1:

雪白した射影

生物ネタ中心の雑記ブログ

動植物

真夏の亀甲竜

P7310077
去年実生した亀甲竜です。真夏なのに葉っぱ出してます…。意味がわからない。誤解されそうなので言っておきますけどメキシコ亀甲竜じゃなくてアフリカ亀甲竜ですからね。冬型ですよ。真夏なのに青々とした葉っぱだしてるし。しかも調子良さそう。ますます意味がわからない。
P7310079
ちっさい芋。これは別個体。
P7310080
でっかい芋。この個体は春から葉っぱ出し続けてます。おかげですっかり芋も大きく。後ろの個体は最近目覚めました。ちっさいですけど芋もしっかりしてますし元気。
P7310076
普段はこう。遮光してます。70%で西向きの屋根の下側に置いてます。午後から夕方まで日光が当たる箇所です。他の植物との兼ね合いで70%使ってますが亀甲竜だけなら50%ぐらいでも構わないと思います。
P7310081
上から。ここは春植物とか冬型多肉置いてます。塊根ペラルゴニウムだとかバイモみたいな山野草系球根だとか。
休眠中がほとんどだけど割と水やるエリア。毎日毎日30度超えでクソ暑いですが時々サッと水やってます。いかに冬型とはいえ干からびちゃうからね。基本的に塊根の断水はしない主義です。根っこ痛めちゃうんで。さすがにソマリア産の多肉だったら断水も辞さないと思いますが…。まあソマリア産の多肉なんてないしね。ちなみにソマリア産ならプセウドリトスがほしい。誰か譲ってください。
P7310084
冬型つながりでフォーカリア。この子は特に遮光せず。棚の上に置いてます。水もそこそこやってる。本当は遮光してあげたいんだけど場所がないので…。去年もこんな感じでしたが特に問題なかったし今年もこれで。


亀甲竜といえば8月の終わりに植え替えるのがセオリーらしいですね。他の冬型に比べて動き出しも早いらしい。でもウチの子達はずっと動いてるんだけど。いつ植え替えれば…。そろそろ個別に鉢上げしたいんですけどね。どうしたもんだか。

バンダ

バンダです。今年の2月に買ったやつ。
P7240011
いつ見てもエキゾチックな花ですね。
P7240010
まあまあでかい。合計6輪咲きました。
P7240018
見てくれが悪いですけど元気です。
P7240019
根っこニョキニョキ。梅雨パワーでニョキニョキ伸びました。ひたすら雨に当ててたんでよく根が伸びましたよ。また雨降ってくれないかな。さすがに晴天ばかりだと水やりがしんどい。外に出してからは日に朝晩スプレーで水やりしてます。面倒くさいと一回だけとかそもそもやらないこともある。一日ぐらいだったら萎れないですし特に問題はないですね。
P7240021
別カット。ノビル系に比べるとだいぶ遅いですね。まあ、奴らが早すぎるだけの気もしますが…。この時期は一瞬で伸びるからなあ。
P7060035
蕾の写真。ファレノと咲き方がそっくり。そりゃ近縁種ですから似ますよね。
P7240017
インスタにアップしたやつ。いいね全然もらえなかったw気に入ってるんだけどなあ。
このあと株の消耗を防ぐため花を摘み取り、切り花にしました。今は花瓶に挿して自室に飾ってあります。1年に2回咲かせる品種らしいのでまた近いうちに花が見られるでしょう。楽しみです。

ラジャとその他ネペンテス

ブログタイトル考えるのがしんどくなってきました。ネタ切れですよ。本日はこれでいきます。思いつかん。
P7240038
はい。ラジャです。しばらくぶりの登場。一時はこれこのまま枯れるんじゃないかと危ぶまれていましたがなんとか持ち直してきました。いやほんとね。

具体的に書くと葉っぱが展開するたびに下葉が枯れる症状です。まだ確信はできないんですがどうやら水が多すぎたらしい。雲霧林に生息してると聞いていたので常にビチャビチャの土壌が良いかと思ってたんですが。根っこがビチャビチャなのはそこまで好きじゃないみたいですねえ…。ビチャビチャの水やりやめて表土が白く乾いてから水やりをやる方針に変えたところ、下葉の枯れが鳴りを潜め葉っぱも少しずつ大きくなってきました。

