1:

雪白した射影

忘れっぽい大学生が綴る趣味の備忘録。事実7割脚色3割でお送りします。

タグ:カエル

DSC_1357
つーことでね。
この前やってた冬レプに行ってきました。
DSC_1358
DSC_1359
DSC_1360
会場内部はこんな感じ。
ずら~っと各企業のブースが並んでます。
なかなかカオスな現場でした…。
DSC_1361
DSC_1362
かなりレアなヤモリらしい。
正直ヤモリはレオパとかクレス、ヒルヤモリ辺りのカベチョロにしか興味ないので…。
なのでレアと言わてもよくわからないでした。
DSC_1363
DSC_1364
DSC_1365
DSC_1366
パルダリウムが陳列されてました。
ちょっと前はビバリウムって言ってたんですけどね。
なぜビバリウムじゃ駄目なんだ。パルダリウムじゃないと駄目なのか…なんなんだ…(哲学)

ちなみに使われてる植物は模造品ぽいです。
近くで見てないのでよくわかりません。

テラリウムはチランジア
パルダリウムはタンクブロメリアがメインっぽい。
というかどっちにしろブロメリアが多かったです。

テラリウムは乾燥しまくりだし、パルダリウムは湿潤過ぎて根腐しますしねえ…。
そう考えるとブロメリアすげえな!
DSC_1373
DSC_1374
DSC_1375
DSC_1376
ちなみにこれあエキゾテラのブース。
こっちはきっちり作り込んでありました。
DSC_1380
DSC_1381
DSC_1382
DSC_1383
DSC_1384
DSC_1385
とまあ適当にフラフラしまして撤収。
色々珍しいもの見れて楽しかったです。
DSC_1386
閉園後のツインメッセ。

以下買ったもの。
DSC_1388
桑の木 200円
品種はスイートマルベリーとかなんとか詳しいことは知らぬ
DSC_1389
レッドローチ2カップ 2000円
ちょっと増量しました。うまいこと軌道に載せたいですからね。
これ500円かと思ったんですが1個1000円だったんですよね…。
500円表記は何だったんだ…。

ちなみにレッドローチに関してはちょっと前に詳しい記事書いたのでよろしければみてね
IMG_20180121_173037
カエルの福袋 5000円
中身はアマゾンツノガエルのオタマ
クランウェルツノガエルアルビノ、アフリカウシガエル、餌です。
DSC_1392
当初はこんな感じで置いてました。当初はね…。
DSC_1395
DSC_1396
アフリカウシガエル
DSC_1394
クランウェルツノガエル アルビノ
DSC_1468
アマゾンツノガエル オタマジャクシ

とまあこんな感じなわけです。
本来はここで終わる予定でした。予定だったんです。
勘の良い方は既に察してると思うんですがね

DSC_1302
一昨日アマゾンツノガエルのオタマが死亡。
原因は赤虫による水質悪化ですね…。
パネヒもつけていましたし水も前日に交換しておきました。
ちょっとフラフラしているとこはありましたが普通に元気な範疇だったんですが。
少しばかり赤虫の分量が多かったようで思った以上に水質悪化が進み朝起きたら死んでました。

大変ショックでした。
アマゾンはボクにとっての憧れのカエルで変態をものすごく楽しみにしてたんですからね…。

DSC_1326
さらに次の日にクランウェルが死亡。
コレに関してはわけがわからない。謎です。
DSC_1469
ぼやけてますけど足を閉まって縮こまってるのわかりますか?
お迎えした時点で体調が悪かったのかなあと…。
アマゾンに関しては完全にぼくの落ち度ですがクランウェルに関しては。

コイツもアマゾンと同じようにパネヒの上に置いておき
水が汚れたと目視できた時点で交換してましたが。
まー……よくわからないです。本当に急死ですからね。DSC_1324

DSC_1330

こんばんは、トムヤムクンなるものを食べて冬なのに汗かいてます。暇魚です。
トムヤムクン、インスタントなのだけれど辛い。それともインスタントだからこそ辛いのだろうか…。

