1:

雪白した射影

忘れっぽい大学生が綴る趣味の備忘録。事実7割脚色3割でお送りします。

2015年10月

こんばんは、トムヤムクンなるものを食べて冬なのに汗かいてます。暇魚です。
トムヤムクン、インスタントなのだけれど辛い。それともインスタントだからこそ辛いのだろうか…。

本日はカエルのお話。

皆さんはカエルと言ったら何を思い浮かべるのかな?
と言っても大半はアマガエルだと思いますが。

061029nihonamagaeru-01

実は私、中学2年だったか3年のときからアマガエルの飼育を始めてまして…。
カエル歴としては3年ほどになります。

とはいえ数種類のカエルしか
飼ったことがないのでビギナー同然なんですけどねw

以下、過去の水槽&生体の紹介。
(そこそこ長いですのでお時間があるときにどうぞ。)

img_2
img_4
img_1

私が飼っていた初代のカエルです。2年ほど生きました。
死因はうっかりふたを閉め忘れ脱走。餌昆虫のケースでカピカピになっていたところ発見しました…。

かなりショックでしたね…。初めて飼ったアマガエルですしよくなれていたものですから。

1001935_324176187719688_1042977374_n

現在、ヘッダーに使っているこの画像は上記のアマガエルと同一です。
良く肥えていますw

当時書いていたブログの記事がいくつか発見しましたのでせっかくですし載せておきます。

季節外れ(カエル初紹介記事。画像抜粋した奴) yahooブログ
いもーりー(他愛もないカエルとイモリの記事) yahooブログ


2013_0403_221024-DSCF4037
2013_0405_212006-DSCF4107

アクアテラリウム風にしていた時期。このときはアマガエル2匹だけだったかな?
水中部分にシナイモリとかドジョウとか入れて飼ってました。

上記のヘッダーはこのとき撮ったものですね…確か。


2013_0607_081255-DSCF4469
2013_0413_204900-DSCF4198

初めて作ったビバリウム。果たしてビバリウムと言えるのかどうかは知らぬ。

ちなみに左に植えてあるクッカバラと右に植えてあるモンステラはあのでっかい奴です。
以前、記事で紹介した奴です。昔は小さかったんだよなあ…w
真ん中のカポック?枯れましたが何か? 

生体はアマガエル×2とヤマアカガエル(上陸直後)×数匹
上陸直後の個体に挑戦してみましたが餌の調達が大変で大変で。(金がかかる…)
結局、無駄死にさせて覚えがあります。ごめんさい。

殺して以来、上陸直後は避けていますが今年はリベンジしてしたいと思っています。
2月ごろ狙いたいと思いますますがいるかな?

2013_1201_011832-DSCF5027
2013_1201_011818-DSCF5026
2013_1202_071635-DSCF5038
2013_1213_041121-DSCF5061
2014_0517_041451-DSCF5368

初ツノガエル、クランウェルちゃん。(ペパーミント)
チャームでオタマで買って成体まで育てた個体です。
冷凍赤虫じゃなくてテトラミンだけで育てましたが案外育つもんだなと…w

簡単な管理で育つので地上カエル初心者にオススメ。

1年ほど前、私が部活の忙しさにかまけて世話を怠っていたせいで死亡しました。
死因は…お決まりの脱水です。カラカラに干からびてミイラ化してました。

悪いことをしたと思いますし今でもたまにこの個体のことを思い出します。

そのうち、またオタマから育てようと狙っているんですが
なかなかチャームに入荷しなかったり間が悪かったり。

2013_0626_190131-DSCF4689
2013_0626_190135-DSCF4690

沼ガエルだったか土ガエルだったか…。詳しいことは忘れました。
確か、川で拾った謎オタマが変態したらコイツになった気がします。

ここら辺ではめったに見ない、カエルでかなり興奮した覚えがあります。
山中に探しに行けばいるのかな…?

少なくとも町の西側の棚田ではみたんですがね…。探せばいると思います。また飼いたい。
 
ちなみに近所の川に行くとカジカガエルがゲコゲコしていて
町の西側の棚田にはシュレーゲルあたりがゲコゲコしてます。
さらに隣町の山奥に行くとモリアオがゲコゲコしてます。