先日書いたコロナリウムと似たような水やりです。ドライアウト寸前まで乾かしてからジャバー。
P5180026

これ導入直後の画像。確かGWに導入した気がする。成長スピードは思ったより早いです。ウチに来てから数枚出してるはず。数えてないのでわかりませんけど。少なくとも巨大種のビカクよりよっぽどはやい。
あとケース栽培やめました。どうしてもビチャビチャになっちゃうんで。導入した当初こそマメに葉水するなり温湿度計を細かくチェックしてたんですが。今は葉水も温湿度計も見てないですし水やりも気がついたときにやってます。でも今のほうが調子いいわけで…。なかなか皮肉効いてます。
P7240002
P7240004
で件のラジャですが試験的に場所を移してみることにしました。どうも袋付けない辺り日光が足りてないようでしたので。ラン置き場に移動です。風通しを考慮して吊り鉢に。この状態だとすぐにドライアウトしそう。怖い。
そのままだと吊り鉢用ハンガーに引っかからないため一回り大きな鉢に入れてます。2重鉢で冷えたらいいなあといった打算もないわけでもないです。
P7240003
こんな感じ。ラン置き場と言いつつ近くはチラばっかw

南側に遮光ネット張って北側にキンモクセイがあります。午後から日が多少当たる程度の場所です。今の所暑さでヘコたれてる様子もないですしいけると思います。
P7240007
下にはその他ネペンテスが置いてあります。ほとんど手をかけてないですが葉っぱもよく伸びてますし元気です。ただし害虫(アリ、ナメクジ、ダンゴムシのクソ三銃士)がそこそこ多くて食害がひどい。ガヤの袋とかアリが多すぎて袋崩壊してました。ナメクジも消化できないようで中から袋を食い荒らしていきます。やはり棚がないとダメですね。
P7240008
ダイエリアーナ。強風の日に吹き飛んで根っこと葉っぱが傷んじゃいました。若干調子落としましたけどそれ以外は特に問題なさげ。元気です。
P7240009
このあとめちゃくちゃオルトラン散布した。

アンプラリアです。ドライアウトさせたやつ。なんとか順応したようですけどいかんせん葉っぱが小さい。この夏に調子取り戻してくれたらいいんですが…。あとなんか食害されてる。食虫植物食うなんてほんとお前らいい度胸してるな。

今はこんなところです。今回は新規導入はなし。今のところは新規導入ないです。もうちょい手持ちのネペンと会話できるようになったら増やしたいですね。

それでは。

アリ植物 その後

P7060019
アリ植物です。アリノスダマだけでなくシダやランにもあるらしいですがウチにはアリノスダマ系統の植物しかありません(正確には過去にレカノがあったんですけどそれはまた別のお話)
P7060023
Myrmephytum celebicum

これこの前紹介したやつですね。ミルメフィツム セレビクム。ミルメコディアやヒドノフィツムに比べてたら見ない気がします。で、ベッカリーとどう違うのか未だによくわかってない。とりあえず花の色は違うのかな?素人目にはおなじに見える。何にせよどちらもかっこいいわけで。かっこよければまあいいんじゃね?と思っています。はい。
P7060031
Hydnophytum papuanum

新入り。ヒドノフィツム パプアナムだったかな。確か。フォルミカルムは比較的店頭で見ますね。パプアナムは実生の小さい個体しか見たことないですけど。
アリ植物の中ではヒドノフィツムが一番かっこいいと思ってます。枝が伸びる所が良いよね。木に着生した大木みたいで。木質化した塊茎とか最高にかっこいい。この子はまだ木質化してくれなさそうですけど。早く大きくなっておくれ。
P7060020
別のカット。雨が降ってる中慌てて撮ったのでこんな写真しかなかった。もっと全体写した写真を撮るべきでした。
P7060030
P7060022
Myrmecodia beccarii