本日はカエルのお話。

皆さんはカエルと言ったら何を思い浮かべるのかな?
と言っても大半はアマガエルだと思いますが。

061029nihonamagaeru-01

実は私、中学2年だったか3年のときからアマガエルの飼育を始めてまして…。
カエル歴としては3年ほどになります。

とはいえ数種類のカエルしか
飼ったことがないのでビギナー同然なんですけどねw

以下、過去の水槽&生体の紹介。
(そこそこ長いですのでお時間があるときにどうぞ。)

img_2
img_4
img_1

私が飼っていた初代のカエルです。2年ほど生きました。
死因はうっかりふたを閉め忘れ脱走。餌昆虫のケースでカピカピになっていたところ発見しました…。

かなりショックでしたね…。初めて飼ったアマガエルですしよくなれていたものですから。

1001935_324176187719688_1042977374_n

現在、ヘッダーに使っているこの画像は上記のアマガエルと同一です。
良く肥えていますw

当時書いていたブログの記事がいくつか発見しましたのでせっかくですし載せておきます。

季節外れ(カエル初紹介記事。画像抜粋した奴) yahooブログ
いもーりー(他愛もないカエルとイモリの記事) yahooブログ


2013_0403_221024-DSCF4037
2013_0405_212006-DSCF4107

アクアテラリウム風にしていた時期。このときはアマガエル2匹だけだったかな?
水中部分にシナイモリとかドジョウとか入れて飼ってました。

上記のヘッダーはこのとき撮ったものですね…確か。


2013_0607_081255-DSCF4469
2013_0413_204900-DSCF4198

初めて作ったビバリウム。果たしてビバリウムと言えるのかどうかは知らぬ。

ちなみに左に植えてあるクッカバラと右に植えてあるモンステラはあのでっかい奴です。
以前、記事で紹介した奴です。昔は小さかったんだよなあ…w
真ん中のカポック?枯れましたが何か? 

生体はアマガエル×2とヤマアカガエル(上陸直後)×数匹
上陸直後の個体に挑戦してみましたが餌の調達が大変で大変で。(金がかかる…)
結局、無駄死にさせて覚えがあります。ごめんさい。

殺して以来、上陸直後は避けていますが今年はリベンジしてしたいと思っています。
2月ごろ狙いたいと思いますますがいるかな?

2013_1201_011832-DSCF5027
2013_1201_011818-DSCF5026
2013_1202_071635-DSCF5038
2013_1213_041121-DSCF5061
2014_0517_041451-DSCF5368

初ツノガエル、クランウェルちゃん。(ペパーミント)
チャームでオタマで買って成体まで育てた個体です。
冷凍赤虫じゃなくてテトラミンだけで育てましたが案外育つもんだなと…w

簡単な管理で育つので地上カエル初心者にオススメ。

1年ほど前、私が部活の忙しさにかまけて世話を怠っていたせいで死亡しました。
死因は…お決まりの脱水です。カラカラに干からびてミイラ化してました。

悪いことをしたと思いますし今でもたまにこの個体のことを思い出します。

そのうち、またオタマから育てようと狙っているんですが
なかなかチャームに入荷しなかったり間が悪かったり。

2013_0626_190131-DSCF4689
2013_0626_190135-DSCF4690

沼ガエルだったか土ガエルだったか…。詳しいことは忘れました。
確か、川で拾った謎オタマが変態したらコイツになった気がします。

ここら辺ではめったに見ない、カエルでかなり興奮した覚えがあります。
山中に探しに行けばいるのかな…?

少なくとも町の西側の棚田ではみたんですがね…。探せばいると思います。また飼いたい。
 
ちなみに近所の川に行くとカジカガエルがゲコゲコしていて
町の西側の棚田にはシュレーゲルあたりがゲコゲコしてます。
さらに隣町の山奥に行くとモリアオがゲコゲコしてます。

東伊豆辺りもモリアオがゲコゲコしているらしいです。
南伊豆とか何がいるんだろう。ゲコゲコ。

ちなみに夏限定でヒキガエルとかウシガエルとかがゲコゲコしています。
多分、もっとカエルがゲコゲコしているんですよね伊豆って。ゲコゲコ。


2013_0914_084443-DSCF4887
2014_0623_083707-DSCF5436
 
2014_0623_083746-DSCF5441

ヒキガエル。1枚目の個体と2枚目の個体は別個体です。

学校帰りに捕まえました。1匹目は先輩と帰ってるときで、2枚目の個体は友人との帰り…だったかな?
いずれにせよ、私の単純なミスで短期間のうちに死亡。

1枚目の個体はシェルターにしていた流木が崩れ落ちて圧死ですね。

何の準備もしてないうちに捕まえたものですからシェルターも水入れもない。
とりあえず流木で組んだのはいいけど組みが甘かったせいで崩れ落ちた模様。

2枚目は…ジャイミルの与えすぎだと思います。(解剖してないからわからないけど多分)
ヒキガエルってのは面白いもので餌与えるとヒョイヒョイ食べるんですよね。



で調子に乗って与えすぎて吐きだしてそのままあっけなく死亡。
翌日下痢してましたし、おそらくですけどね。


以上、過去のカエルでした。
本当はカエルに限らず色んな過去の生体をご紹介したいのだけれどかなり長いのでココまで。

またそのうち、今飼っているカエルをご紹介します。
 

↑このページのトップヘ