東伊豆辺りもモリアオがゲコゲコしているらしいです。
南伊豆とか何がいるんだろう。ゲコゲコ。

ちなみに夏限定でヒキガエルとかウシガエルとかがゲコゲコしています。
多分、もっとカエルがゲコゲコしているんですよね伊豆って。ゲコゲコ。


2013_0914_084443-DSCF4887
2014_0623_083707-DSCF5436
 
2014_0623_083746-DSCF5441

ヒキガエル。1枚目の個体と2枚目の個体は別個体です。

学校帰りに捕まえました。1匹目は先輩と帰ってるときで、2枚目の個体は友人との帰り…だったかな?
いずれにせよ、私の単純なミスで短期間のうちに死亡。

1枚目の個体はシェルターにしていた流木が崩れ落ちて圧死ですね。

何の準備もしてないうちに捕まえたものですからシェルターも水入れもない。
とりあえず流木で組んだのはいいけど組みが甘かったせいで崩れ落ちた模様。

2枚目は…ジャイミルの与えすぎだと思います。(解剖してないからわからないけど多分)
ヒキガエルってのは面白いもので餌与えるとヒョイヒョイ食べるんですよね。



で調子に乗って与えすぎて吐きだしてそのままあっけなく死亡。
翌日下痢してましたし、おそらくですけどね。


以上、過去のカエルでした。
本当はカエルに限らず色んな過去の生体をご紹介したいのだけれどかなり長いのでココまで。

またそのうち、今飼っているカエルをご紹介します。
 

img428ec5e4zikfzj

※この記事には驚異の飯テロ画像が含まれています。


本日の出来ごと。


中間テスト最終日。今回こそ数学で満点を取りたい暇魚は朝6時に起き。
登校時間まで粘りテスト範囲の復習をしていた。

 
暇魚「復習は完了。これなら、余裕で取れるだろう。
復習も終わったことだしさっさと飯食べて出かけるか…。」

 冷蔵庫を開けるとそこにはキムチと焼きタラコ。
暇魚がまよわず取り出したのは焼きタラコ。

a0107184_1157377


Yeah!!焼きタラコDAZE☆購入してから数週間とか気にする俺じゃないZE☆ 」

 この時の選択がのちのちに関わってくるとは知る由もなかった暇魚であった。


中間テスト最終日1限目 政治・経済


暇魚「HAHAHA!!無勉で偏差値57を叩き出す俺に死角はねえ!!」
「HAH…グッ…!?なんだこの痛みは…グアアアアアアアアアア!!!」


突然暇魚を襲った強烈な腹痛。そして頭の中でループするゆるゆり1期OP

 

わんつーさんしー!!

わんつーさんしーじゃねえ!!(心の声)

とはいえテスト内容はセンターの過去問がほとんどだったので
腹痛に見舞われつつなんとか攻略。 


中間テスト最終日2限目 数学


強烈な腹痛の猛撃はまだまだ続く…。

とはいえ一応理系の暇魚。簡単なものからサクッと片付け線形計画法も軽くクリア。

暇魚「ん、なんだコレは。接線…だと。」

そして腹痛の猛撃。そしてゆるゆり2期OP



わんつー!!ゆるゆり!!

え?接線?もちろん落としましたよ?

中間テスト最終日3限目 英語演習


強烈な腹痛は収まったり激しくなったり…。

そこにさらに追撃する初見の長文3本と既知の長文&大量の文法問題!!

 

もうやめて!!とっくに暇魚のライフはゼロよ!!



頭の中ではもちろんゆるゆり3期OP
 




ゆるゆり さん☆ハイ!



英語演習は…地獄だ(遠い目)



久々にSAN値削られた1日でした…(´<_` )


今回は私の人生に大きな影響を与えた
貴志さんによる名作「青の炎」です。


51fUf8HE2wL__SX351_BO1,204,203,200_


続きを読む

images (36)
サボテンとは 

サボテンシャボテン仙人掌、覇王樹)はサボテン科に属する植物の総称である。その多くは多肉植物であるため、多肉植物の別名として使われることもあるが、サボテン科以外の多肉植物をサボテンと呼ぶのは誤りである。
 (サボテンなんてみんな多肉だ!!という暴論。引用はお馴染み百科事典モドキより)

ということでまたもや植物ネタ。愛と勇気のサボテン編です。
多肉植物と同じ時期から育てています。

ただ、多肉に比べて高い&状態の良い株が売られていないといった理由であまり育てていません。
たまには両爬ネタとかアクアネタもやれよ!!といった苦情は受け付けませんのであしからず。

もしかしたらそのうちやるかも(ボソッ) 
images (37)
1鉢目 マミラリア属 金洋丸 

ダイソーにて。

多分金洋丸…。多分ね。自身はない。だって植物系ほとんどやったことないもの!!
とりあえず金洋丸としておきます。はい。

2か月近く育てている気がするけどあまり成長が見られない。
そんなものなのか、どうなのかは知らん。とりあえず問題なし。
images (41)
2鉢目 マミラリア属 玉翁

