1:

雪白した射影

日記と趣味について書き散らす雑記

DSCF3538
一昨日、川へカジカカエル観察しに行ってきました。
この日の気温は5月なのに真夏並みでとにかくクソ暑かったです…。
ホントに暑くて川で泳いでやろうかと思いましたもの。
DSCF3496
DSCF3495
DSCF3497
水面はとても静か。せせらぎが冴え渡ってました。
DSCF3501
Protohermes grandis
ヘビトンボの幼虫。実は食えるらしい。
DSCF3493
ここで1時間近く探してみたんですが、オタマが1,2匹しかいないので上流に移動。
DSCF3507
DSCF3508
DSCF3506
この写真結構気に入ってます。春に撮ったら桜が映えるんだろうな。
DSCF3518
Buergeria buergeri
カジカガエルのオタマジャクシ。
上流に移動してすぐ発見。岩に張り付いてました。
そこそこ大きかったですね。2cmぐらい。生まれて2週間程度かな

DSCF3526
DSCF3513
泥に塗れるオタマジャクシ。1.5cm程度
DSCF3532
DSCF3536
同じく1.5cm程度。
DSCF3523
ちなみにカジカガエルのオタマジャクシがよくいるところはこういうところ。
渓流に住むカエルとは言え、流れの早いところにはいません。
比較的ゆったりとした流れがあり、水が綺麗なところに固まってます。
藻類食べるので良質な藻が生えてるところ探すといいかも。
DSCF3514
実は泥が舞い上がった下にわんさかいます。
渓流でなにか動いたらじっと待って目を凝らすのもポイント。

あとは石をひっくり返すとか。
たまにテナガエビとかヨシノボリが出てくることもありますね。
DSCF3524
見事な保護色
DSCF3530
一番大きな個体、3cm程度。
この大きさなら6月の中頃には上陸してそう。
DSCF3527
DSCF3528
カジカガエルのタマゴ。
この種のタマゴを見たのは小学生以来じゃないかな。
見つけたときには思わず声が出ました。
DSCF3534
カエルの視線で撮ってみた一枚。たぶんこんなかんじ
どうせこの視線で撮るなら魚眼使って撮ってみたい…。
DSCF3532
以上で終わりです。

残念ながらタマゴとオタマは見つけたものの、カエルは見つけることはできませんでした。
むかしはもっといたんですけどね。
数が少なくなったのか、はたまた勘が鈍ったのか、あるいは両方なのか…。

もうちょいレッドローチが繁殖したらまたカジカガエル育ててみたいなあ。
夏辺りに上陸して数週間のやつ捕まえてね。


ノシ

DSCF3445
先日記事にしたスイートマルベリーが無事色づいため収穫。

DSCF3474
とりあえず黒くなった実だけ収穫。ここ数日で一気に黒くなりました。

肝心の味ですが…薄味で酸っぱいw道端に生えてる桑のほうが大ぶりで甘かったです(´・ω・`)
まー。1年目ですしね…。食えるだけマシか。
DSCF3479
今年生まれのニホントカゲ。庭の一角に住み着いてます。

若いのにだいぶ実をつけて負担かけてしまったので心配でもあります。
とはいえ基本的に強健なので大丈夫だと思いますがね。どうだろ。
DSCF3471
収穫した桑はイチゴと同じようにおすそ分け。桑与えたのは初めてなので恐る恐る食べてましたw
反応見てるとそこそこ気に入ったっぽいです。
DSCF3485
さすがに2個食べるのは無理でした。

ノシ

DSCF1380
つーことで本日はこの鉢植えのビーチー(P. veitchii.)を板に付けます。
ちなみに垂れてる葉っぱは上からモノを落として筋を切ったやつです。
元気が無いわけではありません!
DSC_1503
ちなみにこれは少し前に撮ったものです。

というわけで早速
DSCF1381
DSCF1382
こちら某百円均一ショップで買ってきた板です。
1枚100円。高いんだか安いんだか相場がわかりません。
DSCF1385
で板を某百円均一で買ってきたタッカーで止めます。
ガチャガチャっとね。

適当に見積もりして
DSCF1388
適当に水苔もりもりしておしまい。
DSCF1387
DSCF1386
すごい根鉢でした。貼り付けに移行して正解。
DSCF1389
DSCF1390
貼り付けて終了。お疲れ様でした~

……と行きたいところなんですが後日談がありまして。
ちょいとばかし水苔つけすぎまして水のキレが悪くてですね
このままじゃ根腐れの恐れがあったので貼り付け直しました。


これにて終了。

実は1鉢だけリプサリスがあります。
DSCF2913
これね。れっきとしたサボテンだけど
どうみてもステレオタイプのサボテンではないアイツです。
DSCF3344
赤玉土オンリーでハンギングにしてます。オシャレです(適当
もうちょっとモサモサしてくれたらオシャンティーになると思うんですけど。
今はちょっと中途半端な感じです…:;(∩´﹏`∩);:
DSCF1283
DSCF1282
これは鉢植えにしていた時の写真。そこそこ花咲いてました。
こんな棒みたいな見た目からは信じられないほど清楚でフワッとした花咲かせるんですよねー。
このギャップがリプサリスの1つの魅力だと思います。

しかしこのリプサリスはどういう種類に当たるんでしょうかね?
この手のサボテンは疎くてよくわからんです。
Rhipsalis cereuscula -
Rhipsalis teres f. capilliformis -

たぶんRhipsalis cereuscula.かRhipsalis teres f. capilliformis.だと思うけど。
まー。よくわからず。リプサリスに自信ニキがいたら教えてください。

それでは


ノシ

突然ですがイチゴを収穫しました。いえーい
話は数ヶ月前までさかのぼります。実は3ヶ月ほど前に見切り品のイチゴの苗を買いまして…
他の植物と一緒に適当に育ててたんですね。来年の種苗にしようと。

ところが4月のとある日
DSCF1280
DSCF1281
「ワーオ…花が咲いてるじゃないか」
イチゴって寒さに当たらないと開花しないんですよ。
だから期待してなかったんですが見事に開花しました。
前年度からの売れ残りだったみたいです。
せっかくなのでチョメチョメしておいたんですね。
DSCF1400
DSCF1401
「おほ^~実がなっとるやんけ!」上手いこと実が付きました。
適当にチョメチョメしただけなるんですなあ…。ちょっと感動しました。

そして…一昨日
DSCF3307
無事に収穫いたしました。大自然の恵み。ありがとうございます!美味しくいただきました。
ちなみに味はほんのり甘かったですw市販のものには遠く及びません。
090cbbf2
ただで手に入ったようなもんだしいいじゃん(いいじゃん)
今年作り込んで来年たくさん作れればいいじゃん(いいじゃん)
DSCF3304
DSCF3305
こちら別個体。タイミング逃したところ片方アリにやられてしまいました。
DSCF3306
腐ってます。じつにもったいないことしました…:;(∩´﹏`∩);:
次の実はさっさと収穫しようと思います。

ということでイチゴのお話でした。
またなにかあれば記事にしたいとおもいます。
そうですね。つぎは収穫終わってランナー出すぐらいかな…。

ワイルドストロベリーとか四季成りイチゴなんかも追加したいですね!


追記
DSCF3310
DSCF3311
リスに余ったイチゴあげました。これぞ自給自足。素晴らしい!

↑このページのトップヘ