまま放置。塊根はカチカチなんですけど成長はしないですね。7月まで落葉するって聞いたけど落葉もしないし。どうしたらいいんだか。

パキポは以上です。去年チラッと出たデンシフローラムやマカイエンセやブレビカリックスは枯れました……。去年は台風がひどくて強風やら雨風でたくさん死にましたね!カクチペスもいたんですけどあれは理想的な形にならなそうな個体だったので処分しました。


あと今年のパキポ実生ですがエニグマチカムの種だけ撒きました。が、残念ながら発芽せず……。6月中にまた種買ってリベンジしたいと思っています。


今回はここまで。また何かあったら追記します。では!


ホロンベンセが咲いた

IMG_20200613_155334

ようやく咲きました。カクタス長田さんで買ったホロンベンセ。
蕾を付けてからもうほんっっっっとうにワクワクしながら待ってました。本日、ようやく黄色の釣り鐘を拝むことができましたよ!!!感無量です……。

デンシフローラム疑惑がありましたがちゃんとホロンベンセしてました。見てくださいこの特徴的な花を!誰がどう見たってホロンベンセです。ありがとうございました。

IMG_20200613_140701

こちらが本体。これから分頭してよく見る形になるのかな~。

IMG_20200612_184725

最後におまけ。開花前日の花。

2020パキポ

IMG_20200611_133547

再開一発目ってことでパキポネタやります。このブログは塊根の情報得るために来る人多いみたいなんで。私も塊根好きですしね。


1年後の記事




IMG_20200611_133550

画像はサンデルシー。買ったときと比べたら随分大きくなってきたんじゃないかと思います。

DSCF1361
2018年がこれですよ?
まあ、随分立派になっちゃって。大きくなったこともあり今年摘心しました。
そのままにしておいたら際限なく頂点が尖りそうだったんで。もっと下側の枝増やしたかったですし。
IMG_20200611_133554
19年春実生ビスピノーサム。
根っこの伸長がすごいことになってたから縦長の鉢に植えてます。下につくるタイプのパキポですから大きくなったら根上がりにしようかな。

というかこれ地上部大きくなるんでしょうか?根っこばっか伸びて上が全然伸びないんだけど。
IMG_20200611_133603
ホロンベンセ。
カクタス長田さんで買ったやつ。
IMG_20200611_133615
ホロンベンセとデンシフローラムの違いは花らしいですが…。これはどっちなんでしょうね。

割とホロンベンセの名前でデンシフローラムが流通しているらしくなかなか気になるところです。ホロンベンセとして買ったのだから純血のホロンベンセがほしいです。
IMG_20200611_133627

19年春実生のグラキリス。
たくさんありましたが将来有望な個体を1つだけ育てることにしました。10個体ぐらい余ってるんですけど誰かいらないですかね…?このサイズだとヤフオクでも値がつかなそう。

IMG_20200611_133644

こちらが19年春実生のカクチペスです。
グラキリスと混同されがちですがカクチペスは全体的に肌が赤いです。

IMG_20200611_133703
IMG_20200611_133722

あとはグラキリスは細葉でカクチペスは太葉。あとグラキリスのほうが丸くなる個体が多いのかな。カクチペスは結構バリエーションあるっぽい。

IMG_20200611_133801

これは18年夏実生のエブルネウム。だいぶ丸くなってきました。上手く行けば来年開花するかもしれません。

IMG_20200611_133804
19年春実生の白花恵比寿笑い。
(白花恵比寿笑い=レウコキサンツム)

巷ではレウコキサンツムはブレビカウレとエブルネウムやイノピナツムの交雑種じゃないか?なんと囁かれてるらしい。ということはこれもブレビカウレとエブルネウムの中間のような形になるんだろうか……。
まあ、種子の形からしてブレビカウレと違いますしね。母種のブレビカウレも実生してどう違うのか確かめたいところです。

IMG_20200611_133810
IMG_20200611_133755
どっちも饅頭みたいで可愛い
IMG_20200611_133852
IMG_20200611_133853

18年夏実生のラモスム。
成長遅い気がする。とはいえそんなポンポン大きくなっても困りますがね…。ラメリー系といえばフィヘレネンセとアンボンゲンセが気になってます。
特に根本からよく分岐したフィへレネンセを探してるんですがないですね~。自分で実生して選別したほうが早いかもしれない。

IMG_20200611_133918
Pachypodium densiflorum

ぼちぼち実生もしてます。これは5月にまいたデンシフローラム。5粒まいて3粒発芽。デンシフローラムはバリエーション多いからもっとまいても良かったかも。最もそんなに育てるスペースはありませんが。

IMG_20200611_134346
Pachypodium makayense

わかりにくいけど真ん中の緑のやつです。これ5粒で落札したんですけど4粒ただのカスでした……奇跡的に残りの1粒が発芽してくれましたが。ヤフオクで評価少ない人は気をつけたほうがいいです。

マカイエンセも産地による形態的なバラエティがあるらしい…。私は赤黒くて丸いマカイエンセがほしかったので別産地っぽいところのマカイエンセの種子も買ってまいてみました。どうなるか楽しみです。

IMG_20200611_134412
Pseudolithos migiurtinus

他にもこういうのとか…

IMG_20200611_134556
Agave oteroi
こういうのとか

IMG_20200611_134559
Agave horrida ssp. horrida

こういうのまいたりしてます。

IMG_20200611_134304
IMG_20200611_134330

登場してないだけで割と色々あるので近いうちに紹介できるかもしれません。もちろん発芽すればの話ですが……。どうなるか。

ちなみにほぼ多肉です。場所の都合上、少しずつタニサボメインに切り替えているので今後ブログに登場する植物も多肉が多くなると思います…たぶんね!
プロフィール

暇魚

魚とカエルと植物が好きです

Twitter
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索