1:

雪白した射影

趣味について書き散らす雑記

カテゴリ: 動植物

DSCF4563
成長点がちょっと大きくなりました。グランデです。


本日はですね、グランデを板付にします。
あれから苔玉に載せたままにしてたんですがまあ吹っ飛ぶこと。安定しません。
水やりだってままならないし下手したら
吹っ飛んだ時に成長点を傷つける恐れがあります:;(∩´﹏`∩);:
あと単純に鉢植えだと邪魔

諸々の事情を鑑みた結果、さっさと板付にすることにしました。やっぱビカクは板付だよね。
DSCF4561
板の上に置いて適当に見積もりまして…
DSCF4564
ぽいと水苔載せます。
ちなみにこの水苔と一部の写真はheath氏から頂きました。いつもありがとう!
CcTlfj_B
適当に水苔盛ります。もりもり
ZNgGEAdO
しばります。
GNezKdkZ
本当は斜めに縛りたかったけど斜めだと成長点にぶつかるので縦に固定。
3dstlm8k
完成です。いえーい。
DSCF4567
ビーチーの隣において終了。

ちなみに横に付いてるの胞子葉は伸びてますけど貯水葉が出てこない。
根っこもプラプラしてますしいちど根ごと切り取って水苔に埋め込み直したいところ。

もう夏も終わりですからやるならはやめにやらないとですねえ。めんどくさい。
ではでは本日はこの辺で。ノシ

DSCF3131
ということで本日はひっさびさのカエル記事です。
実のところ、当ブログはわたくしの趣味をまとめる総合ブログであります。
ンで趣味の一角を占めるんのが生物趣味。
でわたくしはカエルメインに飼育してるつもりなんですよね。

…ほとんど植物で占められておりますが。
実のところ植物もカエルのために初めたことだったりします。
植物育成できるとカエルもイキイキとしてくるし

初っ端柄余計な話挟みましたが、今回はカエルのために作ったケースを解体します。
詳しいことは前回の記事を見てください

参考 アマガエル杯リベンジマッチ戦 - 雪白した射影 

ではまず全盛期の写真から1枚
DSCF3889
こちら。植物が大繁茂しております。
ブセウドベイレイ以外は上手く馴染みました。
チラはもうちょっと風通しがないとダメですねー。
パルダリウムみたいな(これはパルダリウムというのもおこがましいモドキですが…)
密閉空間で使うなら上層に配置してファンか何かで風通しを用意したほうが良さそう。

あとブセウドベイレイよりイオナンタのほうが丈夫でおすすめです。
今回はあまりがなかったので使いませんでしたが次使うならイオナンタです。

次に現在の写真…は撮りそこねたので解体途中のやつを1つ。
DSCF4509
こんな感じ。
いくつか植物を取り出した後です。元々熱帯雨林の植物中心に作ってるので
枯れこそしないものの根詰まりやら光量不足で徒長したり…。
少しばかりコンディションが落ちてきたので取り出して行くことにしました。

寒い時期にやるとカエルにもストレスですし植物にもダメージですからね。
今のうちにササッといじっておきます。
DSCF4508
カエル様。相変わらず1匹で飼育中。
やはりアマガエルは非常に丈夫で飼いやすいです。
他のカエルによくある謎の突然死とかもないし。初心者にオススメのカエルですね。
ケース内に植物植えてモサモサにしてやると様々表情が観察できて楽しいです。

よく肥えた野生のアマガエルを見つけたら追加する予定です。
でもなかなか御眼鏡に適う個体がいないんだよね。
DSCF4515
適当に突っ込んでおいたネフロレピス。
この場所は適任だったらしくてものすごく調子良かったです。
DSCF4516
根がポット突き破ってミズゴケまで達してます。
綺麗なミズゴケだったら再利用しようと思ったのにこれじゃあ無理ですね。
DSCF4512
DSCF4511
シンゴニウム。屋外で育てていたときはイマイチだったんですがケースに入れた途端に絶好調に。
これも根がポット突き抜けてミズゴケに達しました。最近は調子いまいちでしたけどね。
シンゴニウムにとってはちょうどよかったかな。
DSCF4514
根元に着生した謎のコケ。コケはよくわかりません!
DSCF4510
枯れてしまったネオレゲリアファイヤーボール。これはぼくの失態ですね。水やり忘れた…。
大きい個体なら時々水をやるぐらいで済むんですけど、小さい個体だとダメだ。
大きくなるまで屋外で焼いたほうが良さげです。
DSCF4527
もう片方のネオレゲリアファイヤーボール。
こっちもダメージ受けたけど立て直せる範疇でです。しばらく養生させます。

