1:

雪白した射影

趣味の備忘録。事実3割、脚色7割ぐらいです。たぶん。

DSCF3659
先日チマチマ育てていたイエローウィンが開花しました。
実はユリも好きでして、最近集め始めたのです( ˘ω˘ )
綺麗ですしいい匂いがします。

イエローウィンの他にはカサブランカ、ソルボンヌ、コオニユリがあります。
オリエンタルリリーが2種類、原酒が1種類ですね。
もうちょっと種類集めたいところです。

ちなみにイエローウィンはオリエンタルリリーにトランペット系をさらにかけ合わせた
OTハイブリッドっていう品種らしいです。めちゃくちゃややこしい
DSCF3733
現在の様子

満開の写真撮ろうと思って放置してたら花が落ちてしまいました:;(∩´﹏`∩);:
意外と花もちわるいのね…

来年はまた咲かせたら満開の写真撮りたいなあ。
以上

ノシ

とあるところにハオルチアと思しき多肉植物がいました。

参考記事 ハオルチア軍団の受難
DSC_1634
哀れハオルチア
風雪に耐え忍び、強光や吹きすさぶ西風に耐え忍び
辛酸甘苦を体現したハオルチア
DSCF1502
紆余曲折を経て
DSCF3694
発根
DSCF3688
そのままダイソー鉢に植え替え
DSCF3693
新しい葉っぱが生えてきました。

ということで無事発根しました。良かったね。
ちなみにもう片方は発根せずに萎んじゃいました(´・ω・`)
1個あれば子株吐くでしょうし問題ないかな。

ところでこいつはなんなんでしょうね?
本当にハオルチアなんだろうね、チミは。
売り場にあったときはバテシアーナって札立ってたんですけどね。
FireShot Capture 21 - バテシアーナ -
バテシアーナね。バテシアーナ。ふーん…。

……俺知ってるぜ!って人はコメント欄によろしくおねがいします。

それでは


ノシ

突然ですがバイク納車しました
DSCF3566
いええええええええええええい!!!

YBR125ってバイクです。
原付二種ですね。
YBR(ワイビーアール)は、ヤマハ発動機が日本国外で生産を行っているオートバイである。2011年現在は125ccと250ccの2車種がある。
(wikipediaより引用)

先日28日に納車、そのまま沼津の某店舗より自宅まで初ツーリングしました。
初ツーリングね。ほんとに死ぬかと思いましたわ…w

エンストこそしなかったものの
スリップしかけましたし車はバンバン抜かされますし。
何より引率の爺さんの運転がクソでしてね…

ウィンカー出さんわ突然進路変更するわ無理矢理割り込むわ。
免許返納するべきなんじゃねーのと思ったり。
つい最近も高齢者の事故ありましたしねー。やー怖い世の中だ:;(∩´﹏`∩);:

それはともかくなんとか帰宅しました。
命有ってのツーリング。交通マナー守ろうね!!
DSCF3554
んで帰ってきたあと散歩がてら走ってみたんですがすごいですね。
自転車じゃヒイヒイしながら登った急坂をスルスルってほどでもないが登っていきます。
なんだろう。ズル…ズル…って感じw
DSCF3555
DSCF3556
ぬう…見えませぬ。
DSCF3559
DSCF3560
そのまま走ってたら大沢里に出た。
DSCF3562
BlogPaint
フーン。このまま西伊豆スカイラインに行きたかったけど
ガソリン足りなかったし暗かったの帰宅。

つぎは行こうな。

ノシ

DSCF3471
ぼくが可愛がってた栗饅頭ことシマリスが29日に死亡しました。
数日前は元気に回し車回してたんですけどね…突然死です。

3年とちょっとうちにいたかな。
人に顔見れば餌を要求し手を突っ込めば噛み付いてくる
可愛げのないやつでしたがぼくなりにかわいがっていました。

死因は不明。外傷もないようでしたしね。
気がついたときは父がケージ掃除して亡骸を箱に詰められてたので。
ケージの検分はしてないです。なので完全な推測ですが下痢かなと。
小動物の下痢ってかなり体力持っていくらしいですしそれと何か要因が重なったかなあと。

聞いてみましたが詳しいことはわからずじまいです。
DSCF3567

DSCF3573
DSCF3569
畑の一角に植えてるアジサイと矢車草の下に埋めました。
DSCF3311
さらば栗饅頭
また会う日まで

DSCF3538
一昨日、川へカジカカエル観察しに行ってきました。
この日の気温は5月なのに真夏並みでとにかくクソ暑かったです…。
ホントに暑くて川で泳いでやろうかと思いましたもの。
DSCF3496
DSCF3495
DSCF3497
水面はとても静か。せせらぎが冴え渡ってました。
DSCF3501
Protohermes grandis
ヘビトンボの幼虫。実は食えるらしい。
DSCF3493
ここで1時間近く探してみたんですが、オタマが1,2匹しかいないので上流に移動。
DSCF3507
DSCF3508
DSCF3506
この写真結構気に入ってます。春に撮ったら桜が映えるんだろうな。
DSCF3518
Buergeria buergeri
カジカガエルのオタマジャクシ。
上流に移動してすぐ発見。岩に張り付いてました。
そこそこ大きかったですね。2cmぐらい。生まれて2週間程度かな

DSCF3526
DSCF3513
泥に塗れるオタマジャクシ。1.5cm程度
DSCF3532
DSCF3536
同じく1.5cm程度。
DSCF3523
ちなみにカジカガエルのオタマジャクシがよくいるところはこういうところ。
渓流に住むカエルとは言え、流れの早いところにはいません。
比較的ゆったりとした流れがあり、水が綺麗なところに固まってます。
藻類食べるので良質な藻が生えてるところ探すといいかも。
DSCF3514
実は泥が舞い上がった下にわんさかいます。
渓流でなにか動いたらじっと待って目を凝らすのもポイント。

あとは石をひっくり返すとか。
たまにテナガエビとかヨシノボリが出てくることもありますね。
DSCF3524
見事な保護色
DSCF3530
一番大きな個体、3cm程度。
この大きさなら6月の中頃には上陸してそう。
DSCF3527
DSCF3528
カジカガエルのタマゴ。
この種のタマゴを見たのは小学生以来じゃないかな。
見つけたときには思わず声が出ました。
DSCF3534
カエルの視線で撮ってみた一枚。
たぶんこんなかんじ
どうせこの視線で撮るなら魚眼使って撮ってみたい…。
DSCF3532
以上で終わりです。

残念ながらタマゴとオタマは見つけたものの
カエルは見つけることはできませんでした。
むかしはもっといたんですけどね。
数が少なくなったのか、はたまた勘が鈍ったのか、あるいは両方なのか…。

もうちょいレッドローチが繁殖したらまたカジカガエル育ててみたいなあ。
夏辺りに上陸して数週間のやつ捕まえてね。

それでは

ノシ

↑このページのトップヘ