1:

雪白した射影

生物ネタ中心の雑記ブログ

動植物

夏型塊根もお目覚め

ぼちぼち塊根も目覚めてきました。去年と同じ時期に出芽です。
例年通り(例年と言えるほど栽培してない)
P5210032
じゃがいもとして愛でてるステファニア。
P5210035
萌芽自体は4月にしてたんですがイマイチ調子が上がらない。
何事かと思ってひっくり返したら去年出た根がほぼ枯れてました。
7号鉢に根鉢形成するほど出てたのに。冬の管理が悪かったんでしょうね。
根張りチェック後に6号鉢に植え替えました。植え替え後は少しずつ調子戻ってきてます。
P5210036
後ろ姿。
P5210042
P5210043
去年フォロワーさんに頂いた実生フォエチダ。冬は数枚残して落葉せず。
まるで中途半端にハゲ散らかしたおっさんみたいになってましたが
暖かくなったらだいぶモサモサになってきましたよ。

一度親株を見せてもらったんですが株も横にドッシリしててとてもかっこいい株でした。
この株も既に横に広がりつつあり将来がなかなか楽しみな株となっております。
P5210037
P5210039
これも頂き物のエブルネウム。無事に目覚めてくれました。
1年目の実生苗は緊張しますね。

パキポの中でも非常に丈夫でオススメの原種。
安定しているようですし今年は風雨に当ててビシバシ鍛えていきます。
P5210045
カクタス長田さんのホロンベンセ。去年の夏の終わりに買ったやつ。
これも管理悪くて目覚めがいまいちでした。今年はしっかり根を張らせたい
P5210046
トゲトゲです。
P5210047
去年実生したラモスム。ラメラモとも呼んでる。気分で呼び名買えてます。
これも目覚め遅かったかな。ただ根はしっかり生きてたので管理は悪くなかったと思う。
そういう性質なんだと推察しましたがどうなんでしょうね。

ラメリーより小型で置き場所に困りません。種も安いし丈夫。これもオススメ。
う一個ありましたけど最近腐りました。起き始めに水やりすぎたね…反省。
P5210049
腐葉土多めにしてます。表土は軽石が多いけどw
たしか腐葉土が4割。赤玉土、鹿沼土、軽石が2割ずつ。
去年は赤玉土だけで育ててたけど水持ち良すぎて腐りそうだったので排水性重視の土に変えました。
P5210051
アデニウム。通称ダイソニウムと呼ばれてる個体。
(ダイソー産のアデニウムだからダイソニウム。5ch発祥の名前)
3月頃から目覚めてました。早起き。
DSCF4502
去年のダイソニウム。
P5210054
まあ、太ったのかな。
P5210052
赤い新芽が綺麗。今年はもっと枝を増やそう。
P5210060
Fouquieria diguetii

ディグエッティ。去年買って冷凍保存してた種を適当にまいたらたくさん出ました(8/10)
室内で実生したんで徒長しちゃった。やばい。
P5210062
P5210063
この2つは比較的あとに出てきたので短いです。他の個体はゴボウみたいだよねw
P5210064
P5210065
白馬城くん。別名サウンデルシー。最近植え替えしました。
DSCF1361
去年の写真。今と比べると貧相だね。
P5210069
P5210070
寒の戻りで葉が傷んじゃいました。きたない。
P5210068
俯瞰視点。もっと綺麗に枝が出ないもんだろうか。
P5210071
ヴェノサと2ショット。
P5210073
夏型塊根はこうやって夏型の砂漠植物とまとめてます。
P5210091
P5210092
地植え実験してた縮玉とポリゴナ。
P5210093
ダイソーで買ったアガベっぽい何か。
(某スレではチタノタ No.1だと言われましたがどうだか…)

この子達は直射浴びせて雨ざらしにしておけば育ちますし楽ですね。

夏型塊根は以上です。出てこなかった子らはそういうことです…。
いただきものもそこそこあったんですが…。面目ない。


ちなみに2週間ほど前にグラキリスとカクチペスの2つをまいたんですが
寒の戻りで発芽した苗全部溶けました。なので今また注文してます…(´・ω・`)
寒の戻り絶対に許さねえ…。
P5210078
冬型はもうおねむのようで。休眠準備に入ってます。
例外として1個亀甲竜起きてますけどそのうち寝るでしょう。

