1:

雪白した射影

気が向いたときに更新してます。

日記

ブログ5周年

早いものでこのブログを立ち上げてから5周年だそうです。やったね。
比較的飽きっぽい人間なのですがまあよくつづいたなと。思います。

最近はモチベ低下気味でまともに更新してないんですけどね。
これからも気が向いたときに更新しますので良ければ見てやってください。

それでは。

生物趣味の限界点

ぼくは物心ついたころから自然に囲まれて育ってきました。気がついたら用水路でおたまじゃくしや魚を採ったり、草むらで虫を探したり。
だからか知りませんけど生き物を飼育、観察するのはとても好きです。小さい頃からずっと続けてる数少ない趣味。最近は興味の対象が魚と植物に移りつつあり特に後者に力を入れてます。

いやしかし、ずっとこの趣味続けたところでなにか極められるわけでもないんですよね。せめてなにか1つの種類、いや属とか科レベルでも構わないんですがね。なにか1つ専門的な種類が欲しいなあとか、最近良く考えてます。この分野では右に出るものはいないとかね。要はスペシャリストになりたいと。

じゃあ専門的にやるほど興味深い種類がいるかとそんなことはなく対象が散逸してる。
新しい種類に手を出しある程度興味ある種類集めたらそこで終わり。ダラダラと維持するだけ。魚も植物もそう。まだ魚は死ぬ分だけマシかも知れませんね。植物は一度手に入れたらロクに世話しない限り半永久的に生き続けますから。1年草みたいな特殊な例を覗いた場合ですけど。でも魚も似たようなもんですけどね。植物よりペースがゆっくりしてるだけでほとんど似たようなものです。

ゼネラリストがいくらスペシャリストに憧れたところでスペシャリストにはなれんのです。少なくとも行動せず妄想だけで終わっているうちは。


どうせこれからもダラダラとこの趣味続けるんだろうなあと思ったら嫌になってしまいましてね。筆を執った次第です。この分も寝っ転がりながらダラダラと書いたので非常にダラダラとした文になっております。推敲もしておりませんので。では。

ツイッターのアカウントを変更しました

とりあえずご報告ということで。ツイッターのアカウントを変更いたしました。
パソコン版で見ると右側にぼくのツイートが垂れ流しで表示されます。

ぼくの煩悩の塊を眺めたいといった奇特な方はぜひぜひフォローしてください。フォロワー数少なすぎていつ凍結されるかヒヤヒヤしてるもんで…。いやね。もうちょい増やしたいんですよ。せめて50人ぐらい。ぜひフォローしてくれ。

ツイッターがロックされた件

実はですね。数日前にブラウザ版ツイッターでアカウント追加しようとしたらロックされちゃいましてね…。ただいま本垢が使えない状況になってます。
しょうがないんで今は最近取得したアカウント動かしてます。

まー。いい機会だからアカウント転生しちゃおうかなとか思ったり思わなかったり…。あのアカウントも10年近く使ってるから色々しがらみがありましてね。とまあ色々思考してます。ほんとどうすっかなー。
このブログだけ残しておいてツイッターとインスタ消してしまうのもアリかもしれません。
もしくはSNSで名義別にするとか。ブログとツイッターの名義一緒だと変な人に粘着された場合とか非常にめんどくさいんですよねえ…。

あのアカウント、当初はブログの宣伝用に作ったんですがね。今はそこそこ検索から流入してきますし、なんかツイッターのほうがメインになっちゃってるし。なくても困らないといえば困らないかな。このままロック解除されなかったら新しいアカウント作る予定。HNは変えるかも見る人が見たときにわかるような名前にするつもりですが、全く関係ない名前にする可能性も無きにしもあらず。

時々無性にシガーロスを聴きたくなる

不思議なことに時々無性に聴きたくなるものがあってシガーロスのアルバム「takk…」はその中の1つ。シガーロスは聴いてるとまだ無垢だったあの頃に戻れる気がする。気がするだけで絶対に無理ですけど。戻れるものなら戻りたいですねぇ…。