これもちょっとわかりにくいですけど。ミルメコディアベッカリーです。ベッカリーは昨年紹介したんですがアレとは別の株。先代は4月頃に腐らせちゃって…。これは昨日買ってきた2代目です。他2つがうまいこと育ってるみたいだったのでまた導入しました。店頭で最も見かけるアリ玉。いや人によってはヒドノフィツムのほうが見かけるかもしれませんね。
P7060027
アリ玉の隣においてあるセロジネ インターメディア。

で、管理ですけどまー。着生ランみたいな管理しておけば育つんじゃないかな…。たぶん。いや知りませんけど。
P7060032
これもアリ玉の隣においてあるセッコク 雷山。

かれこれ半年ほど育ててみたいんですがよくわからないですねえ…。とりあえず水が切れると芋が柔らかくなる。低温になると活動が鈍る。管理がよろしくないといきなり腐る。着生植物だから風通し大事だと思う。前回腐ったのも風通しが悪い上に水が乾かなくて腐ったかなあと思案中。

あとこれは聞いた話ですが肥料と日光が好きらしい。ウチは70%の遮光で育ててますけど、もっと遮光率低くしても良いと思う。50%ぐらいに。あと無肥料です。活着したら液肥やろうかと思ってますがまだまだ根っこ張ってないみたいなので様子見です。
P5210087
東南アジア(大嘘)

思ってるんですけど東南アジアの植物ですし同じく東南アジア出身の胡蝶蘭みたいな管理すれば育つんじゃないですかね。しかしまあ、アリ植物はまだまだ情報が少ないですね。試行錯誤しながら育ててます(それでも去年に比べたらだいぶ情報増えた)なかなか大変ですけどこれはこれで楽しい。
P7060033
ウィリンキーも東南アジア出身だった気がする。

レカノプテリスとかも気になってる種類がいくつかあるんですけど、既にシダはビカクシダで手一杯なので手を出さないでおくつもり。ちなみに去年クルスタセアってやつ買ってみたんですが買った時点で見事に根腐れしててそのままお亡くなりになってしまいました…。あのときレカノプテリスはもう買わないと心に決めた。

無加温越冬もおそらく可能ではなんでしょうけど、ダメージ受けたままだと無加温は絶望的。治療するなら温室がないと辛いですね。初心者の方は根腐れしてないやつを買いましょう!絶対に!特に温室を持ってない人。山採り品や見切り品は買うな。実生を買え。
P7060028
あとこの子ら湿度が好きなんで梅雨の導入が最適だと思う。この時期ならあまり気を使わなくても育つし。気になってる方はこの機会に買ってみて沼にハマりましょう。ぼくはまだ膝下ですが来年には肩までドップリ浸かってるかもしれません。

サンダーソニア

P6290098
Sandersonia aurantiaca

サンダーソニアです。みんな大好き一属一種。今年導入。近所のホムセンで安くなってたので買ってみました。しかしまあ面白い花ですね。切り花として人気があるのも頷けます。
あとなんかどことなくホオズキに姿が似てる。もしぼくが和名つけるならセイヨウホオズキとでも名付けますね。
P6290096
花つきはしょぼいです。たぶん植える時期が遅かったせいかな。
おまけに肥培してないですし、水やりのタイミングが分からなくて水切らしたことも。
初年度ですし咲いただけ良しとしましょうか。
P6290097
根本が細すぎる。強風で折れそう。梅雨明けぐらいには花が終わりそうです。今年は肥培に努めて来年豪華に咲かせてもらいたい。

コロナリウムを綺麗に育てられるやつはうまい

P7010013
これは持論ですがコロナリウムをきれいに育てられる人はうまいと思う。9種類を育てて一ヶ月。一番気難しいのがコイツ。貯水率が高いのか水やりが多いと画像みたいに腐ってきます…。今までビカク枯らしたことないんで、栽培に関してはそこそこ自信あったんですが、コロナリウムやリドレイは難しいです。結構凹む。どっちもまだ枯れてないですけど調子よく育ってるとはいい難い。