他にフィロデンドロンセロームとシラフカズラもありますけど写真撮り忘れたので割愛。

ケースから出した植物はそのまま植え替え。
出す時にガッツリ根を引きちぎってしまったので。養生させるためにも植え替えです。
DSCF4519
DSCF4520
シンゴニウムとネフロレピス。半年でここまで伸びました。

以下植え替え後の植物
DSCF4535
植え替え後のネフロレピス。結構根を切りました。
しばらく大人しくしてもらいます。
DSCF4541
シンゴニウム。気根伸びてますね。結構大きくなる植物なのでどう仕立てるか考えています。
DSCF4553
フィロデンドロン・セローム(みたいななにか)
これもまた大きくなる植物です。このフィロデンドロンは幹立ちするタイプですよねー。
今はいいけど将来は結構場所とりそう…。
DSCF4521
徒長しまくったシラフカズラ。根も貧弱ですしグラグラしてます。切り戻したいですねー。
DSCF4529
DSCF4530
整理後のカエルケース。だいぶシンプルになりました。

生えてる植物ですが左からスパティフィラム、オリヅルラン、オリヅルランです。
右端のオリヅルランは続投です。オリヅルラン余ってるのでね。強健で使いやすい植物です。

あとはコケを少々。元から生えてたやつと新たに投入したやつがあります。
上手く根付くかどうか。コケはよくわからないので育ったらラッキー程度に考えてます。
BlogPaint
以上で終わりです。疲れました。
つぎ作るときは数年放置しても問題ないパルダリウムにします…。
DSCF4526
貰ったり買ったりでだいぶ増えた観葉・熱帯植物

材料となる熱帯植物はだいぶ集まってきたので作るだけならいつでも作れると思います。
つぎは作るときは30×45の観音開きケースにしたいかな。エキゾテラみたいな。
プラケだと汚いですしメンテが非常に大変なので。カエルにもよくありませんし。

今回作ってみて色々わかりましたし近い内にケース購入して作りたいですね。
ではでは今回はこの辺で。ノシ

この前、パキポディウムの種まいたからまた記事にすると言ったな?
2012071800114137a
全滅しました…。何が悪かったんだろう。よくわかりません。
DSCF3941
デンシフローラム、グラキリス、エブルネウム…:;(∩´﹏`∩);:
アロエとかアガベとかウリとかもあったんでしたけど全滅でした。
何が悪かったのかさっぱり。

もう晩夏ですし次は冬型でリベンジだな。

ちなみに先日頂いたモニラリアとかリトープスとか亀甲竜などの冬型が冷蔵庫に封印されております。
さてさて発芽するかどうか…モニラリアは発芽して欲しいところ。最悪リトと亀甲竜は買えますからね。
モニラリアは置いてるとこ少ないですし…発芽して欲しい。

DSCF4495
前置きはさておき、夏型塊根たちの様子です。
輸送時に根を引きちぎってしまい抜き苗状態になってしまったヴェノサですが
元々活着してた株ということもあってサクっと活着しました。
DSCF4496
モッサモサですよ。見てて気持ちいいぐらいモサモサ。すげえ!
DSCF4498
これは抜き苗で購入したエレクタ。芽は伸びてるものの成長イマイチ。
発根はしてます。そこそこ伸びてきてもいます。
8月中には無理そうですが秋まで行けば無事活着しそう。

余談になりますがわたくし、ステファニア属結構好きなんです。
この柔らかい雰囲気の葉っぱが好きなんですよね。見てると落ち着きます。
調べたところ日本国内で流通してるステファニアは現在9種類。中途半端だな!おい!
全部とは言わないけど5種類ぐらい欲しい。ちなみにつぎのステファニアはピエレイ狙ってます。

DSCF4500
白馬馬ことパキポディウムサンデルシー。これも元気。
DSCF4501
少し大きめの鉢に植え替え。やはり塊根は黒いプラ鉢に限りますな。
(と言いつつ高価でオシャレな鉢も欲しいのですがまあ買えんわな。)
植え替え時、若干ブヨってましたが水与えたら戻りました。
DSCF4341
DSCF4342
立派な根ですね。コーデックスは繊細な印象あるので
あんまり切り詰めたくなかったんですがえいやと切り詰めちゃいました。

