1:

雪白した射影

趣味について書き散らす雑記

タグ:カエル観察

DSCF3538
一昨日、川へカジカカエル観察しに行ってきました。
この日の気温は5月なのに真夏並みでとにかくクソ暑かったです…。
ホントに暑くて川で泳いでやろうかと思いましたもの。
DSCF3496
DSCF3495
DSCF3497
水面はとても静か。せせらぎが冴え渡ってました。
DSCF3501
Protohermes grandis
ヘビトンボの幼虫。実は食えるらしい。
DSCF3493
ここで1時間近く探してみたんですが、オタマが1,2匹しかいないので上流に移動。
DSCF3507
DSCF3508
DSCF3506
この写真結構気に入ってます。春に撮ったら桜が映えるんだろうな。
DSCF3518
Buergeria buergeri
カジカガエルのオタマジャクシ。
上流に移動してすぐ発見。岩に張り付いてました。
そこそこ大きかったですね。2cmぐらい。生まれて2週間程度かな

DSCF3526
DSCF3513
泥に塗れるオタマジャクシ。1.5cm程度
DSCF3532
DSCF3536
同じく1.5cm程度。
DSCF3523
ちなみにカジカガエルのオタマジャクシがよくいるところはこういうところ。
渓流に住むカエルとは言え、流れの早いところにはいません。
比較的ゆったりとした流れがあり、水が綺麗なところに固まってます。
藻類食べるので良質な藻が生えてるところ探すといいかも。
DSCF3514
実は泥が舞い上がった下にわんさかいます。
渓流でなにか動いたらじっと待って目を凝らすのもポイント。

あとは石をひっくり返すとか。
たまにテナガエビとかヨシノボリが出てくることもありますね。
DSCF3524
見事な保護色
DSCF3530
一番大きな個体、3cm程度。
この大きさなら6月の中頃には上陸してそう。
DSCF3527
DSCF3528
カジカガエルのタマゴ。
この種のタマゴを見たのは小学生以来じゃないかな。
見つけたときには思わず声が出ました。
DSCF3534
カエルの視線で撮ってみた一枚。たぶんこんなかんじ
どうせこの視線で撮るなら魚眼使って撮ってみたい…。
DSCF3532
以上で終わりです。

残念ながらタマゴとオタマは見つけたものの、カエルは見つけることはできませんでした。
むかしはもっといたんですけどね。
数が少なくなったのか、はたまた勘が鈍ったのか、あるいは両方なのか…。

もうちょいレッドローチが繁殖したらまたカジカガエル育ててみたいなあ。
夏辺りに上陸して数週間のやつ捕まえてね。


ノシ

ということで本日も性懲りもなくカエル観察です。
DSCF3269
今回はこちらの田んぼ。
前回は地元の南東部の田んぼでしたが、こちらは北東部に当たります。
DSCF3270
アマガエル見つけました。
DSCF3271
こんなところで。本来ならば稲に捕まって過ごすのでしょうがまだ水張ってませんからね。
畝に張り付いてるようです。しかしよく化けてます。一瞬騙されました。
DSCF3272
こちらも畝に張り付いてます。
DSCF3273
めり込んでますね…。しかもなかなか肥えてます。
DSCF3275
DSCF3274
DSCF3276
なかなか渋い色です。色見本で言えば深碧色が一番近いかな?
ほんと渋いです。かっこいい。
DSCF3277
DSCF3278
ほんと渋くてかっこよかったので飼育用に捕獲するか悩んだんですが
逃げられてしまいました。惜しかったなあ…。
こういうのって一期一会なので深追いはしないようにしてます。
それに本当にレアなカエル(アルビノみたいな色彩変異とか)なら脊髄反射で捕まえますしねw
また会えたら良いなあ。

ノシ

昨日の夕方、そろそろ田んぼに水張った頃かな?と思いカエル観察に言ってみました。
DSCF3221
既に植えられたと思ってたんですけどねー。残念ながらこんな感じでほとんどカラカラ。
DSCF3230
DSCF3222
先日の大雨が残ってる田んぼ発見。水はけ悪いんだろうな。田んぼだし。
DSCF3228
田んぼの表面。ドロドロですな。
DSCF3237
DSCF3233
探してみると小粒のオタマジャクシがいました。
ちょっとわかりにくいですけどたくさん写ってます。保護色ってやつですね。
DSCF3223
オタマと一緒にシュレーゲルアオガエルの卵も発見。
シュレの卵見るのは初なのでかなり嬉しかったです。
DSCF3224
卵の下にはたくさんのオタマ。ヨーサック背負ってますね。かわいい
DSCF3229
生まれたばかりのシュレは白いです。もうちょっとしたら茶色になるのかな?

今度来るときはシュレの生体拝みたいですね~
見れるかな?

ノシ

↑このページのトップヘ