???「冬型を起こさないでくれ、死ぬほど疲れてる。」
P5210098
P5210097
寝てるのか起きてるのかすらわからないやつ。
P5210079
こっちの雨林系着生塊根(長い!)はまた後日気が向いたときに。
それでは。今回は以上です。ノシ

ネペンテス増種

P5180015
…やあ。ぼくは名無しのオカヤドカリ。この暇魚と称するニンゲンに飼われてる。
今日はぼくがしゅ…えっ?今日はネペンテスの記事だって?

P5180016
ネペンテスです。ホムセンで買ったやつが4種類ほど増えました。
P5180017
P5180018
P5180019
P5180021
当初はジェントルとダイエリアーナだけにしておこうと思ってたんですが
見てたらつい欲しくなってしまい全部買っちゃったんですわ。おお、罪深い。

まあ、いい練習になるかなあと。ネペンの扱いよくわかりませんし。
これで経験値積めれば儲け物です。大きくなったら残り2種は手放す予定。

ちなみにコンポストは鹿沼土、赤玉土、軽石の3種類。鉢はダイソーの素焼き3.5号です。
ベラボン混ぜるのが一般的のようですが使いませんでした。ベラボンどうなんです?
なるべく手持ちの資材でやりくりしたいので。必要なら入れるんですけど。
P5180020
これは去年頂いたベントラータ。
2月半ばから外に出しておいたらこのような惨状になってしまいました。すまんな。
P5180022
落としたときに芽を吹き飛ばしてしまって。今脇芽出してます。
ネペン最強種とだけあって外で越冬できましたが調子を著しく落とすので非推奨。
今年は大人しく中に入れます。
P5180026
Nepenthes rajah

これはかの有名なネペンテス。ラジャ様。有名な某クローンです。
今月導入しました。かわいい。
P5180023
P5180024
もう既にあっついので遮光ネット張って山野草と一緒に管理することに。
遮光率は70%。70でも結構明るいですね。
最低一日に一回、余裕があれば2回ぐらいシャワーでミストかけてます。
手作業だとめんどくさいので機械導入したい…したくない?
P5180027
湿度計。14時に25度越えるか越えないかってところですね。昼間は20度~23度ほど。
湿度も常時80%あります。まあこれはダ○ソーの温湿度計なので精度はお察しです。
ちなみにこのケースもダイ○ーのケース。
P5180028
王者の片鱗が伺える真っ赤な袋。かっこいい!
P5180029
下葉だから生理現象か葉焼けだと思う。たぶん。根腐れじゃないと思いますが…。
P5180030
数時間日に晒したら若干色が変わりました。
水槽管理されてたらしくペッラペラな葉です。袋も緑だったしね。
うちに来てからは屋外管理なので袋はある程度色づいてきましたが葉はどうにもなりません。
P5180032
これは入れてるケース。うっすら水張ってます。この方法はそこそこ湿度稼げますね。

参考リンク:N.rajhaの栽培

ネペン自体情報が少ない植物ですがラジャは更に少ないですねー(´Д`)
それでも高山種の中では情報が多い方ですから。もっと情報増えて欲しい。
P5180034
P5180033
鉢は素焼きの胴抜き鉢使ってます。
よく拝見させてもらっているブログの方が使っていたのを見てぼくも真似させていただきました。

ネペンの中でも特に酸素を好むラジャにピッタリとかなんとかかんとか。

この胴抜き鉢自体は店で買ったものです。
主に山野草扱ってるお店なんですけど資材が豊富で面白いんですよ。
鉢だけじゃなく土もかなり種類あったし肥料はさらにこだわりが感じられるラインナップです。

苗はトリカブトとかテンナンショウがやすかった。種類はそんなになかったです。
P5180036
Nepenthes ampullaria 'green'