このバンド、荘厳で美しい曲ばかり書くんですよ。純粋なんです。俗世に染まっていない。その上でノイズやらボウイングやら実験的な面も備えてる。面白いですよねー。ノイズ使ってこんな綺麗な曲書くなんて感性がぶっ飛んでますよ。素晴らしい。




それと暗めなアルバムが多い中このアルバムはすごく明るくてそこも気に入ってたり。よく比較に挙げられる()とAgaetis Byrjunも素敵なんだけど全体的にどうしようもなく暗い。もちろん暗い曲だって好きですよ。でも気分が高揚してるときには明るい曲聴きたいのです。


ライブバージョン。このアルバムではこの曲が一番好き。バンドサウンドを核にしつつグロッケンとヨンシーの声が絡まる。これだけでご飯3杯いけますね。最高です。


曲調がくらいだとか明るいだとか散々書き散らした上ですが暗い曲貼ります。でもこれが曲中でいいアクセント出してるんだな。アゲイティス・ビリュンは絶望の中に差し込む1筋の希望って印象受けますけどこのアルバムは希望の中にほころぶ暗闇って印象。

「何を言って」の画像検索結果
言いたいことはわかる。でもぼくはそういう印象なんだもん。流してください。

その点シガーロスってすげえよな。最後まで余韻たっぷり。……トッポのCM見なくなりましたねー。無性にトッポ食べたたくなってきた。明日買ってこよう。

それでは。

今更スイッチ版ダークソウルリマスターにハマる


「ダークソウル リマスター」の画像検索結果
リマスター版のダクソにはまってます。10日に届き本日の夜中3時に今クリアしました。
せっかくなので感想をテキトーに記しておきます。
D_-4zHvU0AADteT

プレイ時間。まあまあやったんじゃないでしょうか。最近ゲームもマンネリ化してて思い切って今まで手を出したことがないソフト買ってみたんですが正解でした。ダクソは面白い!

触って思ったんですがスーマリ3に似てますね。理不尽なところが。最近のマリオは簡単ですけど昔のマリオってすごく不親切なんですよ。5機しかないし一度失敗したらマップの最初からやり直し。アイテムもほとんど手に入らない。

ダクソも一度死んだら経験値は全て没収。セーブポイントからやりなおし。その上初見殺しばっかり。敵の攻撃力はやたら高い。初日は死にまくりでしたねー。今も油断するとすぐ死にます
IMG_20190721_164621
その分敵を倒したときは爽快。思わずガッツポーズしたこともありました。

ちなみにこれはラスボス戦のスクショ。ラスボス自体はそんなに強くなかった。道中のボスのほうが強いですね。
IMG_20190721_164615
キャラメイクできる点もいいですよね。ぼくが触るゲームは主人公固定されてる物が多いので。あとはもっと細かくキャラいじれたらいいんですけど。ざっくり作れるぐらいでそこまで細かくいじれません。で、その中でなんとか可愛い主人公を作ってやろうと思って作ったのが上のやつ。30分ぐらい格闘しましたがこれが限界。可愛くなりてえ…
IMG_20190721_165521
会話に使えそうなのでスクショしておきました

もう1つ大きな魅力としてNPCをあげたい。ダクソのNPCは一癖も二癖もあって面白い。ウィットに富んだ口調で主人公をディスってくるんですわ。まさかひやかしただけでディスられるとはね…。
D_zl0G0VAAALGNu
NPC達がみな陰惨な運命を辿ってしまうところも○ ご都合主義なんかクソ食らえ!ただソラールさんに関しては幸せなルートあっても良かったんじゃないかと。ハッピー、トゥルー、ビターの3ルート欲しかったですね!もちろんソラールさんが一番ですけどカルミナ師匠も捨てがたい。クーデレ最高。

それとBGM。ラスボス戦のBGMは秀逸でしたね。通常のボス戦なんかも捨てがたい。ただどちらかというとSEが目立ってるゲームなんで期待するものでもないですね。BGMも重視してる民としては少し残念です。ゲーム性とか世界観との兼ね合いもあるし…しょうがないね。