ダイソーにて。

これも自身がないのだけれど多分玉翁だと思ってる。
 ゆるふわ系サボテンの1つ。ゆるゆるふわふわである。白くてとっても綺麗。

なんだか、頭頂部だけが伸びてゆるふわ系サボテンらしくからなぬ形相になってきた。最近。
images (100)
3鉢目 ノトカクタス属 紅小町

ダイソーにて。

なんだか最近傾いてきた紅小町。購入当初は傾いていませんでしたし
植え替えのときも垂直に植えたんですけどね、tan60ぐらいです(適当)

調子が悪いのかどうかわからないので心配だったりします。そのうち引き抜いてみるかなあ…。
ダウンロード (43)
4鉢目 マミラリア属 品種不明

ダイソーにて。

3週間前ぐらいにダイソーで見つけた小さいサボテン。未だにどういうサボテンかわからず。
誰か知っている人方がいましたら是非是非コメント欄にてw

成長面では特に可もなく不可もなく。ちょっと心配だったけど無事に根付きました。
これからの成長に期待。
images (45)
images (42)
5鉢目 オプンチア属 白桃扇

ダイソーにて。

ウチワサボテンとか書いてありました。はい。多分、白桃扇だと思います。

もともとは1つの鉢に3つ植えられていたんですけど根がめちゃくちゃ伸びていたので
短く切って鉢を分けてみました。1個分のお値段で3個分…。お得です。
images (44)
6鉢目 シュルンベルゲラ属
 蝦蛄葉

ダイソーにて。

蝦蛄葉なんて書いてありますけど普通のシャコバサボテンです。 
ダイソーで一番大きかった奴を入荷したその日にゲット。
店員さんが並べ終わるまで張っていましたw

葉が増えてきてきました。そのうち、仰々しい様相になりそうです。
選定時期は近いかも(適当)

 
以上、サボテン編でした。また鉢が増えたらご紹介します。


次はそうですねえ…エアープランツ編か山野草編だと思いますw
 食虫植物編もいいかもしれませんw そのうち。またエアープランツなどもご紹介したいと思います。

二週間とちょっとぶりに読書ネタ。
本日は伊坂幸太郎さんの死神の精度。

 
51dDxuzMsaL__SX349_BO1,204,203,200_


最近、伊坂ワールドにハマりつつある私ですw
 続きを読む

871c32c3



多肉植物とは 

多肉植物(たにくしょくぶつ)は、またはの内部の柔組織(じゅうそしき)に水を貯蔵している植物の総称である。砂漠海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い。多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多い。
  (百科事典モド…ゲフンゲフン。wikipediaより引用)


と言っても1カ月ぐらい前から育てていたんですけどねっ!!
紹介するには余りにもネタとして頼りなかったため紹介しませんでした。

いい加減増えてきて私も属名をちらほら忘れてきましたので備忘録代わりにご紹介。
また植物ネタかよ!!という苦情は受け付けませんのであしからず。
58c7ad2b-s

1鉢目。

セダム属 ベンケイソウ科 銘月

近所のコメリにて購入。

多肉of多肉。植物に詳しくない方でも見たことあると思います。
購入当初は緑でしたが最近は寒さにやられて中途半端に紅葉中。

適当な土に適当な水やりで適当に育ててますが普通に育ちます。おすすめ。
338449e1-s

2鉢目。

セダム属 科不明 種名不明

近所のダイソーにて購入。

ダイソーで購入したよくわからん子。比較的初期から育ています。
ミシニのいたずらで鉢が吹っ飛んで葉が二枚取れるというアクシンデントがあったものの順調に成長中。

個人的には銘月っぽいと思いつつなんか違う気もする。
9ba7d3d2-s

3鉢目

 ハオルチア属 ユリ科 ハオルチア・レツーサ

近所のハックドラッグに出店している下田緑化センターにて購入。(480円)

私の初ハオ。購入当初はぺっちゃりしてましたがうちに来てからボリュームが出ました。
日光に当たるとキラキラしていてとても綺麗。もっとハオ増やしたい。

fcf8a535-s
4鉢目 

ハオルチア属 ユリ科 ハオルチア・青雲の舞

近所のダイソーにて購入。

珍しくダイソーにハオが売られていましたので買ってみました。
一番大きい株でしたので鉢も大きめに仕立て上げました。
特に目立ったこともなくゆっくり成長している模様です。
d46e1364-s
5鉢目

エケベリア属 科不明 種族不明

近所のダイソーにて購入

正直本当にエケなのかどうなのか覚えていない。月日がたったせいで忘れてしまった…w
コメリで似たような種類見ましたけど忘れました。
私の記憶力はアテになりません!!