ラジャだけじゃなくてこんな子もあります。アンプラリアくん。
オクで落とした子。ほぼ湿度100%の環境で栽培されたらしく出窓に置いておいたらシナシナに…
あやうくドライアウト寸前までいきましたが寸前で気づいたのでなんとか。
新芽動いてるのでおそらく大丈夫だと思います。
P5180035
P5180037
ということで現在プラケに閉じ込めて栽培中。
梅雨辺りになれば元気になるはず…と信じて毎日せっせと霧吹きしてます。
早く外で栽培したい。元気になってグランドピッチャーを見たい今日この頃です。

春のビカク

このブログで最も注目集めてるキーワードってビカクシダらしいんですよ。
なんかグランデ関連でくるみたい。情報少ないですしね。わかります。
実際「ビカクシダ グランデ」で検索するとウチのブログが1ページめに来ます。
P5160068
ウチのブログに有用な情報ないです。ビカクに詳しい人にでも聞いてください。
14282b80dbd59f876917f5bd140c3ba6
トニオさんもこういってるし…


茶番はこんなもんにして本題。
長いことビカクの記事更新してませんでしたが生きてます。
ただめんどくさかっただけです。対して動きないから書きにくいんですわ。
P5170024
Platycerium bifurcatum

ビフルカツム。だいぶ大きくなったので付け直し。ほっといても育ちます。楽
P5170023
Platycerium veitchii

この子キレイに育てるの難しいよね…。
世話サボってグズってたけど調子戻ってきました。仕立て直したいからもっと貯水葉だしてほしい。

上記2種類は直射浴びせながら育ててます。
ビーチーはともかくビフルカツムはそろそろ遮光したほうがいいかも。
P5170007
Platycerium willinckii

ウィリンキー。大きくなりましたね。クセもなく大変素直です。
寒の戻りで葉が傷んじゃいました。キレイに育ってたんだがなあ…。
P5170008
左側の貯水葉は水切れ。右はなんだろう。虫にでもやられた?
もっときれいに育てたい。
P5170009
もう1つ出てきてます。やっぱり素直な良い子。
ウィリンキーもそろそろ付け替えたいですねえ。でもめんどくさいからやりたくないなあ…
P5170010
グランデくん。成長が遅い!とにかく遅い!ちなみにこの貯水葉うちにきて3枚目。
半年で3枚ってどうなのさ。つまり2ヶ月に1枚ってことになりますね。
P5170012
右側はダンゴムシに食われました。うまいんだろうな。

未だスパーバム疑惑ありますが全く見分けが付きません。どっちなんだろう
P5170014
Platycerium coronarium

コロナリウムくん。今年の3月27日に沖縄の某所からやってきました。
P5170015
うちに来てから出てきた貯水葉。成長速度はグランデより若干早いかなぐらい。
この子もクセがなくて丈夫だと思う。まあ水やりの加減がちと難しいですがね。
P5170017
Platycerium ridleyi

みんな大好きリドレイ。コロナリウムくんと同日にやってきました。
この子は寒さに弱いですねー。カトレア並み。それなりに保護したほうが良いと思います。
P5170018
寒さで若干芽が萎縮してしまいましたがなんとか動き出してきた。なんとか立ち上げられたかな。
P5170003
Platycerium holttumii

ホルタミー。4月21日にこれまた沖縄の某森からやってきたモノ。
この子も成長遅いですね!最近ようやく動き出してきました。ほんとのっそりしてます。
P5170046
Platycerium elephantotis

エレファントティス。4月29日に岐阜からやってきました。
P5170048
この子は思った以上に寒さに弱くて。貯水葉が茶色になっちゃいました。
なので最近は室内で養生させてます。
P5170052
ここ数日芽が動いてきました。この葉が完成する頃には外に出したい。
P5170053
platycerium madagascariense

まさか手を出すとは思わなかったマダガスカルエンセ。4月25日やってきました。
外においておいたら虫に食われました。
オルトランまいたら収まりましたけど不安なのでこれまた室内で育ててます。
虫のおかげで新芽萎縮しちゃいましたよ。○ね!クソが!
胞子葉出すぐらい大きくなったら板に付けたい。

以上で終わり!ビカク9種類でした。一気に5種類ほど増やしたので管理が大変です。
順化あるしクセがわからないし…。ビカクに限らず植物は徐々に増やしましょうね。


でビカクですがもう増やしません。
正確には増やせないってところですね。だって場所もキャパもないもの。
場所あったら交配種やってみたいですねえ。ダーヴァルとか最高ですよ(お値段も最高)

