1月2日。前回の元旦ツーリング翌日に前々から見たかった
爪木崎のスイセン畑を見に行ってきました。
前日に150km走ったくせに懲りないやつです。

とはいえ一日で数百キロ走る人もいますから。まだまだですね。
DSCF5255
ということで爪木崎にやってきました。
はじめに断っておきますがバイクの写真はありません。撮り忘れたからね。仕方ないね。


今回の目的地。
DSCF5256
ニホンスイセン(Narcissus tazetta var.chinensis
DSCF5261
キダチアロエ(Aloe arborescens

辺り一面ニホンスイセンだらけ。
ところどころキダチアロエも生えていますがほぼニホンスイセンです。
DSCF5258
DSCF5254
ちらほら八重咲きのニホンスイセンも混じってます。
誰かが植えたのか自然に出現したのかはわかりません。
固まってコロニーを作っていたのでおそらくそれぞれの個体が増殖したものだと思います。
DSCF5251
これは道端に生えていたもの。
この見た目だと種子での繁殖は難しそうですし誰かが植えたと見るべきでしょうか。
DSCF5261
林立するアロエの花。
アロエの花ってきれいというよりおぞましいって形容が似合うんじゃないかと思います。
ガガイモみたいなゲテモノ系の印象。

返り血浴びたような真っ赤な花も印象づけることに一役買ってます。
株もトゲトゲで強そうですしね。海が真っ赤だったら魔界と見まごうんじゃないでしょうか。
DSCF5262
再びスイセンへ。
真っ白です。もっと密に咲いてくれたらさながら雪上の様相を呈するのでしょうけど。
スイセンでやるのは厳しそう。開花期のズレとかありますし。

ちなみにユキヤナギなんかは名前の通り真っ白な株姿になります。
バラの品種にも真っ白な株姿になるものがいくつかありますね。
DSCF5264
DSCF5265
しかしこれだけ芳香性があるスイセンが咲いてると匂いもキツくなります。
むせ返るような…とは行きませんが少々鼻にムワッと来ます。
不快になるほどではありません。ふうん。匂うなあ…ぐらいです。

言ってもスイセンの芳香そこまで強くないですから。それに風が強い海沿いですし。
通風性悪いところだったらまた変わるでしょうけどね。
DSCF5268
ブログの背景にでも使おうと思って撮ったモノクロ。
こうして見ると目玉焼きみたいです。
白と黒の2トーンで構成された写真がほしいのですがこれは強弱がついてますね…。

DSCF5272
この写真はそれなりに気に入ってます。なんとなく撮った一枚ですがね。
DSCF5273
DSCF5274
以上!終わり。
DSCF5246
道端に生えてたツワブキ(Farfugium japonicum
こう見えてキク科らしいです。確かに花はキクそっくり。


このあとは徒歩で帰路に。
爪木崎花園には行きませんでした。実のところ今知ったのです。
しかも入場無料だとか…。建物があったのは気づいてましたけど別の施設だと思ってたので。
近いですしそのうち訪れたいと思います。

ということで今回はここでおしまい。一見の価値はあると思います。
無料ですしね。もし下田に寄る機会があればぜひ。

それでは。ノシ