コロナリウムが一番難しくて時点でリドレイかなあ。ぼくが育ててる種類だと。ちなみに3番目はマダガスカルエンセ。

うちの子山採りなんですけど実生株だとまた変わるんでしょうか。気になる
P7010018
現在は胞子葉を展開中。既に大きいですね。まだまだ大きくなるんだろうなあ。期待半分不安半分。大きくなってほしいけど大きくなったら場所がない。いやあるけど、部屋に緑を必要以上に置きたくない。程々にしたい。複雑な気持ち。
P7010022
黒い部分は普通に枯れてきました。とりあえず根腐れは免れたかな。肝が冷えました。これからは限界まで乾かしていきます。
P7010024
この時期、大型種のビカクは水を含みすぎてしまうので外と室内を行ったり来たりしてます。日照と風通し確保できるなら室内で育てるのが理想だと思いますよ。今は質の良いLEDライトが出てますしウチも導入して室内で育てたいですね。

画像はホルタミーですけど室内だと日照が足りないのか貯水葉が前にせり出してます。もっと日照あれば変わるんだろうか。
P7010031
ウィリンキー。東南アジア出身なのでこの時期は元気モリモリです。だいぶ大きくなりました。買ってきた時はしょぼい貯水葉と胞子葉しか出てなかったのにねー。9種類の中でも特にお気に入りの種類。
P7010035
こちらも室内常連のグランデ。コロナに比べると過湿に強くて育てやすい。乾燥にも強いです。実は君やっぱりスパーバムなんじゃないの?違う?最近はむしろスパーバムであってほしいと願っています。だってグランデだったら本当にでかくなるから…。
P7010037
2ショット。ウィリンキーも大きくなったけどグランデはさらにでかい。勘弁してくれ。
P7010041
すごく…大きいです…。
P7010044
ぼくの手じゃ大きさがいまいち伝わらないと思ったのでペットボトルの画像も用意しておきました。や、でかいね。そろそろ止まってもいいんだよ?
P7010056
最後にエレファントティスを。基本屋外で雨ざらしなんですがここ最近は雨が多いので中に入れました。普段は彼の位置にリドレイが座ってるんですがね。タイミングよくリドレイが乾いてたので外に出してます。

では、今回はこのへんで。

30cmキューブで海水水槽を立ち上げる

P6290015
えー。ということで立ち上げました。超低予算です。1万ぐらいですかね。たしか。
先に言っておくとバックスクリーン買えないほど金がないわけではなくバックスクリーンを買い忘れただけです。

タンクデータ

30cmキューブ
ライブロック 30cmキューブおまかせセット
プラチナリーフサンド極細 2kg
メガパワー 2045

コバルトスズメダイ1匹
謎の貝類 たくさん
マメスナsp. 1コロニー(サンゴの単位って何?)

ちなみに照明は買ってません。撮影用に隣の30cmキューブから間借りしております。
このブログほとんど園芸のことで占められててアクア関係扱ってないんですけど(検索ワードもほぼ園芸関係)実はアクア歴のほうが長いんですね。中学生の頃からやってますから。
園芸もアクアテラの延長で中学生の頃からやってますけど…本格的に腰を入れ始めたのはここ数年ですね。昔のブログ(ヤフーブログ)なんかに色々と書き連ねてるのでよろしければ。

そういやヤフーブログ消えるらしいですね。ライブドアブログもいつか消えるのかな?戦々恐々ですわ。
P6290061
お隣の淡水水槽。主に水草と好きな魚飼うために立ち上げたやつ。ブログ初登場。
めっちゃコケるのでなかなか映える写真が撮れない…。