またなんか動きあったら個別に記事にします。それでは。
ノシ

コマクサ

P5150020
テスト投稿。詳細は後日。

山野草を実生する

DSCF5684 (2)
今回はぼくが最近めっぽうハマってる山野草ネタです。
もともと気になっていたジャンルでありジャンルのものを手に掛けることはあったんですが
本格的に手を出したのはこの今年からです。

それで手を出すならついでに実生してみるかと。種まき好きですし。
手を出した時期もちょうど実生適期でしたしね。ちまちまヤフオクで種を買ってまいたのでした。
今回はその記録です。
DSCF5686 (2)
こんな感じで。左上2つがユキモチソウ。右上がオクトリカブト。
ユキモチソウは発根してきました。オクトリカブトは動きなし!
4月の終わりに発芽するのが普通?っぽい。
練習用ですから良いですけど…出なかったら悲しい。

トリカブトといえばキタダケトリカブトが気になってます。北岳に産する矮性のトリカブトだとか。
知らなかったんですけどトリカブトって随分大きくなるらしいんですよね。
手にあまるような大きさだったら嫌だなあ。
…まあそもそも発芽してないので取らぬ狸の皮算用に過ぎないのですが…。
DSCF5688 (2)
さっき見切れてたの。ホトトギスです。シロホトトギスの種として買ったもの。
発芽率はなかなかです。2週間ぐらいで発芽してきたかなー。
なぜ実生したかと言うと去年カエル探しの最中に野生のホトトギス見たのがきっかけです。
View this post on Instagram

tricyrtis hirta 植物のホトトギス #山野草

暇魚さん(@himagyo)がシェアした投稿 -


上の写真はその時のもの。風情あって素敵な花でした。
これもデカくなるらしい。あと交雑しやすいのだとか。白以外が出たら嫌だなあ…。
ちなみに上手く行けば実生した年に花が見られるらしい。がんばります。
DSCF5689 (2)
右側。
真ん中がマツモトセンノウ。右がすみれ。
マツモトセンノウはオクで買ったやつ。実は元々カーネーションが好きでしてね。
センノウってカーネーションに似てるんですよ。科が同じですからそこそこ似てます。
(ちなみに去年カーネーション買ったけど梅雨に溶かした)

センノウは和風のカーネーションといった印象です。
一重のカーネーションとマツモトセンノウ比べてみればよくわかるはず。

でこのセンノウなんですがどうも斑が入ってる。しかも実生した個体の8割に白とか赤の斑が。
親が斑入りの個体なのかなー?ヤフオクで買ったから親の素性がわからない。
写真はノーマルの一重だったんですけど。
検索かけると斑入りって八重咲きばっかり出回ってるみたいなんですね。
八重だった嫌だなあ…。一重が欲しくて買ったのに。
その時はセンノウを庭植えにでもして一重の個体買い直します。


右のスミレはフォロワーさんから貰った種をまいたもの。
でもダメですね。発芽しない。乾燥させすぎちゃったかな。
DSCF5677 (2)
ちなみにこれが親ですね。今種作ってます。取れたらとりまきしてみます。
DSCF5690
こんなのもあります。コウホネ。
メダカ用にオクで落としたもの。種を買ってみたは良いものの育て方がよくわからん。
すでに発芽してるんですけど。赤玉土でも引いたほうが良いのか。どうなんでしょ。
しばらく様子見ます。
DSCF5691 (2)
別容器に入れてるオキナグサとミヤマオダマキ。
同時期に巻いたんですがオキナグサは発芽せず。種もしぼんでますしダメっぽい。
ミヤマオダマキですがこちらはボチボチ発芽してきてます。本葉出してる子もちらほら。
来年には花見れそうですねー。楽しみです。
DSCF5692 (2)

以上、山野草の実生記事でした。ボチボチこれから記録していくつもりです。
更新を忘れなければですけど。写真撮影めんどくさいんですよね。

上の写真は最近買ったトキソウ(チポ)とトキソウ(アルバ)です。
また機会があればご紹介します。それでは。ノシ

パルマスミレが咲く頃に

DSCF5580
パルマスミレです。
八重咲きのよくわからんすみれです。芳香性あり。
花粉の時期に咲くのでまあ匂いはわかりません。ニオイスミレとは(哲学)

