1:

雪白した射影

忘れっぽい大学生が綴る趣味の備忘録。事実7割脚色3割でお送りします。

カテゴリ: 動植物

本日はビカクシダネタです。
DSC_1501
青空ってのは気持ちいいね!

ビカクシダとは

ビカクシダ属 Platycerium は、ウラボシ科シダ植物の1群である。葉には2つの型があり、1つは盾状に広がり、他方は細長く垂れ下がる。観賞用に栽培されることがある

(wikipedia ビカクシダより引用)

要するにウラボシ科のなんかお洒落なやつです!
ほら、なんか小洒落たインテリアショップによく置いてあるじゃないですか
無印とかほら…置いてそうじゃない?

余談ですがウラボシ科は着生シダが多く
シールドリーフでおなじみのドリナリアとか
巨大化するアグラオモルファとか
アクアで多用されるミクロソリウムとかがあります。

更に突っ込むとブセファランドラは
アヌビアスと同じサトイモ科です。
モンステラとかクッカバラの遠い親戚と言ったとこかな

閑話休題

元々ビカクは去年の秋から札落ち品を育ててたんですが
1ヶ月半以上留守にしている間に枯れちゃったんですね:;(∩´﹏`∩);:

で新しく買うついでに欲が湧いてきたので
ちょっと増やしてみました。
DSC_1505
まずはこれ。
えーと…ビフルカツムかアルシコルネか忘れました。
長ったらしい学名だったことと
2500円だったことは覚えてますw

どっちだっけ…。
IMG_20180129_012531_970
これは購入時の写真。
葉がシャキッとしてますね。
ちょっと今のアパートは西向きでおまけに寒いので…。
春になれば暖かくなると思うんですけど。
DSC_1503
platycerium veitchii.

これは素焼きで植えてます。
1月頃買いました。
1500円。
帰ってチャーム見たら750円でちょっとショックw
まあ現物見れて大きいのが来たと思えば安いと思ってます。

春になったら焼板につける予定( ˘ω˘ )
DSC_1502
platycerium willincky.

2000円(税抜)
上のやつと同じ店からやってきた。
大きくなるとファサーっと垂れ下がってかっこいいです。

以上3種類でした。
全体的にちょっと元気ないですけど春になれば復活するはず…(たぶん)


ビカクはいつか原種コンプリートが目標したいと思ってるんですが
さすがにいきなりは無理だろうと思いまして
10種類ほど選別してみました。

ビカク10種類

・エレファンティス
・スパーバム
・グランデ
・ワンダエ
・コロナリウム
・リドレイ
・ホルタミー

あとは上記3種類です。
とりあえず10種類目標に集めていこうかと思います。

今年中に8種類ぐらい集めてみたいですねー。

以上


ノシ

14fe52a75d6c5b61945c1713368bc353_t
と言うことで
本日はパイナップル科(=ブロメリア科)のお話。

パイナップル科とは

パイナップル科(Bromeliaceae)は単子葉植物の科。アナナス科ともいい、学名そのままにブロメリア科ともいう。パイナップルや観賞用のアナナス類など、60属1400種ほどを含む。

(by Wikipedia)

まー。いっぱいあるらしいですね。ええ。
パイナップル科の下にブロメリア亜科とか
チランジア亜科とか…。

ぼくのブログではブロメリア=パイナップル科の総称とし扱います。

つーことでぼくが育てるブロメリアを属別にご紹介。
同定は自信ないんで間違ってたら指摘していただけると助かります。

チランジア属
DSC_1394
シーディアナ

ダイソーでよく見かけるやつ。おっきい。
なぜか4個もあります。
DSC_1386
ジュンセア

細長い。
結構場所を取ります。
DSC_1392
カプトメデューサ

割りと好きなチランジア。
結構丈夫でそこそこ成長してます。
DSC_1387
フクシー

フワフワしてます。手触りが良い。
DSC_1381
ブルボーサ

これは一個だけしか持ってない。
(本当はもう一個あったけど、帰り道で落とした…)
ゆっくりとですが成長しています。クランプが楽しみです。
DSC_1383
ハリシー

自生地では絶滅の危機だとかなんとか。
未だ成長見られず。春になったら成長するのかな。
見た目は結構好き。
DSC_1389
イオナンタ

イオナンタも結構種類があるらしいですね。
詳しいことは知らないですけど。
もうちょっと増やしてテラリウムとかそっちに使うかと思ってます。
DSC_1384
ストリクタ