まー抜き苗状態でも生きてるぐらいだし、活着すれば強いんでしょうね。
DSCF4504
今年生まれのラメリーラモスム。そこそこ太ってきました。
小さいながらトゲもあります。カッコいいね。
DSCF4502
ダイソーアデニウム。変化なし。つまらん。
DSCF3951
DSCF3953
もう片方あったアデニウムですが傷口から雑菌が入ったみたいで
グズグズに腐って枯れてしまいました。お気に入りだったのにショック…

もう1つ立派なアデニウム買うか悩みましたがやめました。すでに1本ありますしね。
今いる子を立派なアデニウムに仕上げたいと思います。
DSCF4505
DSCF4493
先日フォロワーさんに頂いた実生もの塊根です。ありがとうございます!
頂いた種類はグラキリスやエブルネウム、断崖の女王などなど
変わりどころでパキコルムスディスカラーなんかがあります。

帰ってくる途中で立ちごけして葉がちょいと傷んでしまいましたが今の所大丈夫。
だからよ、枯れるんじゃねぇぞ…。

……枯らしたら本当に申し訳立たないですからね。がんばります。
DSCF4344
トックリランです。またの名をノリナ。学名はBeaucarnea recurvata
ぶっちゃけ塊根扱いされることが少なく塊根かどうか怪しいのですがね。
わたしは塊根だと思うので塊根ってことにしておきます。

つーことで今後当サイトではノリナやボーカルネア、カリナバスなど
ぼくから見てそれっぽい植物は塊根植物とします。ノリナは塊根いいね?
ノリナも今はボーカルネア属らしいですがこのブログでは旧属名で統一します。
そのほうがわかりやすいですし。

ちなみに某有名通販サイトでも塊根として扱われていたりする。
某掲示板の塊根スレでも塊根扱いだったし塊根でいいんじゃねーかなコレ…と常々思っている。

上の写真は植え替え時の写真。他にまともなものがなかった。探しておきます。
DSCF4343
ちなみにコイツなぜか根本からサボテンが生えてきました。
サボテンの実生やったことないですしたぶん生産段階かショップで混じったんじゃないかと。
もしくは食べたドラゴンフルーツの種子から発芽したか。なんにせよよくわからず。
今後とも要観察対象です。
DSCF4506
これ塊根じゃなくてケープバルブですけど。
紹介する場ないし似たようなもんだし載っけておきます。

ドリオプシスマクラータです。これは別のフォロワーさん1ヶ月ほど前に頂きました。
ありがとうございます!

この手の植物(ケープバルブ)は初めてなんですが割と上手いこと育ってます。
球根も少し大きくなってきましたね。ちなみにケープバルブも興味あります。
本格的にやるつもりはないですが隙間でちょいと育てられたらなあと思ったり思わなかったり。
ドリオプシスもいっぱいあるみたいで、流通してるのはマクラータが主みたいですが。

参考 Drimiopsis - wikipedia

まー、まずは塊根ですけどね。いっぱい増やしたいところです。
夏型ばっかりなんで冬型欲しいです。チレコドンとかオトンナとかペラルゴニウムとか。
色合いが淡くて綺麗な植物が多い印象です。チマチマ実生して増やしたいところ。


書くこともなくなってきました本日はこの辺にしておきます。ノシ

本日はちょっと前に行ってきた植物園のお話。
DSCF4204
写真多めで長いんで2段階構成です。

続きを読む

DSCF4436
グランデです。
DSCF4428
グランデです(二回目)
BlogPaint
グラry。…おふざけはここまでにしましょう。

ということでビカクシダのグランデを買いました。学名だとPlatycerium grandeです。
しかしビカクのくせにカブトムシみたいな見た目です。
なんでも大きくならないと胞子葉がでないとか。なんとか。

フーム…胞子葉でないのにどうやって光合成するんだろう。
貯水葉だけでも光合成できるのかな?
まあ。実際に育つんだから出来るんでしょうね。たぶん。
DSCF4412
実はわたくしが買ったのではなく、いつもお世話になってるheath氏が
出先のホムセンでお安いグランデを見つけたとのことで買ってきてもらいました。
ありがとYO!ちなみに980円です。安い!

