1:

雪白した射影

好きなものについての備忘録

2021/06

アグラオネマピクタムを常湿で育てる

IMG_20210625_163708
Aglaonema pictum tricolor "元祖"

本日はアグラオネマピクタム。園芸メインというよりかはどちらかというとアクアメインの人で流行ってる植物かな。ちなみにこのブログすっかり園芸ネタばっかりですが私も元々アクアリウムから園芸に入ったクチです。アクア歴のほうが園芸歴より5年近く長いんですよ(隙自語)アクアネタもぼちぼち更新していく予定です。

IMG_20210625_163704

我が家では購入して以来、ずっと常湿で育ててます。去年の夏に購入したのでそろそろ1年ほどでしょうか。

※アグラオネマを栽培してる部屋(私の部屋)の湿度は年間を通して60%~70%で安定しています。そのため当ブログでは主に『60%前後の湿度で熱帯雨林出身の植物を栽培すること』を常湿栽培と定義しています。特に注釈がない限り60%前後の環境で栽培されているとお考えください。

導入初期

特にアグラオネマに対して特別なことはしていません。普通の観葉植物と同じように表土が乾いたら水をやってるだけです。我が家では乾いたらやる杜撰な管理ですが、マメに水をやるぐらいのほうが良いと思います。
IMG_20210625_180532
きれいに展開すれば葉はきっちり立つが……


どうも水切れに弱いらしく水が枯れると葉がすぐに垂れます。おまけに長時間水切れしたまま放置すると葉が垂れたまま復活しないめんどくさい性質があるので……。

IMG_20210625_180517
杜撰な管理をすると葉が垂れる(写真下部)


あとアグラオネマですが腰水だと根が発達しないのでオススメしません。おまけに腰水だと鉢内の酸素が不足するのか根が腐るみたいなんですよね。個体差あるのでなんとも言えませんが。とにかくオススメはしないとだけ言っておきます。腰水は旅行中みたいなマメに面倒見られないときだけにしましょう。

IMG_20210625_180555

こういう環境で1年ほど育てました。ライトの点灯時間は常に朝9時から夜の22時まで。およそ13時間です。アグラオネマは他の観葉植物に比べて相当弱光でも問題なく育ちます。なんなら蛍光灯でもいけるかもしれません。


栽培初めて1ヶ月か2ヶ月辺りの写真。上の写真と比べるとライトが1灯少ない。


IMG_20210625_163724

こんな感じの管理続けてたら子株が4つ生えてきました……株分けしてヤフオクに出すか悩んでます

IMG_20210625_180624

大きさの比較用に皆さんおなじみイニシャルスティックを置いてみました。月に1枚展開する程度のスピードです。まあまあ根も張るので毎年の植え替えを推奨。

IMG_20210625_163716

以上で終わり。また何かあれば書きます。では

N.lowii × ventricosa red

IMG_20210625_160308

ヤフオクにて。ヒーローズピッチャープランツさんが入手した個体。素性は不明です。よく出回ってる系統ではなさそうですが……?



入手時の写真。

IMG_20210625_163633

現在の写真。袋の持ちはなかなか良いです。親のローウィも袋の寿命結構ありますものね。

IMG_20210625_163625
あんまり成長してない…してなくない?

私がちょっと忙しさにかまけて世話を放置したのであまり成長せず……。でも枯れません。世話をサボったからと言ってリーフスパンが小さくなることもありませんし。交配種だけあって剛健です。

IMG_20210625_163639

今作ってる袋です。だんだん赤く色づいてきましたね。

IMG_20210625_162256
水やり風景

管理ですが我が家ではベントリコーサの管理に習って乾かし気味にしてます。と言っても表面が乾いたら水やるかなーといった感じで。適当です。逆に言うとこれだけ適当な管理でも育つんですよね。これであのアッパーピッチャーが見れるのであればかなりの良種ではないかと思います。

IMG_20210625_160303


最もアッパーができるほど大きくなったら今みたいに壁にかけるのは難しいのではないかなと思ってます……。ネペンテスって結構大きくなりますからね。今後が不安。

ゴルゴニス

IMG_20210618_163019

無様に徒長したゴルゴニスです。どう育てたら良いのか本当によくわかりません。

IMG_20210618_162342
手で持ってる部分にパワータンク(?)がある

どうやら水分に過敏に反応する植物らしく、水をやるとすぐに伸びます。また水を数日切らすと枝が黄色くなって枯れます。推測ですが水が切れた場合は枝の水分を使って体内の水分を確保しているのではないのでしょうか。