銀葉のくせして水が好きなめんどくさい種。
マメに水やらないと画像みたいにクルクルします。

正直、どのくらい水を与えたら良いのかよくわからないチラ。
現在、試行錯誤中。
DSC_1380
プセウドベイレイ

ダイソーでよく干物になってるチランジア。
境遇もそうだし
プセウドベイレイ(=偽物のベイレイって意味)
なんて可哀想な名前してます。

DSC_1382
メラノカクテル

硬質な葉っぱがかっこいい。
コイツも成長見られず。そのうち動き出すかな。
DSC_1395
ネオレゲリア属 ファイアーボール バリアガタ

タンクブロメリア系の普及種。
なぜか葉先から葉枯れしてます…。管理方法がよくわからん。

タンクブロメリア系はカエルと相性いいんで
ちょくちょく集めたいなーと思ってたり。
DSC_1396
フリーセア属 Sp.

ホームセンターで見切り品として売られていたもの。
既に花が咲いていたみたいで子株が発生してます。

これも管理よくわからないけどなんとか保ってる感じ。

以上。ブロメリアでした。
気が向いたらまた個別の記事にしてみたいと思います。


ノシ


追記

本日7日にダイソーとレモンで
チラ買ったので写真置いておきます。
DSC_1478
たぶん、ブラキカウロスとパウシフォリア。
パウシフォリアは自信ないです。
パウシフォリアだったらいいなあ。

DSC_1357
つーことでね。
この前やってた冬レプに行ってきました。
DSC_1358
DSC_1359
DSC_1360
会場内部はこんな感じ。
ずら~っと各企業のブースが並んでます。
なかなかカオスな現場でした…。
DSC_1361
DSC_1362
かなりレアなヤモリらしい。
正直ヤモリはレオパとかクレス、ヒルヤモリ辺りのカベチョロにしか興味ないので…。
なのでレアと言わてもよくわからないでした。
DSC_1363
DSC_1364
DSC_1365
DSC_1366
パルダリウムが陳列されてました。
ちょっと前はビバリウムって言ってたんですけどね。
なぜビバリウムじゃ駄目なんだ。パルダリウムじゃないと駄目なのか…なんなんだ…(哲学)

ちなみに使われてる植物は模造品ぽいです。
近くで見てないのでよくわかりません。

テラリウムはチランジア
パルダリウムはタンクブロメリアがメインっぽい。
というかどっちにしろブロメリアが多かったです。

テラリウムは乾燥しまくりだし、パルダリウムは湿潤過ぎて根腐しますしねえ…。
そう考えるとブロメリアすげえな!
DSC_1373
DSC_1374
DSC_1375
DSC_1376
ちなみにこれあエキゾテラのブース。
こっちはきっちり作り込んでありました。
DSC_1380
DSC_1381
DSC_1382
DSC_1383
DSC_1384
DSC_1385
とまあ適当にフラフラしまして撤収。
色々珍しいもの見れて楽しかったです。
DSC_1386
閉園後のツインメッセ。

以下買ったもの。
DSC_1388
桑の木 200円
品種はスイートマルベリーとかなんとか詳しいことは知らぬ
DSC_1389
レッドローチ2カップ 2000円
ちょっと増量しました。うまいこと軌道に載せたいですからね。
これ500円かと思ったんですが1個1000円だったんですよね…。
500円表記は何だったんだ…。

ちなみにレッドローチに関してはちょっと前に詳しい記事書いたのでよろしければみてね
IMG_20180121_173037
カエルの福袋 5000円
中身はアマゾンツノガエルのオタマ
クランウェルツノガエルアルビノ、アフリカウシガエル、餌です。
DSC_1392
当初はこんな感じで置いてました。当初はね…。
DSC_1395
DSC_1396
アフリカウシガエル
DSC_1394
クランウェルツノガエル アルビノ
DSC_1468
アマゾンツノガエル オタマジャクシ

とまあこんな感じなわけです。
本来はここで終わる予定でした。予定だったんです。
勘の良い方は既に察してると思うんですがね

DSC_1302
一昨日アマゾンツノガエルのオタマが死亡。
原因は赤虫による水質悪化ですね…。
パネヒもつけていましたし水も前日に交換しておきました。
ちょっとフラフラしているとこはありましたが普通に元気な範疇だったんですが。
少しばかり赤虫の分量が多かったようで思った以上に水質悪化が進み朝起きたら死んでました。