どうやら毎年この時期になると売られてるみたいですね。
ちなみにこの株は去年買った2年目の株です。アルバもあるみたい。
DSCF5582
アップで。
なんかジャバジャバ液肥かけてたらたくさん花付きました。風情もクソもないです。
まあ八重咲きの時点で風情消えてるし。ま、多少はね?
DSCF5584
だいぶ株立ちしてきました。そろそろ挿し木して更新したいところ。
スミレの寿命は短いというのが定説ですから。
これもスミレみたいですし早めに更新しないとまずいでしょう。

それにこれだけ密集してると夏に確実に蒸れます。本種は耐暑性が若干劣るのでやはり芳しくない。
去年の猛暑越えましたからまったくないってわけじゃないですけどね。
秋に入るまでだいぶみすぼらしい姿になってました。

ちなみに本種は水大好きっ子ですが夏に冬のようにジャバジャバかけると
確実に蒸れて死ぬので乾かし気味推奨です。大事なことだから2回言いました。

水好きで蒸れやすくて耐暑性がない。3拍子揃ってます。涼しくしましょう。
腐葉土いっぱいの土に入れてますが花が終わり次第、鹿沼土と軽石主体の土に植え替える予定。
DSCF5583
ところで本種の学名ですがViola suavisであってますかね?
調べたところよくわからなかった…。とりあえず趣味園にそれっぽい種類載ってましたので。
準拠しておきます。すみれに自信ニキがいたら教えてください。
DSCF5592
こちらは通常のスミレ。こぼれ種で映えてきたやつ。
DSCF5593
アリストロキアの鉢に植わってます。
写真撮ったあと植え替えました。写真はないです。そのうち撮って載せておきます。

すみれもっと増やしたい。

サキシフラガの夏越し問題

サキシフラガなんて言うとお堅い感じを受けますが要はセイヨウクモマグサです。
毎年この時期に売ってるアイツ。
DSCF5572
×Saxifraga

これね。実はこの花が大好きでして。
このマット状の株から蜜に花が咲く点がたまらないのです。小さな花畑とでも称しましょうか。
世界がある。この株に世界が詰まっているのです。

でも高山植物と聞いて手を出してきませんでした…というのは過去の話。
我慢できずに買っちゃいました。可愛いからね。仕方ないね。
DSCF5578
結構デカい株だったのでぶった切って株分け。
3つほど選別して鉢植えにしてみました。せっかくなので用土は別々のものを選択。
軽石+桐生砂、軽石+富士砂+桐生砂、鹿沼土+腐葉土の3つです。

今のところは軽石と桐生砂が元気かな。まだなんとも言えないところです。
夏になればはっきりするでしょう。
DSCF5579
Saxifraga fortunei var. alpina

サキシフラガ繋がりでついでに。ダイモンジソウです。
買うつもり無かったのだけどものすごく安かったので(50円)
瀬の雪って品種らしいです。白花だとか。開花が楽しみですね。

また開花したら載せると思います。たぶんね。

匣の中のオカヤドカリ

DSCF4987
たまにはオカヤドカリのことでも書いてみます。
この手の動物って動きがないから書きにくいんですけど記録しておかないのもアレですし。
DSCF5458
とりあえずの現環境。
余ってた30cmキューブに砂を1/3ほど入れております。
あとは水が足りなくなったら水入れて霧吹きするぐらい。
画像にはないけどいつもはパネ匕2枚を側面付けて蓋してます。寒いからね。
DSCF5459
上から。ちょーっとゴチャゴチャしてます。まるでどこぞの汚部屋のようだ…。
もう少し貝殻減らしても良いかもです。あとサンゴ砂に変えたいところですね。見栄え悪いですし。
流木も海岸で拾ってきたモノです。よく登ってますね。

あと脱皮時なんかは流木の下に穴掘って脱皮してるみたいです。
とはいえ姿が見えないので本当に脱皮してるのかどうかわからないのですけど…。
DSCF5460
3匹の豚ならぬヤドカリです。
しょっちゅう貝殻変えるのでどいつがどれなのかわからん!