そういや5chのビカクスレでも980円でグランデが売られてたとかそんな書き込みありましたね(ボソッ
いま苔玉グランデが全国に出回ってるのかもしれません。

DSCF4414
なぜか苔玉仕様。ナンデ!?苔玉ナンデ!?
DSCF4413
確かに過酷な環境に順応してるけどさ。グランデってでかくなるじゃん?
もっと小さいビフル系使えばいいと思う。おかげで安く手に入ったのでいいけどさ…。
DSCF4415
根本です。こんな状態でよく生きてるな。ほんとビカクは丈夫です。
DSCF4416
苔玉です。これにはめて育てるみたい。
DSCF4417
DSCF4418
グランデは他のビカクたちと同じ場所に置く予定。
今は台風近いので取り込んでますけど…台風過ぎたらここに置く予定です。

今回グランデを手に入れたことによって
眠っていたビカク熱が再熱してきました。つぎも大型の品種が欲しいなあ。
今考えているのはホルタミー、スパーバム、ワンダエ、コロナリウム辺り。
アンディナムとエレファントティスでもいいですね。
リドレイも欲しいですがアレは大型に比べると小さめなので、どうするか悩んでます
なんにせよ今年中にもう少し増やしたいところ。また安く出てたらいいなあ。

それでは。今回はここまで。ノシ

ダウンロード (30)
←のやつです。右はモンステラ。確かぼくが中学生の頃からあるので7年ものぐらい。
詳しいことは忘れましたが当時飼ってたアマガエルのケースに入れたやつです。
DSCF4297
これが現在。恐ろしい大きさ。
DSCF4298
DSCF4299
DSCF4300
図ったことはないですけど12号鉢かそれに準ずる大きさだと思っています。
根詰まりのたびに鉢上げしていたらここまで大きくなってしまいました…:;(∩´﹏`∩);:

流石にこれ以上の号数にあげるのも厳しい、かといって12号鉢で毎年植え替えるのも辛い…。
ということで少々切り崩し10号鉢に植えることにします。
DSCF4301
下半分カット。ついでにシャワー攻撃。
DSCF4302
だいぶほぐれてきました。ここまで1時間半。
EVBSITcO
だいぶ気根がほぐれてきたので買ってきた10号鉢にざっくり植えてみる。
avU9B3aG
ジョボジョボ…。

上2枚はheath氏(@heath741852963)に撮っていただきました。ありがとYO!
DSCF4330
と土突っ込んでこうなりましたという話です。
もうちょっと綺麗に仕上げたかったのですがいかんせん疲れたのでここまでです。
根付いて干からびた根を処理したらもうちょっと綺麗になるかな( ˘ω˘ )

しばらくは安静にしておきます。今回はここまで。

ノシ

実は先日塊根を中心に植物の種子をいただきました!
ありがとうございます。
パキポ、ステファニア、アガベ、アロエ等々好みのツボを突いたラインナップでした。
本当にありがたいです…✨夏物だけでなくメセンなんかもいただきましたので
こちらはしばらく冷蔵庫で寝かせて秋まで待ちます。

・今回まきまきしたもの

 Pachypodium densiflorum

pachypodium lamerei var. ramosm

stephania yunnanensis

以上の三種類。いずれも夏型です。
2番めはおなじみラメリーの変種。通常種よりも小型に成長するらしい。
3番めはよくわからず。検索しても日本語の文献が出てきません…。なんじゃこれ。謎のステファニア。
DSCF3840
播種するにあたって水につけます。
試しに今回はメネデールとベンレートなし。水道水ちょくでやってみました。
画像はステファニアウンナンエンシス
DSCF3841

片方沈みました。もう片方はへんかなし。
DSCF3843
しなびてんな~。ペーパーマリオに出てきそう。しなびたキノコ的な。
DSCF3846
俺はラメラモをまくぞーッ!ジョジョーーッ!
DSCF3899
DSCF3900
環境。使ってない30cmキューブにパネ匕引いてます。
腰水状態でラップして放置プレイ。
DSCF3898
一週間ほどでラメラモちゃんのみ芽が出てきました。
ほかはカビにやられちゃったみたいですね…。メネデールはともかくベンレートは必須みたいです。
一応ステファニアとデンシフローラム2つずつ鉢を取ってあるのですが駄目そうです。
DSCF3980
DSCF3981
その後2つ目が発芽。今回はラメラモ2鉢という結果でした。
デンシはまだ残ってるのそのうち播種します。ウンナンエンシスは近いうちにリベンジ予定。
つぎはベンレートとメネデール使ってみたいと思います。結果でたら報告しますのでお楽しみに!
今回はここまで。

