1:

雪白した射影

日記と趣味について書き散らす雑記

カテゴリ:動植物 > 日本産淡水魚

2014_0107_061147-DSCF5124

こんにちは。暇魚です。
気が向いたので筆取ってます。

本日はアクアのお話。

1年半前に記事にしてた日本淡水魚水槽。ありましたよね?

と言ってもこのブログを一年間継続して見てるような暇人いないと思うんだけどさ(ボソッ)


結論から言っちゃうと


少し前に崩壊しました(´;ω;`)
2013_0402_093042-DSCF5705

日本淡水魚水槽


崩壊なんて書きましたが、実際は人為的に水槽を畳みました。

理由は多々ありますが
60cm水槽に対して魚の数が多すぎるせいで水槽を維持できないっての一番の要因です。

なので少しずつ減らして行った結果、お魚さん達がドンドンいなくなり
アクア熱冷めてたこともあって畳んじゃいました。


なので今のところ我が家には空の水槽が転がってるだけです(´・ω・`)
畳んだ人間が言うのもおかしいですけど。水槽がない生活は寂しいっすね…。

直後はせいせいしてたんですけど、半年ぐらいすると段々魚が飼いたくなってきます。
1年ぐらいすると…禁断症状が出てきました。

b4571c2c2bc5725f6dda373bae78356c_clip
禁断症状を通り越して無になったぼく

なので予算がなんとかなったら水槽立ち上げようと画策してます。
アクアは一年ぶりなので前々から作りたかったコリドラスの水槽になるかな。

いつになるかわかりませんがのんびりお待ち下さい( ˘ω˘ )


ではでは今回はここまで。


ノシ

さて、本日は

2015_0820_170525-DSCF6032

コレが

2015_1017_075505-DSCF6229

こうなって

2015_1102_094154-DSCF6299

こうなりつつ

2015_1101_064730-DSCF6286

こうなった話をお届け。

 
前のメインタンクの記事が3カ月。ぶっちゃけ何を書けばいいのかわからないので
順々に追っていくことにします。

2015_0826_112050-DSCF6093


あの記事のあとの1週間後の出来ごと。

日淡稚魚が突然の死。
死因は…画像を見れば察してもらえると思いますが
掃除を怠ったことが原因のようです。


日淡の調子がみんな落ちていてコレはまずいと思い
テストフィッシュが案外イケてたことからメインタンクへ合流させることに。
 
2015_0822_124821-DSCF6061
2015_0822_125037-DSCF6062

結果

見事に混泳に失敗。
「ことごとく洗礼を受けた稚魚たちはモリモリ食べられてしまいましたとさ」
(テストフィッシュを除く)


というのが8月の出来事。
 
何事もなく9月が過ぎ10月もまた問題なく過ぎる…なんて問屋が卸さず。

2015_1101_045755-DSCF6268

 1年ほど稼働してきた底面Fが遂に詰まった模様です。
メンテがめんどくさいこともあり撤去。

2015_1101_055650-DSCF6284

 
ジョボジョボジョボ…。

2015_1101_051936-DSCF6283

この時点での途中経過。ドジョウは素早いので捕まえられませんでした。


ちなみに…

2015_1101_051910-DSCF6281
2015_1101_051915-DSCF6282

新入りのボウズハゼ。10月に友人と川に入って採集。
結構でかいです。

またアブラハヤ4,5cmほどの個体を1匹追加しました。

2015_1101_061213-DSCF6285

ドジョウ捕獲後。
オイカワとタモロコがだいぶ太くなりました。60が手狭だね…。

 
2015_1102_214906-DSCF6304

ついでにエ―ハイムも外に出してメンテ。底面撤去と言うよりリセットと言ったほうが正しいw

2015_1102_094154-DSCF6299

若干オイカワとタモロコの背ビレが白かったのでついでに薬浴。
カワニナ…?いえ、知らない子ですね。

2015_1102_220118-DSCF6311

 天気がよかったのでそのまま干してます。

2015_1102_220952-DSCF6314

底面も。 
写真こそないですけど蓋を開けて干している
底面Fはアジの開きを思わせるものがありますw
 

と紆余曲折あって落ち着いた水槽がコレ。

 
2015_1111_053607-DSCF6367


黄ばみはだいぶマシになりました。遊泳スペースも確保できていい感じ。
殺風景なんてことを考えなければかなり理想的。


…そりゃベアですから当たり前のことなんですけどね…。

さすがに殺風景すぎるので田砂を極薄で敷いてみたり石買って石組みをやってみようかと思います。
田砂も極薄ならそこまで掃除には影響しないでしょうし石も取り出すだけですから。…多分。

img_1

高校三年生ですが中学三年生に間違えられました。暇魚です。
これはもしやゴリ押しすれば中学生でいけるのでは…?