飼ってみてから思ったんですが30cmキューブに3匹はちと多かったかなと思います。
3匹入れるなら45cmは欲しいところ。大きくなったら60cm~90cmぐらい欲しいですねー。

10年以上生きるらしいですし上手く行けばサザエぐらいのサイズにはなるそう。
みんな大きくなったら水槽のサイズアップ考えてます。
それまで3匹とも生きればいいけど…どうだろ。がんばります。

カトレア増量の冬

DSCF5488
以前のラン展から1ヶ月半。
店頭で買い求めたりヤフオクで落札したりだとかでランが微増中です。
今回は記録を兼ねてご紹介したいと思います。
DSCF5474
DSCF5475
Cattleya trianae

原種です。また原種買っちゃいました。セルレアのシブリング株です。
将来どんな花が咲くか今から楽しみで仕方ありません。
DSCF5479
Myrmecophila tibicinis 

なかなか耳慣れないランだと思います。こう見えてカトレアの親戚。交配可能だとか。
そして体内にアリを住まわせるアリ植物の1種でもあります。
ミルメコディアとかレカノプテリスのランバージョンと思ってもらえれば。
DSCF5480
Cattleya harrisoniana

なにげに初の2枚葉カトレアです。トリラベロのセルフ株らしい。
トリラベロ咲くんかな…。実生なのでまだ未確認。
DSCF5484
Laelia purpurata

(元)レリアのパープラタです。花の色はセミアルバ。
個体名はついてません。大輪性カトレアの交配に必ずと行っていいほど使われてるやつ。
なんで使われてるのかは知らん。花が好みなので買ってしまいました。
そこそこでかくて場所取る点が難点ですね…。
DSCF5485
Lc.Stephen Oliver Fouraker 'Addison'HCC/AOS

唯一の大輪カトレア。もっと欲しいのだけどなかなか売ってない。
あと売ってても高い!ついでに言うと好みの株もない。そんなわけでこれ1つだけです。
こいつもなかなか丈夫です。

そしてこんなものも買っちゃいました。えへへ。
DSCF5496
Vanda Liz Letzler '66'

でっかいでっかいバンダです。場所取ります。手間もかかる。耐寒性もない。
だけど欲しくて買っちゃいました。お値段2000円。某ホムセンにて。
上の折れている葉は持ち帰るときに折れたものです(´・ω・`)

バンダは世話が大変だから大型種はこれだけにするつもり。

ところでこの66って個体名かっこよくないですか?コードネームみたい。
すごくかっこいい。中2心が刺激される

DSCF5497
耐寒性調べるために一昨日から外に置きっぱなしにしてるのですが若干葉が黄ばんできました。
7度程度だったら一時的ですが耐えるっぽい。それなりにダメージは喰らいますけどね。
無加温でも室内なら越冬できないこともなさそうです。
DSCF5499
取り急ぎの報告ということで以上で終わりです。
球根性ランなんかも増えてきてるのでまた機会があれば紹介できればと思います。

また気が向いたときにでも。

新春ラン展ツーリング

DSCF5317
1週間ほど前に富士らん友会の第27回洋ラン展を見にツーリングしてきました。
今回はそのツーリングの詳細とランを少々の記事です。
DSCF5309
ラン栽培家の朝は早い。

…本当は自宅前の写真から始めるべきなんでしょうけど撮り忘れたので。
カインズで休憩中の写真です。この日の出発は朝7時。
休日なのになぜかバイトと同じ時間に出発。意味がわからないよ。
それでもそれなりに混んでましてここにつくまで1時間ぐらいかかった気がする。
DSCF5310
DSCF5311_LI

再びカインズからカインズへ。国1のカインズです。
ちなみにこの日初めて国1通りました。ちょっと緊張しました。
無料の高速道路とか覆面がウロウロとか聞いてたので。結果としてはそうでもなかったです。
でも流れ早いのは確かですね。最も夜中の県道のほうが荒れてるのですが…。

買い物してたらシェルパくんが止まってたのでパシャリ。いいなーオフ車。
ybrくんもとてもかっこよくて好みなんですけどオフに入れませんからね。
いつかオフ車に乗ってみたいものです。もしオフ車に乗るとしたらセローです。
セロー。セローが良いんだ…。セローに乗りたい…。
DSCF5312
すんごくどうでもいいことだと思うんですけど報告させてください。
見切り品のバナナはコスパ最高!