ちなみに触ると白いのが取れます。結構触ってしまったんでかなりの部分が露出中。
f2011920-s

6鉢目

セダム属 ベンケイソウ科 メキシコマンネングサ
 
 近所にて採集。

多分、メキシコryだと思います。多分。
なんだかいっぱいワサワサしてたので拾ってきました。丈夫です。
ワサワサします。もうちょっと増やして群生させたい。
54d2e1c1-s

7鉢目

セダム属 ベンケイソウ科 モリマンネングサ

うちの庭にて採集。

モリっぽいなと思い採集。そもそも多肉かどうかさえ怪しいのですがね…。
群生している姿は綺麗でしたので別にマンネングサじゃなかろうがあろうが構いません。
適当に挿しただけですがよく殖えます。挿し木するともっと増えます。
2df60b7a-s

8鉢目

クラッスラ属 科不明 種名不明

近所のダイソーにて購入。

よくわからないクラッスラ。本当に謎。一応成長してる。
ちなみに買ってきた理由も謎。なんでコイツ買ったんだろう…。
質感がグミみたいだったからだったけかな。忘れました。
2aff245c-s
deffe416-s
9鉢目

カランコエ属 科不明 種名不明

ダイソーにて購入。

ダイソーにて購入した謎の植物。
妙に伸びてたのでバッサリ切って上は水差し下は土壌に。
本当は上も土壌がよかったんですけどね…。紆余曲折経てこうなりました。

とりあえずちょうどいい容器がなかったのでペットボトル使ってます。
そのうち容器変える予定。
8aed5f41-s

グラプトペタルム属 ベンケイソウ科 ブロンズ姫

カランコエ属 ベンケイソウ科 子宝草

ダイソーにて購入。

ダイソー産なので微妙ですが、多分合ってると思います。
子宝草ですが購入したわけではなくブロンズ姫の鉢に子株が入ってました。
子宝草の周りだったからでしょうね。周りが子株だらけでした…ええ。
b1a01dc2-s

10鉢目

クラッスラ属 科不明 種名不明

ダイソーにて購入。

これも謎クラッスラ。若干黒班病気味。
綺麗なので気に入っているのですがえぐい角度で植えたら
日に当たろうと頭もえぐい角度になってしまった。そうですね…tan120ぐらい…w 


以上、多肉植物編でした。また何か増やしたら暇なときにでもまとめて更新したいと思います。
更新しないと属とか忘れますのでね…(;´Д`) 

2015_1003_012437-DSCF6155
私の通っていた小学校に佇んでいる桑。廃校となった今もなお立ってます。ちなみにそんなに大きくない。


それはそれは暑い夏の出来事。今から二ヶ月も前のこと。
観葉植物を増やしまくっていた私はその時、近所に生えていた桑の木を挿し木することを思いつきました。

思い立ったが吉日。 早速はさみを持って採集。

本当は、自治体に連絡せねばならないのでしょうが
どうせ冬には切られる運命にありますしお構いなし。そもそも町の土地なのか怪しいですしね。

 
2015_0818_161515-DSCF6004

良さそうな茎を見繕ったあと適当に葉をむしる。

2015_0818_161540-DSCF6005

 半分はアイビーと一緒に水差しに

2015_0818_164451-DSCF6007
 
もう半分は赤玉オンリーの土壌の中にブスッ!!ブスッ!!とぶっ刺し

育成方法はタメマル様タメマル方式を採用させていただきました。
季節に寄らず挿し木が出来ますしとっても簡単。便利です。

と挿し木してみてみたのも束の間…

2015_0818_164501-DSCF6010

 すでにベッタリ。翌日にはデュビア部屋。

で赤玉に挿した方ですがこれもなかなか上手くいかない。
水が吸えなかったのでしょうか、一株だけ残し他は萎れてしまいました。

2015_0912_181536-DSCF6142

でこれが残った株。先端部分は枯れてしまいましたが他は生き残っています。

2015_0912_181527-DSCF6141
 
2015_0912_181733-DSCF6144

初めて発根を見たときはちょっと感動しましたw
結構マメに様子見たりしていたのでね。

これが一か月前。

↓現在

2015_1003_004436-DSCF6146
2015_1003_004458-DSCF6148

 かなり伸びてきました。

2015_1003_004508-DSCF6150

桑ってかなり成長早いです。驚きました。
毎日、根がどんどん伸びていくので観察していますがとても面白い。
小学生の絵日記に使えるんじゃないでしょうかコレw

 もちろん、根ばかりではなく新しい葉も展開してきており
根ほどではないですが少しずつ成長しています。

この調子でいけば4月にはふさふさの若木が出来上がりそうです。
 来年がとても楽しみ…(( ´∀`))ヶラヶラ 


ちなみに元の桑ですが

2015_1003_011821-DSCF6152
 
何があったか瀕死の状態。葉はほとんど枯れたみたいですね。
何があったか知りませんけどお気に入りの桑だったのでまた元に戻ってくれると嬉しいのですけれどね。

↑このページのトップヘ