1:

雪白した射影

趣味について書き散らす雑記

つーことで今日は着生塊根ネタです。
ちなみに着生塊根って言葉はないと思います。便宜的に作った造語です。

当ブログでの「着生塊根」における定義

1 根または茎が肥大化する
2 樹上などに着生して生活する。

1と2を満たす奴らを着生塊根として扱います。

と言ってもいちいちそんなこと考えずに適当にまとめるだろうけどw
一応目安みたいなものがあったらいいかなと思ってるので。置いておきます。
ではでは、ご紹介。
DSCF4849
まずはこれ。ミルメコディアベッカリー(myrmecodia beccarii)
着生塊根の代名詞と言っても間違いないでしょう。その手の方には有名な種ですね。
普及種(物好きな人なら大抵持ってるという意味で)ですしね。

コイツの面白いところは木に引っ付いた上で塊根がデカくなるとこですね。
しかもアリが住み着くとか言うから摩訶不思議。
DSCF4845
ちなみにコレはお馴染みエピグリーンシリーズの一品。グランデもこれでした。
ビカクとかミルメコとかブロメリアとかマイナーなモノを苔玉にする謎シリーズ。
安価なので助かっています!業者の人ありがとう!

ちなみにコレは直接買ったのではなくてフォロワーさんに確保していただきました。
こんなもん好きな人が見つけたらすぐ持っていっちゃうからね助かりました。
ありがとうございます!
DSCF4847
本当はくっついていたんだけど持って帰る途中にもげたから紐で縛りました。
ヘゴ付けにしたいんですけどねー、ヘゴがないからなー…( ˘ω˘ )

DSCF4850
こんな感じ。
DSCF4851
ちなみに隣にはビフルちゃんが吊るしてあります。ビフルちゃんも取れたので糸で補強。
DSCF4853
貯水葉も動いてるし、問題はなさそう。
DSCF4854
つぎはこれ。アガペテス(Agapetes serpens
着生ツツジの仲間です。結構マイナーな感じ。アガペテスの他にもマクレアニアなんかがあります。
樹上について塊根を形成するらしいですねー。ちなみに挿し木でも塊根ができるらしい。
地上の塊根は大体ができないのにね…。
ツツジなのでもちろんお花も咲きます。綺麗です。

この株もフォロワーさんにいただきました。ありがとうございます!
DSCF4855
DSCF4856
根鉢ガチガチです。壊さないほうが良さげと聞いたので
DSCF4857
崩さずにそのままスポッと。
DSCF4858
3株ぐらいありそう('ω' )
根鉢崩すの怖いし挿し木してバックアップ作ってから崩そうかなと検討中。
芋の成長は早いみたいで楽しみなところです。

2種とまだまだ少ないですが増やしていきたいです。
特にアリ植物の仲間とか気になってます。見た目も生態も面白いもんね。
ではでは。ノシ


DSCF3869
オリーブです。2本あります。たしか500円だったかな。詳しいことは忘れました。
今年の頭に買った気がする。
DSCF3867
DSCF3868
ミッションとコロネイキらしいです。
どっちも似てるんで札落ちしたら花が咲くまでわからないだろうなあ…。
DSCF3668
オリーブです。実がなりました。

……嘘です。グリーンネックレスです。似てるでしょ?面白いと思って植えてみた。
DSCF3870
DSCF3871
先端はこんな感じです。微妙に曲がってますねえ。まっすぐ育って欲しい。
DSCF4805
DSCF4806
DSCF4807
DSCF4808
上の写真は梅雨ぐらいのやつでこれは撮りたてほやほやの写真。
ちょいと伸びたかな。相変わらず斜めってますけど。
大きくなったらシンボルツリーにしたいですね。玄関に飾りたい。

今回はここまで。ノシ

実はオカヤドカリ飼ってます。2ヶ月ぐらい。
DSCF4774
「ぷるぷる…ぼくわるいオカヤドカリじゃないよう」と言ってるように見える(気がするだけ)

7月25日とあるホームセンター見たらオカヤドカリが売っていたので
つい買ってしまいました。2匹で160円。安い。
DSCF4771
実は数年前飼っていたことがあるのですが上手いこと飼育できず心残りだったのです。
(…高校生ぐらいかな。このブログ始めた頃ですね)