大変ショックでした。
アマゾンはボクにとっての憧れのカエルで変態をものすごく楽しみにしてたんですからね…。

DSC_1326
さらに次の日にクランウェルが死亡。
コレに関してはわけがわからない。謎です。
DSC_1469
ぼやけてますけど足を閉まって縮こまってるのわかりますか?
お迎えした時点で体調が悪かったのかなあと…。
アマゾンに関しては完全にぼくの落ち度ですがクランウェルに関しては。

コイツもアマゾンと同じようにパネヒの上に置いておき
水が汚れたと目視できた時点で交換してましたが。
まー……よくわからないです。本当に急死ですからね。DSC_1324

DSC_1330

IMG_2413(2)
サボテン底知れぬ魅力を秘めた物体。
わたしはサボテンに取り憑かれてしまったのだ…(遠い目)

……ということで最近入手したサボテンをメモ代わりに載せてきます。
王冠竜

とりあえずコレ。
左から王冠竜、竜神木、金晃丸、太郎閣かな?
王冠竜はちょっと自信ないです…。全部ダイソーで買いました。
左の2本は11月の終わり頃。右は12月にかいました。

ンで今日もまたサボテン買ってしまったんですな…( ´_ゝ`)
黄金紐

コレ。

よくわからない柱サボテンとフワフワしてる何か。
お馴染みマミラリアでしょうか?
もし同定できる方がいたらコメントしてもらえると嬉しいです✨
買ったときは綺麗だったんだよ…

着々とダイソーサボテンコンプリートしてる気がします。
あとはランポー玉、般若、綴化ウチワ辺りですかね。

まだ他にもあるのかどうか…。
そこら辺気になります。

以上


ノシ

2月9日 追記
DSC_1479
7日にダイソーで謎のギムノ買いました。
陰影がかっこいいですね。
たぶん、麗蛇丸かな?

こうして見るとうちにあるギムノ軍団と
同種っぽい感じがしないでもない…

9b906dfc-s

ここ最近上げる記事は日記時々植物その他って感じで
あまり動物のことに触れてない気がします。

じゃあたまには動物でも触れてみるかってことでレッドローチの記事にしてみました。
以下、大量のゴキブリが出てきますので苦手な人はブラウザバック推奨です。
続きを読む

1bd46831-s
たまには多肉のことでも書くかと思いまして
本日はフォーカリアのお話です。

去年の春頃にダイソーで買ったコイツ
1ec0c338
これね。
詳しいことは去年の記事参照です。
で、これを寄せ植えにしてたんですよ。
60e9416a-s

買った当初は夏型と思ってたんですが(見た目なんかアロエっぽいし…)
どうもコイツ調べてみると冬型のメセンの類らしい。

メセンって言うとリトープスとかコノフィツムのイメージが強いですが
こういうのもいるらしいです。はい。

で寄せ植えしたサボテンは夏型なわけです。
どうも育て方はサボテンと似てるらしいですが
何しろサイクルが逆ですし、寄せ植えにするには相性がよろしくない。

というわけで寄せ植えを崩します。
db20ced6-s
ちなみに寄せ植えしたウチワサボテンも調子よくない。

1ヶ月半ほど実家に帰っていて世話できなかったのでその弊害かな…と。
こっちも春になったら崩します。たぶん。
60e9416a-s

んで、引っ張り出してみましたが当然のことながら結構根が張ってます。
仕方がないのでちょいちょい切ったり切らなかったり。
fdb1e640-s

水はけを好むらしいので素焼き鉢と赤玉土オンリーに植え替え。
個体に対して鉢がちょっと大きい気がしますが

とはいえちょうどいい鉢がこれしかないので…:;(∩´﹏`∩);:
まあ頑張れ(適当)
546a443c-s
ちなみにこれは実家に帰る前に撮った写真。
こころなしか色もツヤツヤしてて葉っぱもプリプリしてる気がします。

植え替えたあともこれぐらいに戻ると良いなあ。

ではでは今回はここまで


ノシ

sabotenn
10月になりました。寒いっすね。冬がもうすぐそこまで来ているようです。
おまけになんか超弩級台風も来てますし。

ウーム…。

ということでやることもないですし、珍しく更新。


長めですので続きからにしました。
見たい方は続きからどうぞ。
続きを読む

2014_0107_061147-DSCF5124

こんにちは。暇魚です。
気が向いたので筆取ってます。

本日はアクアのお話。

1年半前に記事にしてた日本淡水魚水槽。ありましたよね?