また本日引き抜いてみたところ根にパワータンクらしき物体を確認しました。普段はこのパワータンク(仮称)と枝に水を溜め込み長期の干ばつに耐えるのではないかと。

乾燥地帯に生息していますが多湿に弱いわけでもなく梅雨時に雨ざらしにしても枯れませんでした。
たぶんその実験のせいで伸びた。


IMG_20210618_163023

反省を踏まえ、やたら用度をオリジナルの多肉用土から水切れが良いゴールデン粒状培養土(単体)に変更。鉢の容量考えるともっと軽石混ぜても良い気がしますが……。あいにく手持ちになかったので今回は単用仕様です。この状態で日当たりが良くなおかつ雨避けできる場所に置く予定。これでまだ徒長するようなら割合変えます。

経過観察はまた別途記事にする予定です。

夏冬ブーファン

IMG_20210624_180521
Boophane disticha


ブーファンです。決してハゲ散らかした玉ねぎではありません。2020年の秋口にヤフオクで入手した個体です。ウィンゾリーと同時期ぐらいでしょうか。適当に入れておいたら落札できた個体。

ブーファンと言えば外せない話題に夏型冬型論争があります。この子は南アフリカの東ケープ州、西ケープ州は両方に分布してるんですが、またこの地域は東西で夏と冬の降雨期が相違があり、東ケープ州は夏に降水し、西ケープ州は冬に降水します。西ケープ州には冬型種(サルコカウロンやらリトープスやらエリオスペルマムとか色々)が生育し、東ケープ州には夏型種が生育します(こっちは何がいるかしらん)


要は生えてた場所が東か西で夏型か冬型か成長期が変わるという話なんですが。

この子、冬はフッサフサだったんですね。寒風や秋雨に当ててもピンピンしてたし。で蒸し暑くなってきたら落葉したのでほぼほぼ冬型だと思ってたんですが……。

IMG_20210624_180541

生えてきた。葉が。しかも1枚偶然に生えてきたとかじゃなくて次の葉もスタンバイしてます。一体どっちなんでしょうねえ……。州境とかもありかと思いますけど。そもそもこのブーファン国内実生っぽいから休眠期という概念がないのかもしれない。


※もしくはまだ小さいから休眠せずにずっと動いてるとか。休眠するにも体力いりますから株が小さいと休眠しませんよね〜。

あと葉が枯れた件についてですが、もしかすると冬にでた葉が強光で焼けただけなのでは?とも思ってます。適当に育てていたので葉が本当に焼けたのかどうかわからず。要検証。(聞いた話によるとブーファンは葉が焼けやすいらしい。真偽は不明)
IMG_20210624_180546

ちなみに私は球根を全部埋めてます。球根を露出させて観賞する趣味はないので。最も露出させても塊根部(正確には球根)が小さいので面白くないんですよね~。なので我が家では "塊根植物" ではなくアフリカの "球根植物" として育てます。

やっぱり埋めたほうが機嫌良いですね。特に工夫もなく表面が乾いたら水やるだけの脳死管理ですが特に問題が起こったことありません。酷暑にも酷寒にも強い。かなり強靭な植物なのでは思います。おそらく球根を露出させて育てたらもっとデリケートな性質になるんじゃないでしょうか。

IMG_20210624_180553

まだまだ小さいサイズですが4号ロング鉢に植えてます。これ大きくなったらどうなるんでしょ。10号鉢で収まるのかなあ。ちょっと将来不安ですね。最もそんなに大きくなるまで生きてるかどうかわかりませんけどね

プセウドリトス

IMG_20210616_162513
Pseudolithos migiurtinus


実生です。去年実生したのですがあまり成長しませんでした……。

IMG_20210616_162645

若干肌が焼けてます。たぶん遮光するのが正しい。

ビビって水を少なめにしてたんですが、この個体はどうやら水が好きらしく現在は表面が乾いたらやってます。水で腐るのはおそらく現地球や大きい個体だけでしょう。なんなら湿気でも腐るらしいですが……(ネット上に梅雨や秋雨の湿度で腐った記録が散見してます。検索してみてね)。うちの個体は特に問題ないですね。多湿な環境で実生した個体だから問題ないと推測しています。もちろんプセウ的には乾いたところが好ましいんでしょうけどね。

