1:

雪白した射影

趣味について書き散らす雑記

タグ:ネオレゲリア

Q 今話題の春の風物詩といえば?

A カエル…?


ということで今年もアマガエル飼育始めます。
DSCF1379
皆さんご存知、カエル大好き暇魚さんです。こんにちは。
カエル好きのくせに飼育は下手くそ、飼ったカエルが長生きしないことに定評があるわたくしです。

2ヶ月前にアフウシ殺しておいた手前
次のカエルを飼い始めるのも憚れますが…我慢できなくなったのです。
やばいと思ったが、物欲を抑えきれなかった。
DSCF1391
つーことで今回のケージ。アマガエルが死亡するパターンは乾燥して死亡するパターンが大半なので
今回は乾燥対策に水苔を敷き詰めました。簡易パルダリウム設定です。
水苔だけだと水浸しで不潔なので軽石敷いて通気性確保してます。

植物リスト

・ネオレゲリアファイヤーボール
・シンゴニウム ホワイトバタフライ
・シラフカズラ
・ネフロレピス
・オリヅルラン
・フィロデンドロン セローム
・チランジア プセウドベイレイ

これで全部。多湿と半日陰に強そうな植物セレクトして庭から持ってきました。
園芸経験が役に立ちましたな…w

ベイレイはプラケの中でチラが育つか実験の意味込めて入れてみました。
ベイレイがうまくいくならもうちょっとチラ入れてみたいです。
DSCF1469
今回のカエルは既にピンセットから食べるし
よく鳴いて元気です。体格はちょっと貧弱ですけど。なかなか元気があってよろしい。

今回は事故らなければ(蒸れとか脱走とか)比較的上手くいきそうです。
餌の養殖も並行してますし。

上手くいくと良いなあ。



ノシ

14fe52a75d6c5b61945c1713368bc353_t
と言うことで
本日はパイナップル科(=ブロメリア科)のお話。

パイナップル科とは

パイナップル科(Bromeliaceae)は単子葉植物の科。アナナス科ともいい、学名そのままにブロメリア科ともいう。パイナップルや観賞用のアナナス類など、60属1400種ほどを含む。

(by Wikipedia)

まー。いっぱいあるみたいですねえ。パイナップル科の下にブロメリア亜科とか
チランジア亜科とか…。

ぼくのブログではブロメリア=パイナップル科の総称とし扱います。

つーことでぼくが育てるブロメリアを属別にご紹介。
同定は自信ないんで間違ってたら指摘していただけると助かります。

チランジア属
DSC_1394
シーディアナ

ダイソーでよく見かけるやつ。おっきい。
なぜか4個もあります。
DSC_1386
ジュンセア

細長い。
結構場所を取ります。
DSC_1392
カプトメデューサ

割りと好きなチランジア。
結構丈夫でそこそこ成長してます。
DSC_1387
フクシー

フワフワしてます。手触りが良い。
DSC_1381
ブルボーサ

これは一個だけしか持ってない。
(本当はもう一個あったけど、帰り道で落とした…)
ゆっくりとですが成長しています。クランプが楽しみです。
DSC_1383
ハリシー

自生地では絶滅の危機だとかなんとか。
未だ成長見られず。春になったら成長するのかな。
見た目は結構好き。
DSC_1389
イオナンタ

イオナンタも結構種類があるらしいですね。
詳しいことは知らないですけど。
もうちょっと増やしてテラリウムとかそっちに使うかと思ってます。
DSC_1384
ストリクタ

銀葉のくせして水が好きなめんどくさい種。
マメに水やらないと画像みたいにクルクルします。

正直、どのくらい水を与えたら良いのかよくわからないチラ。
現在、試行錯誤中。
DSC_1380
プセウドベイレイ

ダイソーでよく干物になってるチランジア。
境遇もそうだし
プセウドベイレイ(=偽物のベイレイって意味)
なんて可哀想な名前してます。

DSC_1382
メラノカクテル

硬質な葉っぱがかっこいい。
コイツも成長見られず。そのうち動き出すかな。
DSC_1395
ネオレゲリア属 ファイアーボール バリアガタ

タンクブロメリア系の普及種。
なぜか葉先から葉枯れしてます…。管理方法がよくわからん。

タンクブロメリア系はカエルと相性いいんで
ちょくちょく集めたいなーと思ってたり。
DSC_1396
フリーセア属 Sp.

ホームセンターで見切り品として売られていたもの。
既に花が咲いていたみたいで子株が発生してます。

これも管理よくわからないけどなんとか保ってる感じ。

以上。ブロメリアでした。
気が向いたらまた個別の記事にしてみたいと思います。


ノシ


追記

本日7日にダイソーとレモンで
チラ買ったので写真置いておきます。
DSC_1478
たぶん、ブラキカウロスとパウシフォリア。
パウシフォリアは自信ないです。
パウシフォリアだったらいいなあ。

↑このページのトップヘ