もう1つストーリーもそこそこ気にするタイプなんですが、これも薄かったですねー。ダクソはシステムに重きを置いてるゲームなんでここもしょうがないですけど。逆に言えば考察の楽しみがあるということで。ほんとNPCとの会話を通してうっすら見えてくるだけです。はっきりしてるのは主人公の目的ぐらいか。
D_-ytGtUIAAIK_U
こちらクリア時のステータス。もうクリアしてしまったので頻繁にプレイすることはないでしょうがたまーにのんびり攻略してるので、もし出会ったときはよろしくおねがいします。白霊は呼ばない主義なのでタイマン勝負になるはず。上級騎士一式に居合刀持ったやつです。


大体書きたいことは書いたので今回はここで終わりにします。それでは!

人の顔色を伺いすぎる問題

おそらく人の顔色を伺うことに関しては右に出るものがいないんじゃないかと自負しています。やめたいと思ってるんですけどね。いやね…。そのどうしても相手の機微が気になってしまって。面倒ごとが嫌いなので。怒られるのも嫌ですし。ついつい顔色を伺ってしまうんですわ。

昔はもっと我を通してた気がしますけど。いつからか事なかれ主義に流れてしまったような気がします。元来わがままな性格だと思いますので。好き勝手やれるなら好き勝手やりたい。文章も断言できずにふわっとした表現に終止する辺り性格がよく出てると思います。そもそも演繹か帰納で論理的に組み立てたもの以外に断言できるものなんて殆どないと思いますがね。その話はまた気が向いたときにでも。

少なくともこのブログは自分が自分のためにやってるブログなので我を通したいのですが。やはりPVやUUを気にして受けるネタ(ここの場合塊根とかビカク)を優先して書いてるところがあります。前に比べたらできてる方だと思いますが。

あといちいち文章に保険かけるところとか。非常にだせぇなあとシミジミ…。他人の目を気にしすぎるところがあるんだろうなあ。

もうちょい自信持って生きていきたいですねー。もっと生活が安定すれば自然に湧き出てくるんでしょうけど。それも今すぐには無理だし。頑張るしかないですねえ。趣味の方なんかは自分の頑張り次第なんでなんとかなりそうですけど。生活はコツコツやるしかないな。がんばります。

どくだみ

P6140035
Houttuynia cordata

身近な雑草の代表格。梅雨を告げる雑草でもありますね。
確かに雑草なんだけど花は綺麗だし食えるしお茶にもできるし何かと面白いくさだと思います。
栽培しても面白いかもなあと思ったことも1度や2度じゃないです。結局栽培しませんでしたけどw
P6140034
花時はなかなか綺麗。目を止める価値あります。
P6140032
そういやカラーリーフのドクダミあるらしいっすね。シェイドガーデンに植えるのもアリだと思います。とはいえシェイドガーデンの王者、ギボウシを倒すのは容易じゃないでしょうが。
隙間を埋めるイメージでドクダミ使うならアリかもですね。
P6140030
ちょっとめずらしい5枚葉のドクダミ
P6140033
こっちが通常個体。通常個体は十字架のような花弁なんですが今回見つけた個体はダイモンジソウみたいな花弁になってますね。面白い。八重咲きのドクダミはポピュラーですが五枚葉の個体は珍しいのでは?wまー、見つけたからどうということではないですけど…。雨で気分もうつむき加減な梅雨。足元に目を凝らしてみると少々面白いものが見つかるかもしれません。

無味乾燥集

なんでブログ続けてるんだろうな。
生物の記録なら写真撮るだけで充分なんですけど。
案外ぼくは文を書く行為自体が好きなのかもしれない。最近良く考えてます。
でも小説書くのは苦痛なんだよねw自由にかけないからかなあ。
フォーマットに即して書かなきゃいけないから難しい。あと精神的に来るw

