P7060019
アリ植物です。アリノスダマだけでなくシダやランにもあるらしいですがウチにはアリノスダマ系統の植物しかありません(正確には過去にレカノがあったんですけどそれはまた別のお話)
P7060023
Myrmephytum celebicum

これこの前紹介したやつですね。ミルメフィツム セレビクム。ミルメコディアやヒドノフィツムに比べてたら見ない気がします。で、ベッカリーとどう違うのか未だによくわかってない。とりあえず花の色は違うのかな?素人目にはおなじに見える。何にせよどちらもかっこいいわけで。かっこよければまあいいんじゃね?と思っています。はい。
P7060031
Hydnophytum papuanum

新入り。ヒドノフィツム パプアナムだったかな。確か。フォルミカルムは比較的店頭で見ますね。パプアナムは実生の小さい個体しか見たことないですけど。
アリ植物の中ではヒドノフィツムが一番かっこいいと思ってます。枝が伸びる所が良いよね。木に着生した大木みたいで。木質化した塊茎とか最高にかっこいい。この子はまだ木質化してくれなさそうですけど。早く大きくなっておくれ。
P7060020
別のカット。雨が降ってる中慌てて撮ったのでこんな写真しかなかった。もっと全体写した写真を撮るべきでした。
P7060030
P7060022
Myrmecodia beccarii

これもちょっとわかりにくいですけど。ミルメコディアベッカリーです。ベッカリーは昨年紹介したんですがアレとは別の株。先代は4月頃に腐らせちゃって…。これは昨日買ってきた2代目です。他2つがうまいこと育ってるみたいだったのでまた導入しました。店頭で最も見かけるアリ玉。いや人によってはヒドノフィツムのほうが見かけるかもしれませんね。
P7060027
アリ玉の隣においてあるセロジネ インターメディア。

で、管理ですけどまー。着生ランみたいな管理しておけば育つんじゃないかな…。たぶん。いや知りませんけど。
P7060032
これもアリ玉の隣においてあるセッコク 雷山。

かれこれ半年ほど育ててみたいんですがよくわからないですねえ…。とりあえず水が切れると芋が柔らかくなる。低温になると活動が鈍る。管理がよろしくないといきなり腐る。着生植物だから風通し大事だと思う。前回腐ったのも風通しが悪い上に水が乾かなくて腐ったかなあと思案中。

あとこれは聞いた話ですが肥料と日光が好きらしい。ウチは70%の遮光で育ててますけど、もっと遮光率低くしても良いと思う。50%ぐらいに。あと無肥料です。活着したら液肥やろうかと思ってますがまだまだ根っこ張ってないみたいなので様子見です。
P5210087
東南アジア(大嘘)

思ってるんですけど東南アジアの植物ですし同じく東南アジア出身の胡蝶蘭みたいな管理すれば育つんじゃないですかね。しかしまあ、アリ植物はまだまだ情報が少ないですね。試行錯誤しながら育ててます(それでも去年に比べたらだいぶ情報増えた)なかなか大変ですけどこれはこれで楽しい。
P7060033
ウィリンキーも東南アジア出身だった気がする。

レカノプテリスとかも気になってる種類がいくつかあるんですけど、既にシダはビカクシダで手一杯なので手を出さないでおくつもり。ちなみに去年クルスタセアってやつ買ってみたんですが買った時点で見事に根腐れしててそのままお亡くなりになってしまいました…。あのときレカノプテリスはもう買わないと心に決めた。

無加温越冬もおそらく可能ではなんでしょうけど、ダメージ受けたままだと無加温は絶望的。治療するなら温室がないと辛いですね。初心者の方は根腐れしてないやつを買いましょう!絶対に!特に温室を持ってない人。山採り品や見切り品は買うな。実生を買え。
P7060028
あとこの子ら湿度が好きなんで梅雨の導入が最適だと思う。この時期ならあまり気を使わなくても育つし。気になってる方はこの機会に買ってみて沼にハマりましょう。ぼくはまだ膝下ですが来年には肩までドップリ浸かってるかもしれません。