tutanumanohinode_TP_V
気づけば10月。早いっすね。今年も終わるのかあ、無情なり…

台風24号と共に外の植物は中に取り込みました。部屋の中が狭いです。
まー。食中とか塊根とかノビル系デンドロとかはまだ外においてあるんですが。
塊根は落葉したらですね。ノビル系は花芽がついたら。

食中(といってもネペン2鉢だけなんだけど)はいつ取り込むか考えています。
グラシリスは低温に弱いみたいですしそろそろ取り込みたいところ。
スペースが確保でき次第取り込むかなあ。


最近はまたポストロックが来ており(自分の中で)
シガーロスだとかエクスプロージョンインザスカイだとか叙情的な轟音系聴いてます。

ぼくをポストロック聴くようになったのはシガーロスにいたく感動したからです。
シューゲやらノイズやらエレクトロニカやら全部ぶち込んで昇華してしまう手腕。
なにより音楽が最高なんですよね。シガーロスはアイスランドの広大な大自然を想起させます。

音楽好きで自然好きなやつがハマらないわけないんですよ。
ほんとオススメです。シガーロス。


あと森見登美彦さんの四畳半王国見聞録読みました。これはいまいち。
氏の作品はペンギンハイウェイに始まり、四畳半神話大系
夜は短し歩けよ乙女、太陽の塔、きつねのはなしと来て6冊目となります。

個人的にはいまいちだったかなと…。
森見ファンというほどではありませんが好きな作家さんなので残念ではある。
たぶん「我こそは森見ファンなり!」と煌々と公言するような人ならきっとハマるはず。

当ブログの読書感想コーナーのほうは
只今停止中なのでそのうち復活できれば…と考えています。
その前にたくさん読んで審美眼を鍛えておきたいところ。
トンチンカンなこと言いたくないからね。
mig (1)

話はまた生物に戻ります。
ここ数日、自分のキャパや好みを意識するようになり生き物の選定を行っています。
以前は飼えるものなんでも飼うってスタイルだったんですが
厳しいことを自覚し始めました。
それに増やすと1つ1つに割ける時間が相対的に減っちゃうんですね。
何のためにやっているのかわからなくなる。

ということでどうしても飼いたい、育てたいモノだけに限定し
なるべく手間を減らす方向に動いてます。

ある程度好みがわかってきたとは言え難しいです。
とりあえず動物は出来たので貼っておきます。

爬虫類

ロシアリクガメ
ミシシッピニオイガメ
ミルクスネーク
シマヘビ
ボールパイソン
レオパードゲッコー

両生類

マダラヤドクガエル マイクロスポット
コバルトヤドクガエル
イチゴヤドクガエル ブルージーン
モウドクフキヤガエル ミント
キオビヤドクガエル イエロー
バリアビリスヤドクガエル
ベトナムコケガエル
アマガエル
アカメアマガエル
モリアオガエル

アクアリウム

水草60cmワイド
水草30cmキューブ×2本

海水60ワイドOF
海水30OF×2本

ビオトープ

白メダカ
紅帝メダカ

甲殻類

オカヤドカリ


25本


どうでしょう。こんなもんかなと言ったところです。
有尾類、奇虫など大変興味ある動物もいたんですが諦めました…。

キャパと場所考えるとこれが一番だと思います。小型ばかりだから場所も取らないし
重量で床が抜けるなんてこともないでしょう。(水槽6本ってのがいささか不安ではある)
あとはキャパかな。これは安定してくれば問題ないと思っています。

なるべく自動化する方針です。魚類、爬虫類、両生類、甲殻類に限り
これ以上は増やしません。リストの入れ替えはあるかもしれませんが
同じスペースで飼えるものに限定する予定。

ちなみにエキゾチックアニマルは入れてないです。まだ何飼うか決めてないから。
今はまたシマリス飼いたいなあと考えてますね。
確定はできませんがおそらくネズミ系だと思います。
またシマリス飼ってもいいですし、ヤマネとかチンチラも捨てがたいなあと。

鳥も飼いたいですが世話が大変なのでなしかな。触れ合えるやつです。ウン。
上記の動物達は基本鑑賞しかできませんからね。懐く生き物探してみます。

なお植物ですがこちらはまだ決まってません。
興味の分野が広すぎて絞り込めない…:;(∩´﹏`∩);:
幸い(?)砂漠の植物はそこまで興味ないので絞り込めそうです。
いま気に入ったやつだけ選定してます。

また決まり次第書いていこうと思います。
ではでは。この辺で。ノシ