1:

雪白した射影

趣味の備忘録。事実3割、脚色7割ぐらいです。たぶん。

2015年04月

皆さん、こんにちは。
最近、ハードスケジュールの暇魚です…。
疲労が溜まり過ぎていて寝坊やらかしました…。

さてさて…今回は我が家の未公開の生体の記事でございます。

images (56)
これですね…wまともな画像がなかったので
こんな雑なものしかないですが勘弁していただきたいw

ミシシッピニオイガメです。いわゆるミシニですね。

この画像だとわかりにくいので…適当にネットから拝借したものを貼り付けますと…

images (57)
こういうタイプの亀だと思ってもらえれば幸いです。

実は1,2年前の夏に買ったのですが私の適当な管理を続けた結果
ほとんど成長していません(汗)

餌あまりやっていませんでしたからね…。 
それでも健康ですし成長が止まることはないみたいなので大丈夫でしょう。おそらくですが
images (58)
赤い部分は写り込んでましたので塗りましたw

出窓に45cm水槽を置いて飼っています。以前は60で飼っていましたが
亀も小さいですし管理が大変なので45cmに移動させました。

水換えの頻度は最低3日に1回のペースです。
すぐに水を汚すので出来るだけ頻繁に行っています。

以前、適当に管理していたら皮膚病にさせてしまったので…(汗)
(ちなみに1度イソジンに浸けたら完治しましたw)


紆余曲折ありましたが現在すくすく育っています。
このまま早くアダルトサイズまで育ってくれると嬉しいです。 


fb733cf81d5ae80967fa4c34f3629e0cf126dfb91400005023-s

どうも皆さん、こんにちは。課題の処理に追われています、暇魚です。

 本日は日淡水槽のご紹介。

2013_0402_093042-DSCF5705

まあ…あんまり綺麗な水槽ではないですね…ww

成体はよくわからんモロコ類が8匹とドジョウが5匹とヨシノボリが1匹です。
底面と外部のガチガチの濾過で飼っていますww

 
2013_0402_093151-DSCF5712
2013_0402_093140-DSCF5711

かなり贅沢に濾過していますww
2213+サブですからね。鉄壁。日淡も丈夫な種類ばかりなので
病気も出ませんしすくすく育っています。
 
少し薄めに飼って過剰に濾過するのが私のスタイルです。

2013_0402_093107-DSCF5706

レイアウトは流木入れただけのシンプルなレイアウト。
結構凝っても見たいんですが、メンテの手間と資金などの理由から今はすっきりとしたレイアウトにしています。

 
2013_0402_093119-DSCF5708

ヨシノボリ。去年かなり小さい稚魚のとき捕獲してきた子です。
人工飼料にも餌付きすくすく育っています。

割とお気に入りの子です。
 
2013_0402_093127-DSCF5709

ドジョウ軍団。5匹はちょっと多かったですかねえ。もう少し減らしてもいいかも。

柳川鍋にしようかなあ…www



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


どうも皆さん、こんにちは。部活の女子に百合趣味がバレました。暇魚です。
周りの目が痛いです。百合は…正義なんだよ!!

今日は久々にサングローちゃんに餌をあげました。
ダウンロード (19)

はい、ゴキブリ。
ゴキブリですよゴキブリ。

我が家ではレオパの餌はデュビアとジャイミルがメインです。
昔はコオロギでしたが管理がめんどうだし臭いのでやめましたw
images (45)

ケース。普段はクローゼットに封印されています…w
クローゼットは臭いし埃だらけなのでハウスダストの私はめったに開けません。

開けると死にます(ガチ)
images (44)
活きの悪い雌を与えてみました。喜んでいますww
そりゃあ、1ヶ月ぶりぐらいだからなあ…。

飼い主がクソなのでレオパの喜びも凄い。

レオパ「エサ…エサアアアアアアアアア」(適当)
ダウンロード (24)

なにかを悟ったサングロー。尻尾をふりふりしながら食べてました。
その間、デュビアの外骨格が噛み潰される音だけが静寂の中、流れていました。
当たり前ですが妙に生々しかったですw

 ちょっと大きかったと思ったけど餌が弱っていたのと空腹時のパワーが凄かったんだろうな…w
すぐに飲み込んでしまいました。いつもはもっと長い時間かけて食べるんですがね。
ダウンロード (23)

ちなみにこのあとは大抵満足してパネヒの上で消化するために寝てたり…。
消化はよろしいようですぐに餌をねだり始めます。

餌は有限なのでちょっと勘弁してほしいです。
レオパの世話に比べれば大した負担じゃないんですけど。
めんどくさいので…w

↑このページのトップヘ