と言ってもこのブログを一年間継続して見てるような暇人いないと思うんだけどさ(ボソッ)


結論から言っちゃうと


少し前に崩壊しました(´;ω;`)
2013_0402_093042-DSCF5705

日本淡水魚水槽

2015_1027_085602-DSCF6267
うなぎさんもいましたね。

コイツは
gatag-00007312
……ということで。
丑の日じゃないですよ。もうちょっと前ですよ。



崩壊なんて書きましたが、実際は人為的に水槽を畳みました。

理由は多々ありますが
60cm水槽に対して魚の数が多すぎるせいで水槽を維持できないっての一番の要因です。

なので少しずつ減らして行った結果、お魚さん達がドンドンいなくなり
アクア熱冷めてたこともあって畳んじゃいました。


なので今のところ我が家には空の水槽が転がってるだけです(´・ω・`)
畳んだ人間が言うのもおかしいですけど。水槽がない生活は寂しいっすね…。

直後はせいせいしてたんですけど、半年ぐらいすると段々魚が飼いたくなってきます。
1年ぐらいすると…禁断症状が出てきました。

b4571c2c2bc5725f6dda373bae78356c_clip
禁断症状を通り越して無になったぼく

なので予算がなんとかなったら水槽立ち上げようと画策してます。
アクアは一年ぶりなので前々から作りたかったコリドラスの水槽になるかな。

いつになるかわかりませんがのんびりお待ち下さい( ˘ω˘ )


ではでは今回はここまで。


ノシ

ダウンロード (6)
本日3月21日にて我が家のレオパはいなくなりました。
享年5歳です。

死因は脱皮不全からの拒食。
ハ二ーワームを与えても興味を示さず。

体に川が残っていたので脱皮と重なって体力を持って行かれたと思っています。
images (32)
以前紹介したこちらの子も1年ほど前に拒食にて他界しております。


去年の12月は痩せてましたけど餌は食べていましたし今年に入ってから一気に来た感じです。

レオパは比較的丈夫だと思い、忙しさにかまけて
面倒を見てなかったのが多分一番の原因かなと…。


これでわたしが飼っている爬虫類は同時期に買ってきたミシニだけです。
一時期様々な生き物がいたのにだいぶ寂しくなりました。

5年もいるとかなり情が移ります。


また機会があれば飼いたいとも思いますが
しばらく生活が落ち着きませんし数年後に拒食で殺すのも嫌なので
しばらく飼わないと思います。

5年間お疲れさまでした。

images (53)
寒暖差の激しい季節も終わり、
世間は春となろうかというこの季節。

誰が呼んだか春の嵐こと、春一番さんが吹き荒れるらしいです。
っていうか吹き荒れました(事後)

春一番とは
(某百科事典モドキから引用)

春一番(はるいちばん)は、北日本(北海道東北)と沖縄を除く地域で例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日などは寒さが戻ることが多い。これを「寒の戻り」と言う。


もちろん、春の嵐なんて言われるほど強力なもんですから
外置きの鉢なんかとんでもないわけでして。
images (52)
こうすっ飛んだあげくぱっくり割れたわけです。


この鉢はポリ系の化合物ですし、もともと劣化してたんでしょうねえ。
それに強風なんか来たら、そりゃ割れます。

吹き飛んだ鉢は5鉢。割と大きい紅小町まで吹き飛びました。
土も吹き飛びましたし、鉢も寿命のようなので良い機会だと言わんばかりに植え替えを決行。



早速引き抜いて整理。
images (51)
引き抜いたところ、残念ながら海王丸が腐ってたのでポイポイです。

image

せっかくですので、前から興味があった寄せ植えにチャレンジ。
なんだかおされなふんいきで気に入ってます。

ちなみに細長い奴は最近買いました。はい。


以下は寄せ植えサボテンたちをご紹介。
image

紅小町となにか

余り物の処理のために作った鉢。
ぎゅうぎゅうに押し込めてます
ダウンロード (4)
flower(大嘘)

金洋丸とよくわからんやつ2つ。
ちなみによくわからんやつは寄せ植え作るために買いました。
images (57)
白桃線と姫春星とでっかいやつ。

でっかいのも新入り。
見た目の割に結構、根が詰まってます。
images (58)
ミニサボテン三兄弟

右のやつ以外新入り。
ちっちゃくて可愛い鉢なので贈り物にしたら喜ばれそう。
ダウンロード (5)

余り物
使いどころのないやつを詰め込んだ。
特に意味はない。
images (44)

シャコバ。

唯一の単品。地味。



以上。
本日はここまで。

ノシ

↑このページのトップヘ