嬉しいような悲しいような…。


さて、本日ですが久々の日淡ネタ。水槽のその後をお送りします。

2013_0402_093042-DSCF5705


これが4月当初。


2015_0812_200701-DSCF5833
(見切れている緑のネットはオイカワの脱走防止用です。)

これが今の状況。
レイアウトを結構いじくりまわしました。

大磯(使ってる量は依然と同じ)で傾斜をつけ
川で拾ってきた石と余ってた枝流木を適当に突っ込みました。はい。

何もないよりかは幾分マシでしょう…w

バックスクリーン張って流木にモス巻いて水流とか付ければもっとそれらしくなるのでしょうが
いかんせん金銭面が…。懐事情によりそこまでいじってやれんのです。

欲を言うと2213のろ材を新しくしたいしフィルターもう一つ追加したいですね。
 
2015_0812_200929-DSCF5841
(ドジョウは全ての個体の髭が伸長しました。底面の状態は悪くないようです。)


生体のほうですが 

4月にご紹介した時にはタモロコが8匹ほどいましたが…
さすがに多いのでウパの餌にして半分ほどに減らしました。

その他の生体はそのまま。
一時期は鍋にしようか真剣に悩んだものですが可愛かったのでそのまま飼うことにしましたw

また連日、部屋の温度が35℃の猛暑ですがお魚達は屈せずドジョウもヨシノボリも落ちていません。 
精々エビがたまに程度。とっても平和です。
 
2015_0805_215057-DSCF5817
2015_0805_215111-DSCF5819


と…順調でしたので少しばかり生体を追加しましたw
全く何のために減らしたのかわからないですね…。 

増やした生体は

2015_0805_215105-DSCF5818

トウヨシノボリ×2と 
2015_0812_172032-DSCF5828
(見切れるオイカワ軍団…w)

オイカワ×4と

 
2015_0805_215051-DSCF5816

ヤマトヌマエビを筆頭とするよくわからんエビ軍団でございますw

ちなみにオイカワですが実は今日の午後に友人と川で採集してきました。

2015_0812_155422-DSCF5821

運よくオイカワの群れに遭遇することが出来ましたので採り放題でしたw。
 網と足で追い込むだけで簡単に採れるのでとても簡単です。

2015_0806_102445-DSCF5820

と簡単な近況報告でした。
機材など追加した際にはまた別途うpしたいと思います。

また。時間があれば動画でご紹介しないなと考えております。
まあ…受験生ですからそんな時間が捻出出来るかどうかは甚だ疑問なのです…w


fb733cf81d5ae80967fa4c34f3629e0cf126dfb91400005023-s

どうも皆さん、こんにちは。課題の処理に追われています、暇魚です。

 本日は日淡水槽のご紹介。

2013_0402_093042-DSCF5705

まあ…あんまり綺麗な水槽ではないですね…ww

成体はよくわからんモロコ類が8匹とドジョウが5匹とヨシノボリが1匹です。
底面と外部のガチガチの濾過で飼っていますww

 
2013_0402_093151-DSCF5712
2013_0402_093140-DSCF5711

かなり贅沢に濾過していますww
2213+サブですからね。鉄壁。日淡も丈夫な種類ばかりなので
病気も出ませんしすくすく育っています。
 
少し薄めに飼って過剰に濾過するのが私のスタイルです。

2013_0402_093107-DSCF5706

レイアウトは流木入れただけのシンプルなレイアウト。
結構凝っても見たいんですが、メンテの手間と資金などの理由から今はすっきりとしたレイアウトにしています。

 
2013_0402_093119-DSCF5708

ヨシノボリ。去年かなり小さい稚魚のとき捕獲してきた子です。
人工飼料にも餌付きすくすく育っています。

割とお気に入りの子です。
 
2013_0402_093127-DSCF5709

ドジョウ軍団。5匹はちょっと多かったですかねえ。もう少し減らしてもいいかも。

柳川鍋にしようかなあ…www



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

↑このページのトップヘ