コリドラスと日淡が好きでたくさん飼ってました。今はコリドラス2匹しかいませんし日淡もメダカぐらいのもんですが。余裕ができたら90cmで日淡やってみたいです。

海水水槽、実はずーっと憧れてまして。
アクア初めて一年目ぐらいの頃にはホンヤドカリを飼う水槽とか立ち上げてました。コケまみれで見れたもんじゃなかったですけど。あの頃は部屋中に水槽がありましたね…。冬でも湿度90%ありましたし。熱帯魚から日淡に比重が移ったのもその頃かな。…今は部屋中に植物が溢れてますが。植物もうちょい減らしたいところ。
P6290046
唯一の魚。コバルトスズメダイくん。昨日買ってきました。
シリキルリスズメダイとコバルトスズメダイどっち買うか30分ぐらい悩んでこっち買いましたよ。
いやーきれいですね~。青い魚がこんな300円で買えるなんて。しかもパイロットに使われるぐらい丈夫らしいですね。非の打ち所がない。

もう1匹アゴハゼ入れてたんですが数日前に飛び出してしまいした。残念。
ライブロックの隙間からヒョコヒョコ出入りする姿が可愛かったのに。時間のあるときにまたタイドプールで採集してきます。
P6290022
ホンヤドカリ(たぶん)右下のやつです。よく見ると足が見えると思います。
大小4匹ぐらいいるかな。
P6290023
右にくってついてるのがイシダタミガイ。
タイドプールで採集してきた変な貝類が色々います。まだ全部同定できてないです。
P6290024
ライブロックに付いてきたマメスナと思わしき謎の生命体。
P6210011
当初はこんな感じ。枝状ライブロックに付いてたのでライブロックを割って取り出し。
まーさかサンゴが付いてくるとは。当初の予定としては立ち上がるまでタイドプールの生命体で回しておいてある程度立ち上がってきてから照明付けてサンゴを投入する予定でした。おかげで計画が狂いまくり。水流もフィルターだけ。照明も不定期。立ち上げて一週間弱の水槽ですが元気にポリプ開いてます。ライブロックに付着してきただけあって非常に強健な個体っぽい。

この水槽はサンゴ水槽として少しずつ機材を増やしていく予定です。とりあえず照明付けたいんですけどなかなか入荷しないんですよねー。某おにぎり狙いです。入荷したら水流ポンプと照明取り付ける予定。入荷したらね。

ひとまずこの状態で回していく予定です。
つぎ更新する頃には青い照明が付いてサンゴが増えてるはず…。たぶんね。たぶん。

どくだみ

P6140035
Houttuynia cordata

身近な雑草の代表格。梅雨を告げる雑草でもありますね。
確かに雑草なんだけど花は綺麗だし食えるしお茶にもできるし何かと面白いくさだと思います。
栽培しても面白いかもなあと思ったことも1度や2度じゃないです。結局栽培しませんでしたけどw
P6140034
花時はなかなか綺麗。目を止める価値あります。
P6140032
そういやカラーリーフのドクダミあるらしいっすね。シェイドガーデンに植えるのもアリだと思います。とはいえシェイドガーデンの王者、ギボウシを倒すのは容易じゃないでしょうが。
隙間を埋めるイメージでドクダミ使うならアリかもですね。
P6140030
ちょっとめずらしい5枚葉のドクダミ
P6140033
こっちが通常個体。通常個体は十字架のような花弁なんですが今回見つけた個体はダイモンジソウみたいな花弁になってますね。面白い。八重咲きのドクダミはポピュラーですが五枚葉の個体は珍しいのでは?wまー、見つけたからどうということではないですけど…。雨で気分もうつむき加減な梅雨。足元に目を凝らしてみると少々面白いものが見つかるかもしれません。

今年もカジカガエル

P6140007
今年もカジカガエルを見に某渓流に。
P6140011
Buergeria buergeri

カジカガエル(のオタマジャクシ)発見です。
なぜか成体は見つけられないんですよね。全く見つからないというわけではないですが遭遇率がめちゃくちゃ低い。だけどオタマジャクシはいるし鳴き声も聞こえてくる。
なので生息はしているんでしょうね。数は少なくなったと思います。昔はもっといましたから。
P6140012
こうしてみると実に渓流の模様に溶け込んでいます。ちょっと目を離すとわからなくなりますし。
実際オタマジャクシをみつけるときってそこそこ苦労します。ジッとされると全くわからない。
まあこの子達は近づくとすぐ動くので大抵分かるのですが…w