ということで実生だったらどんどん水やって構わないと思います。私は雨が吹き込む場所においてますが特に腐る様子なし。ちなみに実生1年目だと雨粒で身が割れるので、肌が硬質化するまで雨が吹き込む場所に置くのはやめたほうが良いです。実生した個体が5つあったんですけど4つ割れてお亡くなりになりまし。最もそんなところにうっかり置くような人間は私以外にいないと思いますが……。


IMG_20210616_162650
とてもちいさい

最近はハイブリッドらしき種類が流通しているらしいですが、この個体が純血なのかハイブリッドなのか不明です。純血種のインボイスで種子を入手したので当ブログでは純血種として扱っていきます。


早く大きくなってほしいところですがあいも変わらずスローペースで生育中です。コツをご存じの方がいたら教えて下さい。

ネバデンシスの受難

IMG_20210620_163308
Agave utahensis var nevadensis


アガベ熱が再熱してるので今日はネバデンシスについて書きます。




2年前に実生した個体です。放任主義過ぎてあんまり大きくなってない……わけです。はい。

IMG_20210620_161811

ちなみにこの子、半年ほど行方不明になってまして……。本日畑の雑草の中から見つけました。上の写真が発見時の写真。この個体20粒まいた中の唯一の生き残りなんですがとにかく強健な性質してまして。真夏だろうが真冬だろうが1年中どんなときでも外に出してますが元気です。多湿にも乾燥にも強い。本当に楽な子なのでついつい放任しちゃいましてね……。ヘヘッ…

IMG_20210620_163313

試しに引き抜いてみたら根も無事でしたし何なら新しく白い根出てました。なので今回は鉢もワンサイズ大きくしてみました。

IMG_20210620_163231


かなり乾燥に強いことがわかったのでチタノタと同じようにゴールデン粒状培養土(多肉用)メイン。あと前の用土を嵩増しのために混ぜてます。


今はユタエンシスといえばエポリスピナが人気みたいですけど、ネバデンシスは人気ないのかな?私が実生した頃はどちらも今ほど人気なくて種も株も普通に買えたんですよね。今は右も左もエボリスピナって感じで。たまにネバデンシス見かけるかな?って感じ。エボリスピナでここまでブームになるとちょっと欲しくなりますね。結構ミーハー気質なところあるので…w まあ既にネバデンシスがいますし要検討かなと。ブームもあって価格が高いですしね。

IMG_20210620_163305


今年度からはもうちょっと真面目に面倒見るつもりです。ホントだよ。

メダカビオ

IMG_20210616_162737

ビオトープです。すっごく雑なビオトープですが……。最近というか先月から作り始めました。
白メダカ中心にジェックスの快適繁殖ケースMに雑に突っ込んでます。このケース値段の割には丈夫なんですがいかんせん見た目が悪いですねw当たり前ですが発泡スチロールにしか見えない。

今回お試しということで買ってみましたがリピートはしないかなあ……。メダカの繁殖が完全に軌道に乗ったらもっとオシャレな入れ物に買い換える予定です。

IMG_20210616_162846
右が白メダカ、左は紅帝メダカを入れてます。植生もちょっと買えていて左は有茎草を中心にセレクト。右は抽水植物を中心に入れてます。……最もグリーンウォーター化が激しくて水草もクソもないですが。
IMG_20210616_162821

シラサギカヤツリ入れてみましたが……水深が深すぎてうまく育たず。そろそろ諦めて取り出すつもりです。やはりこの植物は浅瀬じゃないとだめですね。ちなみに後ろのナガバオモダカもなんと買って感じです。正直水深が深すぎて抽水植物育てるには向いてない気がします……。

