前回適当に書いた感想記事、いっぱい(当社比)読まれててビックリしました。思ったこと適当に書いただけだからあんまね……?

今日は私が大好きなバンド宇宙コンビニについて。

00106888.1406182700.9851orig


宇宙から音楽をとどけにやってまいりました。 宇宙のように壮大で、かつコンビニで流れていそうな身近な音楽の同居。 私のさけるチーズ知りませんか?  ――公式ツイッターより抜粋


記念すべき1stEP


フワッたとした説明文ですよね。でも案外的を射ている気がします(?)少なくとも宇宙のように壮大で~の部分はあっている。

このバンドなにがすごいかというとマスロックとjポップ、この似ても似つかぬジャンルの同居を成功させたこと。元々マスロックって一部の偏屈な音楽オタク(私を含め)が好んで聴くジャンルで当時の一般層が絶対に触れることがないジャンルだった。でもこのバンドはマスロックを骨子にキャッチーなメロディを肉付けした。この奇妙な取り合わせが化学反応を起こしてできたバンドが宇宙コンビニです。

マスロックの定義

その独特のリズムを持った音楽性のためか、通常のロックバンドよりドラムの音が際立つ傾向にある。多くのバンドは、ギターをクリーントーンで演奏する場合が多いが、ディストーションが使用される場合もある。マスロックに分類されるバンドの楽曲の多くは歌よりもインストパートを重視し、ボーカルエフェクト同様の扱いをするバンドも多く見られる。ガスター・デル・ソルやトータスなどが代表的なバンドである。

日本では1980年代からルインズボアダムスあぶらだこZENI GEVADOOMといったバンドが活動しており、これらのバンドはLITEZAZEN BOYSをはじめとした以降の日本のマスロックに大きな影響を及ぼしている。 ――Wikipediaより抜粋





比較対象としてマスロックの始祖と呼ばれているdon caballeroから。ギラッギラのクリーントーン、目まぐるしく変わる変拍子、ドコドコドコドコとうるさいドラム、多用されるキメ。いわゆるマスロックのテンプレです。キャッチーの欠片もないですね。でも私はこれが好きです。といってもなかなか理解してもらえないけどね……。



改めて宇宙コンビニの楽曲を聴いてみましょう?どうですか?さっきの曲と比べたら幾分、いやかなり聴きやすいのではないでしょうか。メロディの有無が大きいんじゃないかなと思います。歌ありとなしじゃだいぶ差が付きますからね。それでいてメロディが親しみやすくてキャッチー。でもバックのトラックのギターはギラギラしてるクリーントーンだし、ドラムも控えめだけどドコドコしてる。キメも多用してるし拍子も分析してもらうとわかると思うですが割ところころ変わってるんですね。



例えば上記の曲だと最初は4/4ですが30辺りで5/4が2回、その後9/8が挿入されてます。飽きさせないために拍子を変えて(この場合だと4分音符が2個分と1個分ずつ増えるため)アプローチしているのかなと私としては考えています。


2枚目であり、宇宙コンビニ名義のラストアルバムとなったEP

この邦楽史、あるいはポストロック史(マスロックは得てしてポストロックのサブジャンルと呼ばれることが多く、当ブログでもサブジャンルとして扱います。)において唯一無二の音楽性を確立した宇宙コンビニというバンドは2枚のEPを残して解散してしまうことになります。私がこのバンドを知ったのが確か2016年だったか2017年ぐらいだったと思うんですよ。この頃には解散してしまってて中川大二郎氏のソロプロジェクトとしてjyochoが発表されていた。そんな時分でした。




1stEPから私の大好きな曲です。ボーカル、えみちょこさんの儚い歌声と透き通ったギター。わかるわからないような哲学的な歌詞。マスロック要素は薄目でどちらかというとポップス、あるいはポストロックやエレクトロニカに近い掴みどころのない楽曲なんですが宇宙コンビニの中ではこの曲が一番好きです。

特にサビの

知らないこの街で えらんだ人と 歩いている
僕は目を閉じて そんな風景を切り取っている


ここ!ここがとても好き!気持ち悪いオタクなのでよくこの歌詞聴きながら妄想してます。どういう意味なのか作詞者本人しか知りえないのでしょうけど。オタクが妄想するには意味深な歌詞とかっこいいトラック、これだけで十分なわけで。この曲はその必要十分条件を満たしてるわけです。



2ndEPより。光の加減で話した。これもよく聴いたなあ。さっきとは打って変わってキラキラしたギターが中心のマスロックナンバー。特にCメロの部分からが大好き。秒数でいうと4:10ぐらいですね。アウトロの壮大な雰囲気で締めるところも最高……。



2ndEPをのラストを飾る曲。1stEPの体温ほどではないですがこちらもよく聴いてる曲でございます。スローバラード結構好きなんだよな……。


このEPを持って宇宙コンビニは解散。以降の活動は中川大二郎氏のソロプロジェクトとしてjyochoに引き継がれていくことになります。



どうでしょうか?初期はかなり宇宙コンビニに近い音楽性を有していると思います。全体的に荒削りだった部分が減り、よりポップスとしての密度が上がりました。と同時にマスロック成分が減ってしまっているんですよね。なので私は初期jyochoより宇宙コンビニのほうが荒削りながら好きだったりします。(最近のアルバムになるとポップスとしての強度を上げつつ、マスロック成分も増してます。)



余談ですがjyochoで最近気に入ってるのがこの曲。この曲の面白いところがマスロックじゃなくてエレクトロニカやってるところなんですよ。方向性がブレるのであまりやらないでしょうがこういう楽曲が増えても面白いんじゃないかと思った。ポストロックとエレクトロニカって兄弟のような関係ですからね。両者はもっと接近するべきなんですよ。


閑話休題

公式に発表されてるのは以上の2枚ですが1stEPの前のデモ版「廻る景色の中に」があります。
その中の一曲「Forest」はBandcampから無料でダウンロードできます。

どういうコンセントかわからないけどコンピアルバムっぽい

確かdemoがどこかのサイトで配布してた気がするんですけど。手元に音源があるのでどこからか頂いてきたのは間違いないのですが失念してしまいました。もしご存じの方いたら教えてください。


以上で宇宙コンビニの紹介は終わり。マスロック史に確かな足跡を残し解散してしまった惜しいバンドです。普段マスロックを聴かないといった方もポップなメロディがありますので聴きやすいと思いますし、マスロック玄人だといった方もこのアプローチは他に類を見ないので新鮮な感情で聞けるのではないかなと思います。この記事で興味持たれた方はぜひ宇宙コンビニ、jyoochoを聴いてみてください。