昔ブログ止めてた時期(中学3年~高校1年)の辺りに無性にブログ書きたくなって立ち上げたのがこのブログです。一度1年間やってやめてしまったのだけど。
なぜか書きたくなってくるんです。不思議。
おそらくコメント返しが嫌だったのだと推測しています。なかなか苦痛でしたから。
あの頃ブログで交流していた方は元気にしているのだろうか。
今でも一部の方はツイッターとかでつながっていたりします。縁とは本当に不思議なものですね。

あの頃はアクアをメインに記事にしてました。
単一のブログだとUUやPVは稼げるんですがすぐネタ切れになるんですよねー。
だからこのブログはメイン記事を設けずその時書きたいものを書いてます。
今は園芸ブログみたいになってますけど。またアクアブログに戻るかもしれません。
まあもっと園芸記事だけじゃなくて音楽とか小説について書きたいですね。フォーマット模索中。


あとアクアですが最近水槽をリニューアルしたのでまた後日紹介できればと。
具体的にはもうちょっと見栄え良くなってから(梅雨明けぐらいかな)

気分次第なので曖昧なことしか言えませんがね。まあまたそのうちに。

梅雨のノイズとfennesz

最近フェネスのエンドレスサマーをよく聴いてます
最初はよくわからないノイズとしか感じなかったけどなんとなく流してるうちにハマってきました。
今じゃイントロ聴いただけで脳裏に夕暮れ時の海岸線が浮かびますよw

こういったノイズ系の音楽、マイブラのラブレスとか。ああいったものは一発で入ってこないですね。
何度か反芻しているうちにゆっくりと浸透してくる事が多いです。
もしかすると噪音に対する感性が他に比べて鈍いのかもしれません。

ノイズも面白いジャンルだと思うのですがいかんせんとっつきにくいところが難点。
慣れてないと噪音じゃなくて騒音になりますから。
(※この記事の噪音は非楽音、打楽器的な音という意味で使用しています)
エンドレスサマーの中でもお気にいりの曲。
アルバムの中で放つ郷愁はこの曲が一番強いんじゃないかな。
さざ波のようにゆったりと流れていくノイズ。シンプルだけどそれだけに訴えてくるものがあるよね。

実のところフェネスの名前は結構前から知ってました。
ただきちんとアルバム聴き始めたのは1ヶ月前です。食わず嫌いはよくないですね…。

フェネスはぜひマイブラとセットで聴いていただきたいと思います。
マイブラはシューゲイザー、フェネズはどちらかというとエレクトロニカの人なんですけどこの両ジャンルには密接な関係がある。微分と積分みたいなね。
ぼくのスピーカーはダイ○ーのやつです。これもある意味ハッピーな音がします

シューゲイザー、エレクトロニカ両者ともに元々は独立したジャンルなんですが時代を下るごとに融合が進んでいきます。特に新時代のシューゲイザーはエレクトロニカの要素を多分に含んだものが多い。
なのでシューゲイザーだけ聴いてエレクトロニカを聴かないってのはもったいないです。

お前ら、聴け。静かにせい。フェネズを聴け! フェネズもマイブラもどっちもノイズを使った名盤だ、これほどまでに聴きやすいノイズの名盤はないぞ。聴きたくないのか、おまえらは!こんな機会が無いなら諸君たちは永久に救われんのだぞ!

あとフェネズ自身も電子音で構成するタイプのアーティストではなくギターを駆使して作る人ですからね。マイブラ好きのギタリストなんか親近感わくんじゃないかな。

だいぶ脱線してきた。ぼくのシューゲイザー観云々についてはまた別の機会に。
梅雨といえば初夏。もうすぐ夏がくるんですねー(´・ω・`)
夏は嫌いでも好きでもない。複雑な気分の季節。どうしたって夏はエモいんだろうな…。
エンドレスサマー付けてエモさで死なないように耐性つけましょう。

書くことが思いつかなくなってきたのでここでやめます。
また気分が盛り上がってきたら別のアーティストについて書く予定。
それでは。
プロフィール

暇魚

職業:コリドラスに転職しました

@暇魚のツイート
@暇魚のインスタグラム
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索
最新コメント
こまちゃん推し
のんのんびより