ちなみにこのシェルパくんybrくんと同じ店の出身でした。世間狭い。
(同じ店のステッカーが貼ってあったw)
DSCF5316
さらにもう一度休憩をはさみまして…。
DSCF5317
無事に到着。
DSCF5319
会場です。この時点でテンションが爆上がり。
心臓が静かに早鐘を打ち始めたことをよーく覚えています。実物見ると違いますね。
興奮を胸中へしっかりと抑えつつ展覧へ。
DSCF5320
早速お出迎えしてくれたのはリカステ!
実はこの属が大好きでして…憧れていたんですね。シンプルかつ気品を感じるその姿。
ストライクゾーンど真ん中です。素晴らしい!

リカステといえば暑さに弱く夏越しが難しいクールオーキッドとして有名。
いつかスキンネリをこの手で栽培してみたいものです。

だいぶ脱線しましたね…。閑話休題。
DSCF5321
一応タグを撮っておきました。
DSCF5322
DSCF5323
かとれあ!
上は原種…?っぽいけど交配種かな。下は明らかに交配種ですね。
ランといえばカトレア。カトレアといえばラン。ランの中のランです。
例に漏れずカトレアが大量に展示されておりそれはそれは眼福でありました。
ありがとう!そしてありがとう!
DSCF5324
アングレカム ディスティカム(Angraecum distichum)かな。ユニークなランですね。
アングレカムと言えば1年前にディディエリを買って栽培していたのですが
冬越しに失敗してからしてしまったんですよね…。いつかリベンジしたい。
DSCF5329
DSCF5330
元オンシジウムの黄色いアイツ。
蛾みたいなランだなあと思いつつ1つ欲しいと考えてしまいます…。
物欲・滅殺!
DSCF5326
DSCF5327
案外リカステが出品されていたように思います。
ランの展示会ってのは初めてなんですけどこんなもんなんですかね?
DSCF5331
ラン展のもう一つの側面として即売会があります。
大抵のラン展は即売会をやってるとかなんとか。Hmm…
こんな立派なラン見せられたら買わざるを得ない。
DSCF5332
売り物として売られてたやつ。レリアっぽい。

その後は売り場と展覧を行ったり来たり。
挙動不審そのものですよヘヘッ。ランが見てえ!でもランを買いてえ!
気持ちのせめぎあい…。本能の赴くままに行動してたらただの不審者になってしまった。
DSCF5334
DSCF5335
DSCF5336
ご立派ァ!
DSCF5337
DSCF5338
これ難しいやつだ…!と思って撮った一枚。
たぶんden. nagomiだと思います。
nagomiは皆さんお馴染みDen. cuthbertsoniiDen. bracteosumの交配種だとか。
ブラクテオサムというとニューギニアの中温性のデンドロですね。

高地性デンドロにかけて強健な交配種作る目的で使われることが多いみたい。
ちなみにブラクテオサムの標高はISOPEによると700m~1100mぐらいとかなんとか。

カスバートソニーは750m~から3500m

ナゴミの耐暑性がすんごく気になる…気にならない?
わたし、気になります!

姿見るとどうもカスバの影響が濃いみたいだし
カスバの人気の割に普及してないところ見るとなさそう…。
この見た目で耐暑性あれば最高なんですけどね。

雑感ですが1500m以下が平地で栽培可能なラインという印象。
1500m超えるとジリジリと耐暑性が減っていくイメージ。
ブラクテオサムも低いと言ってもそれなりに高いところですから厳しいのかもね。
DSCF5375
栽培中のden. hibiki

似たような交配種にden.HIbikiというものがあります。
Dendrobium bracteosum × Dendrobium laevifoliumの交配で
暑さにも寒さにも乾燥にも強い最強のランです。オススメ。
ぼくも1鉢持ってますが本当に強いですよー。コンパクトで綺麗ですしね。