IMG_20210618_163049
撤去されたシラサギカヤツリとナガバオモダカ

ビオトープは今後どうするか考え中です。なんとかユーチューブでよく見るオシャレな感じにしたいですね……。

その他塊根

IMG_20210617_111837
Euphorbia guillauminiana

ギラウミニアナです。今年で2年目です。確か。

IMG_20210616_161019

若干薄茶色の部分が去年の成長した部分ですね。焦げ茶は一昨年かな。こうして見ると意外と成長してます。管理はパキポと同じように雨ざらし日晒し。長雨時も雨ざらしです。現地株の管理は知りませんが国内実生に関してはとても楽ですね。日差しを確保できる方ならオススメの種類です


2020年8月ごろのギラウミニアナ

順調に生育してますが枝分かれする雰囲気はないですね。来年か再来年あたりでしょうか

IMG_20210616_161122
IMG_20210616_161107
Sarcocaulon vanderietiae


これは3年目かな…。いつからいるのか忘れました。少しずつ枝増えてます。そろそろ花を拝みたいのですが咲いてくれません。


大体1年前

IMG_20210616_161039
Adenia glauca

全然成長しません。幹が焼けてるあたり日光が強すぎるのかなと……。枯れはしないけど成長が鈍くなるのでアデニア類は半日陰推奨です。

アデニウム ワイルド

IMG_20210616_161306
Adenium obesum 'Wild'

なんの変哲もないアデニウムです。一応オベスムのワイルド由来種子とかなんとか。ちなみにコイツは去年播種した個体です。

IMG_20210616_161336

アデニウムといいますと亜種がいっぱいありまして。その中でも純血のオベスムとかいうと結構レアなんじゃないかなと思います。ほぼ市場に出回ってませんから。最もこの個体が本物かどうか確かめるすべがないわけですが……。

IMG_20210617_111830

今後は少しずつブログで観察記録を付けていきたいと思います。本物のワイルドだったら良いな…!

チタノタ no1

IMG_20210617_111746
Agave titanota "No1"

昨日からチタノタ(オテロイ?)を育て始めました。以前からアガベはちょこちょこやってたんですがチタノタ育てるのは今回が初です。

※最近今まで流通していたチタノタがチタノタとオテロイの2種に種分化されたそうですが、私にはこの個体がどちらの種かわからないため入手時の名称のチタノタとして扱います。ご了承ください。
IMG_20210616_174349
IMG_20210616_174739
届いた時の様子

某オークションにて落札。昨今のバブルの影響などもありちょっとお高めでしたが今回は思い切って入札してしまいました。想定外の出費に財布が悲鳴あげてます。

見ての通りギチギチに根鉢ができてたので6号鉢ロングに植え替え。アガベは種を問わず根を下によく伸ばす傾向があるのでロング鉢がオススメです。最も締めて育てるなら普通のポットでもいいかと思いますが。個体のクセがわからないうちはオススメしません。


いわゆるチタノタには品種が何種類かあるみたいですがウチはその中でも最もよく出回ってる(と思われる)ナンバーワンと呼ばれる個体です。白いノギが派手になってカッコいいよくなるやつですね。中にはもっと派手な個体もいるみたいですが私はこの昔ながらの品種が好きです。派手になりすぎず。かといって地味でもない。ノギと葉に関してはこのぐらいのバランスがちょうどいいと思ってます。もうちょっと姿がコンパクトに収まるならノギがもっと派手でも構わないんですけどね。
IMG_20210616_175908
IMG_20210616_175508
クソデカくなったポリフィラとツーショット(?)

こうしてみるとチタノタがいかに小さいかおわかりになるんじゃないでしょうか。というかポリフィラがデカイのか…?

IMG_20210617_111750

アガベついでに。以前記事にしたポリフィラです。熱くなってきたので施肥は止めたのですが相変わらず爆速で成長してます……。正直いきなり腐りそうで怖いです。今のところまだ無遮光で雨ざらしです。7月ぐらいになったら様子見て雨よけぐらいはしようかなと。

IMG_20210617_131709

アガベ自体は嫌いじゃない(かといって特段好きでもない)ので気に入った個体がいたら増やしたいと思っています。最もバブルの影響でなかなか買えませんけど。またのんびり探していこうかなと。とりあえず次は笹の雪が欲しいですね。コンパクトでペンキがきれいなやつ。
プロフィール

暇魚

魚とカエルと植物が好きです

Twitter
ブログバナー
ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

FLAG counter
Flag Counter
記事検索