ノシ

DSCF3860
花ゆずです。静岡のカインズで死にかけたやつ買いました。
2000円の鉢だったけど死にかけてたおかげで500円で買えました。やったね。
DSCF1232
手前のやつですね。ちなみに奥のやつはイチジク。
この時点は葉がしおしおでした。おそらく何度も水切れおこしたんでしょうねえ…。
入荷した商品はちゃんと管理してくださいな。
正直、これ植え替えて大丈夫なのか。
植え替えのショックで枯れるんじゃないかと心配したのを覚えています。
DSCF3478
DSCF3479
果樹園(大嘘)に住み着くニホントカゲ
DSCF3665
5月半ばになったら動いてきました。ちょっと安心した瞬間です。
ダメージ受けた分レモンより動き出すのが遅かったですね。
まあ元気に動いてくれればそれでいいです。
DSCF3664
なぜかキノコが生えてきました…。なんなんだ君たちは。
ちなみに下草はレモンと同じようにそこら辺に生えてたセダムです。
種類は違いますね。たぶん。
DSCF3860
最近のハナユズ。
ちょっと枝が伸びたかな。隣のレモンと同じく下草無双です。
 
DSCF3864
蕾っぽいものが出来てました。うまくいけば今年実が拝めるかもしれません。楽しみですね!
では今回はこの辺で。

ノシ

DSCF3861
レモンです。1月に見切り品として売られていた苗を買いました。
確か300円ぐらいだった気がする。結構小さめの苗です。
DSCF1228
購入当初。今見るとなかなか小さいですね…。品種はレモン21とか。
しかしこのレモン21って品種検索しても詳しい情報がぜんぜん出てこないんですけど!
誰か詳しい方いたらコメントかツイッターのほうで教えてください…。なんなんだコイツ。
DSCF1230
5号鉢に植え替えました。来年は8号にしたいですね。

動き出したのは4月みたいですね。意外と遅い。


一ヶ月後なぜか機嫌を崩すレモンさん

DSCF3463

DSCF3461
下草として道端に生えてたセダム植えてみました。
DSCF3464
若干調子が戻りました。一体何だったのか…環境を急激に変化させたのでそのせいかもしれません。
とりあえず日向に出しておいたら少しずつもとに戻ったきたと記憶してます。
DSCF3861
DSCF3796
そして現在…下草のセダムが爆発的増加。わけがわからないよ。
適当にまいた肥料と梅雨の雨が効いたのかも…。
DSCF3862
成長点が潰れたせいかなんか生えてきました。微妙な位置だなこれ…。
もうちょい上がベストなんですけど。
これを育てて3本に仕立てるか切って先端の成長を促すか迷います。
とりあえずしばらく様子見で。これ育ててるうちに先端も動いてくるでしょ。たぶん。
ではでは

ノシ 

DSCF3854
つーことでカサブランカに続きソルボンヌさんも開花です。
綺麗ですねえ。まるでいちご大福みたいな色合いです。もしくあイチゴアイスかな。
近頃の蒸し暑さを鑑みるとイチゴアイスが適当だと思います。はい。
DSCF3857
逆側から。
ソルボンヌとイエローウィンはカサブランカに続いてメジャーな品種らしいです。
ということはもっとマイナーなユリがあるんでしょうね( ˘ω˘ )

マイナーといえば前に八重咲きカサブランカを見たのですが
手持ちが足りなくて買えませんでした。八重咲きほしいなあ。
DSCF3855
このあと数日で蕾も咲いたかな。その後数日で萎みましたが…:;(∩´﹏`∩);:
やっぱユリはどいつもこいつも持ちが悪いですね。1週間ちょっとかな。
球根の関係もあるでしょうけど。一ヶ月ぐらい持って欲しいところです。

これにてユリの花期はおしまい。また来年です。
つぎは茎が枯れるまで待って掘り上げですね。枯れた頃にまた書きたいと思います。
それでは

ノシ

↑このページのトップヘ