またそのうちブログの方でご紹介させていただきます。


また脱線してしまった…。では再び。
DSCF5340
無造作に置かれた単茎性のラン達。どれも3000円ぐらいでした。
ほしかったけど場所も金もないのでスルー。
DSCF5341
DSCF5342
名著がこれまた無造作に…。
勝手に読んで良かったのか?結局眼の前の実物に夢中で開くことすら叶わず。
今度見かけたら読みたい。
DSCF5345
売り物のパフィオ。
実はパフィオも好きなんですが場所がないので置いてない。
とはいえラン愛好家としてパフィオを育てたことないのはどうかと思うのですよ。
なので今度デレナティ買ってみようかと思ってます。色合いも好みですし葉もきれい。
小型で作りやすい普及種だとか。入門にぴったりですね。楽しみです。
DSCF5346
レリア。素敵な色合い。そして清楚な花が素晴らしい。
カトレア類ではレリアが一番好きかも。
DSCF5347
最後まで買うか悩んだ株。真っ赤なお花が素敵。
赤いミニカトレアが欲しくて探しているのですがなかなか買えない。
今回は予算の都合上諦めました。次は買ってやるかな!待ってろよ!
DSCF5349
DSCF5350
再び展示を回りつつ…
DSCF5351
またクールオーキッドを発見。タグはボケててよくわからず…。
たぶんDen. subuliferumだと思います。
300~2000mに産する種らしいです。もちろんニューギニア産。
可愛いですね。暑さにはそこそこ強い種らしい。今度買ってみよう。
DSCF5352
オンシの群れを横目に
DSCF5354
カトレアをまた見て
DSCF5353
またクールに…。Den.dichaeoidesです。
買うか悩んだ末に買わなかった。喉から手が出るほど欲しかった。
でも得体の知れないクールを持ち帰るのは気後れしまして…
名前ぐらいしか知らなかったものですから。

1500~2500mに産するクール種です。難しいんだろうなあ。でも欲しいなあ。
今度見たら間違いなく買うと思う。

ほらこんな安い値段で流通してるってことは商業的に利潤が出るってことだし
この値段で利潤が出るほど育てやすいってことなんだよ!たぶん!!!
DSCF5360
そして帰宅へ。楽しいラン展でした。つぎ来るときは財布に諭吉を数人入れておこう…。
DSCF5363
今回の走行距離:204km 総走行距離:3884km

自宅25km手前の山道で雨に降られましてびしょ濡れになって帰ってきました。
やー大変だったね。峠とかスリップしそうで…本当に本当に。ヒヤヒヤしました。

実は今回初の200km超え日帰りツーリングでした。
普段は100km前後なのでそこそこ伸びたと思います。
つぎは300km。最終的には500km日帰りツーリングしたいですね。
DSCF5364
それでは今回の戦利品です。
DSCF5366
Dendrobium.loddigesii.
よく見る原種デンドロ。
もっと大きいもの想像してたのですが実物が思いの外小さくてびっくり。
500円
DSCF5368
denrobium. Uaeng Thueng
初のカリスタ系!本当はフロリダサンシャインが欲しいのですけどお値段的に無理なのでこっちに。
そもそもリンドレイすら売ってなかったしね。売ってても買えないだろうけど。
リンドレイとジェンケンシーの交配種というのが通説ですがさてはて…。真偽はいかほど。
500円
DSCF5371
Dinema polybulbon
確か一属一種の原種だよなあ…とか思いつつうろ覚えで買ったやつ。
買ってから調べたんですけど水好きなランらしいです。セロジネと同じ管理でいいかな。
DSCF5372
Coel.Intermedia
実は今回セロジネ目当てで来たのです。セロジネ探すと意外と売ってなくて…。
花芽もついててこの大きさで300円!安い!素晴らしい!
これだけでも買いに来た甲斐があるってもんですわ…!開花がとても楽しみです。
DSCF5377
なんだか3月にも三島で洋らん展やるらしい。
こっちのほうが回数重ねてるみたいですね。これも予定が会えば行きたいと思います。
3月が楽しみですね。それでは!ノシ

プロフィール

暇魚

自分をカエルだと思いこんでいる魚

@暇魚のツイート
@暇魚のインスタグラム
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索
最新コメント
こまちゃん推し
のんのんびより