それからというものなにか良い機会がないかとずっと伺っておりまして
ついに機会に恵まれたわけです。雪辱戦です。
安く流通しているとはいえど天然記念物、寿命も10年とかなり長い方です。
今度こそは10年以上飼育すると意気込んでいます。
DSCF4772
DSCF4773
現在はこのプラケに砂をたっぷりと詰めて飼育中。水は減ったら入れるスタイルです。
淡水、海水どちらも完備。海水は汲み置きです。
餌はザリガニの餌を中心に野菜クズなんかを少々。

このプラケだとオカヤドカリ2匹飼うには狭いらしく引っ越しを検討しています。
幸い大きいプラケが余ってるのでそちらに移動させようかなと。
DSCF4781
ノシノシと闊歩してます。

ちなみにここ一ヶ月ほど2匹とも砂に潜って出来ませんでした。脱皮してたんですかね?
脱皮のおかげで非常に世話が楽な反面
そのままご臨終する可能性もあり精神に悪い生物だなと思います。

植物だと塊根の休眠に似てます…あれも精神に悪い。頻繁に休眠(脱皮)するのがオカヤド。

いずれは30cmキューブにレイアウト組んで飼育する予定です。
細かいサンゴ砂敷いて、流木立てかけたりだとか。
あともう1匹追加したいですね。2匹だと地味なのでもう1匹増やしたい。

今は金銭面で余裕が無いので、余裕ができればおいおいやっていくつもりです。
まあ、またその時はブログ更新すると思います。たぶん。

では今回はこの辺で。ノシ

DSCF4759
ということで今回はこのラセンイの苔玉を作ります。
DSCF4743
こちら元となったラセンイ。7月にフォロワーさんから頂いたものです。
伸びまくりでバランスが悪かったのでバッサリ切ったんですがそれでも伸びる。
ちょいと場所取るので株分けしとくかってのが発端です。
DSCF4739
こちら苔玉として売られてたやつ。
グランデ買ったときのやつですねー。
肝心のグランデは板付にしてしまい、土台部分だけ余ったので再利用してみました。
DSCF4740
とりあえず糸を切って適当にほぐし。
DSCF4750
ほぐしたコケを株分けしたラセンイに適当に巻き付けます。
DSCF4751
適当な紐で結びます。クルクルっとね。
DSCF4752
DSCF4753
さらにその上から丸くなるように均等にまきまき。表面は目立たないように緑の紐使ってます。
DSCF4754
株分け直後なので頭が寂しいですね。そのうち生えてくるでしょう。
DSCF4755
完成。本当はもうちょい丸くしたかったのだけど
なかなか難しくて洋ナシみたいな体型になっちゃいました(;´Д`)
苔玉をじっくり見ることもないしいいか…。
DSCF4758
完成した苔玉は窓辺においてます。本当は外がベストなんですが
作るの初めてだしラセンイの様子見たかったので。
DSCF4762
作ってから数日後、新芽が出てきました。
水も少し腰水するぐらいで問題ないみたい。
もう少し安定してきたら外に出してみようかと思います。

今回はここまで。ノシ

すっかり忘れてたました。ミニトマトです。詳しいことはこちらでどうぞ。

雪白した射影:ダイソーのミニトマトを育ててみる

ではでは続きから。
前回、定植されたトマトくん達。台風にもまけずモリモリと大きくなりまして…
DSCF4010
DSCF4009
花が咲きました。ちっちゃい!
これが受粉してトマトができるんですねー。
DSCF4451
DSCF4452
その後、無事着果。バジルと共に収穫しました。
ちなみに種蒔いてから3ヶ月ほどで着果です。早いんだか遅いんだかわからん。
DSCF4453
トマトです。味は…めちゃくちゃ濃かったw
何度も水切れさせてる上に小粒なので凝縮されててとても甘かったです。
DSCF4015
バジルさんと共に収穫です。こちらのトマトはわたくしの朝食になりました。
ちなみにバジルはペーストに、トマトはスライスしてトーストに。
写真は撮り忘れたのでないです(ボソッ

いやはや朝取りトマトってのは贅沢ですね。自分で作って自分で食べる。
この世にこれ以上に素晴らしいことがあるでしょうか?


しかしまあ、手間のかかることかかること。
初めてで鉢植え野菜に挑戦したのがまずかったかな。
水やりがとにかくめんどくさかったです。
ほぼ毎日水をジャバジャバかけないといけないので。
やっぱ畑でやるに越したことはないですね。

冬もなにか野菜を作ってみようかと思っています。
今度はプランターと鉢植えで2種類の予定。ハーブも混植できたら混植する予定です。

トマトは手間がかかったのでつぎは手間がかからないやつがいいですね!
また種蒔いたら記事にします。それでは。ノシ

↑このページのトップヘ