生まれたばかりの子は目立ちますね。真っ黒ですから溶け込んでない。
ある程度大きくなって模様が出てくるとわからなくなる。
P6140017
今年は遅めの観察となってます。例年4月後半~7月前半ぐらいに産卵するみたいで。
今年は6月なので早い個体はもう上陸してますね。オタマジャクシも気持ち大きめです。
P6140018
遠目だと地味ですね。(近づいても地味だって?)望遠レンズが欲しい。
ちなみにこの記事の写真は全てオリンパスのキットレンズで撮ってます。
P6140019
渓流性カエルってすごく魅力的なジャンルだと思うんだけど人気ないのかなあ。
みんな華美なヤドクガエルに向いてますよね。まあぼくも金があればヤドクやりたいです。はい。

一時期カエル熱すごく高かったんですけど今はすっかり消沈してしまいました。
すごく好きなんだけど面倒見れないから。なにかしらツリーフロッグ飼いたいとは思ってますけど。
たぶんアカメアマガエルとベトナムコケガエルにするんじゃないかと思う。
P6140023
国産種も好きなんですけどね。場所がないからきっともう飼わないと思う。
むかしカジカガエルのオタマを拾ってチャレンジしたことがあったんですが結局上陸すら出来ないまま殺してしまいました。高水温が悪かったのか濾過が徹底できてなかったのか、今となってはわかりません。ただ殺してしまった子たちは悪いことをしたなと。それ以来カジカガエルの採集は止めて観察だけに留めています。
P6140024
カジカガエルですけど渓流の中でも流れの緩やかの環境に生育してます。勘違いしてほしくないのが止水ではないということです。あくまで緩やかに澄んだ水が流れていて真夏でも涼しい環境。溶存酸素量も高いでしょうね。エアレーションは必須でしょう。

流れの早いところにも生息しているといえばしているのですが急流はそこまで好きはないらしい。
口に吸盤が付いてるといえども得意ではないらしくたまに流されてる個体を見ます。
何ごとも程々にってことでしょうか。
P6140025
カジカガエルも準絶滅危惧種なんですよねー。モリアオガエルほどではないにせよ数は減ってます。国産種も採集だけじゃなくてヤドク並みにコンスタントにブリードされるようになるといいんですが。難しいからなあ。もし国産のカエル飼う方がいたらぜひ繁殖にチャレンジしてほしい。いま身近なところに生息しているカエルたちもいつ姿を消すかわからない。残念なことに刻々とカエルたちは姿を消している。絶対にしろとは言わないですけどね。出来たらチャレンジして欲しい。そう思います。

書くこともなくなってきたのでこのへんで終わりにします。
カエルネタはもうちっと増やしていきたい。それでは。

矮性キキョウ

P6120019
咲きました。キキョウです。去年の夏頃に買った矮性のキキョウですね。
どうやら矮性タイプのキキョウをまとめてアポイギキョウと呼称するらしいですが…。
じゃあアポイ岳産のキキョウはどういう呼称なんだろう。
ちなみにこのキキョウはコンパクトキキョウなる名称で売られていました。
混乱を防ぐためにも別の呼称を与えるべきです。


そもそもキキョウと言えばリンドウ並ぶ秋の代名詞のはず…。
うちの子はかなり早咲きの個体のようですね。まあ、咲いてくれるならなんでもいいです。
キキョウじゃなくてキキョウ科ですけどイワシャジンがありますし。
秋の風情はそちらで感じればよいのです。
P6120020
肥培したらまあまあ蕾付きました。満足満足。
本当は満開になってからブログにあげたかったんですけど思った以上に花型が大きくてですね。
おそらく満開になったら息苦しさすら感じるんじゃないかと。
ということで今回お披露目となったわけです。あとはまあ花時を逃さないようにですかね…。
このブログは日記兼ねてるので出来事はマメに書いておきませんと。
満開になったら追記するかもしれませんし。しないかもしれません。
とりあえず記録ということで。
プロフィール

暇魚

職業:コリドラスに転職しました

@暇魚のツイート
@暇魚のインスタグラム
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索
最新コメント
こまちゃん推し
のんのんびより