1:

雪白した射影

趣味について書き散らす雑記

カテゴリ:動植物 > 鉢花

DSCF3854
つーことでカサブランカに続きソルボンヌさんも開花です。
綺麗ですねえ。まるでいちご大福みたいな色合いです。もしくあイチゴアイスかな。
近頃の蒸し暑さを鑑みるとイチゴアイスが適当だと思います。はい。
DSCF3857
逆側から。
ソルボンヌとイエローウィンはカサブランカに続いてメジャーな品種らしいです。
ということはもっとマイナーなユリがあるんでしょうね( ˘ω˘ )

マイナーといえば前に八重咲きカサブランカを見たのですが
手持ちが足りなくて買えませんでした。八重咲きほしいなあ。
DSCF3855
このあと数日で蕾も咲いたかな。その後数日で萎みましたが…:;(∩´﹏`∩);:
やっぱユリはどいつもこいつも持ちが悪いですね。1週間ちょっとかな。
球根の関係もあるでしょうけど。一ヶ月ぐらい持って欲しいところです。

これにてユリの花期はおしまい。また来年です。
つぎは茎が枯れるまで待って掘り上げですね。枯れた頃にまた書きたいと思います。
それでは

ノシ

DSCF3724
Lilium 'Casa Blanca'
先日開花しました。カサブランカです。ユリであってモロッコの都市ではありません。
DSCF3725
なかなかでかいです…。比較的蕾の期間が長かったのですがこれだけ大きいなら納得。
わたしの手とほぼ同じぐらいです。すごいなカサブランカ。

DSCF3734
DSCF3735
綺麗ですねえ。純白で大輪。人気あるのもうなずけます。
玄関に凛として佇む姿はさながら深窓のお嬢様です。
DSCF3752
DSCF3753
DSCF3754
このあと萎んでしまいました…。案外寿命短いんですね。
バルブがもっと太ってくれば寿命も伸びるんだろうか。
いつかカサブランカを大量に咲かせて花壇を埋め尽くしたいです。もっと増えねーかな。
以上

ノシ

DSCF3659
先日チマチマ育てていたイエローウィンが開花しました。
実はユリも好きでして、最近集め始めたのです( ˘ω˘ )
綺麗ですしいい匂いがします。

イエローウィンの他にはカサブランカ、ソルボンヌ、コオニユリがあります。
オリエンタルリリーが2種類、原酒が1種類ですね。
もうちょっと種類集めたいところです。

ちなみにイエローウィンはオリエンタルリリーにトランペット系をさらにかけ合わせた
OTハイブリッドっていう品種らしいです。めちゃくちゃややこしい
DSCF3733
現在
満開の写真撮ろうと思って放置してたら花が落ちてしまいました:;(∩´﹏`∩);:
意外と花もちわるいのね…

来年はまた咲かせたら満開の写真撮りたいなあ。

ノシ

DSCF1324
キク科です。よくツマと一緒に刺し身に乗ってるアレです。

キク科(キクか、学名Asteraceae保留名Compositae)は、被子植物真正双子葉類に属する1分類群である。もっとも進化し、もっとも分化している植物とされる

wikipediaより抜粋
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF%E7%A7%91

別にそこまで好きってわけじゃないんですが、ちょこちょこ買ってるうちに増えてしまいました。

DSCF1326
DSCF1330
DSCF1327
とまあマーガレットがいくつかあります。どいつもこいつも同じような見た目してやがります。
ちなみに最後のマーガレットは黄色です。撮り方が悪くて色が飛んでるだけ。
DSCF1328
変わり種のパーカッション八重咲き?の花がポンポン咲きます。
DSCF1329
これはマーガレットではなくオステオスペルマム
なんだか噛みそうな名前ですよね。3回言ってみましょう。
オステオスペルマムオステオスペルマムオステオスペルマム……
DSCF1325
都忘れ

鉢花というより山野草ジャンルのような気がする。
マーガレットに比べてかなり背丈が高いです。花瓶に生けるのに最適。

風流な名前とマーガレットにはない色が気に入って買いました。
この種は好きなので積極的に収集したい。

以上、キク科でした。ほんとどいつもこいつも同じような見た目ですね。

また気が向けば書きます。



↑このページのトップヘ